茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

山際大臣が岸田政権で更迭第一号に?新たに別の旧統一教会主催イベントに出席発覚で!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

また、後だしジャンケンで接点発覚。山際大臣が2018年に開催された旧統一教会主催のイベントに出席していたことを新たに認めました。発覚のきっかけとなった写真は、教団のウェブサイトに掲載されていましたが、山際大臣の会見後、突如、加工され山際大臣の姿が消滅したというから、あら不思議。自民党内からは、国会での野党側の追及に山際大臣が耐えられるのか危ぶむ声もあがっていますが、統一教会の方でもチャンと抜かりのない様に気を使っていますよ。山際統一教会大臣!がんばれ?どこまで惚け続けるか。風前の灯火?

Sponsored Link
 

山際大臣が岸田政権で更迭第一号に?

呑気にニューヨーク国連まで行って、ロシアの悪口を言っていたキッシー君ですが、いよいよ山際大臣を庇いきれない様な状況になりましたね。統一教会のイベントに出席していたのが新たに発覚したという山際統一教会大臣。

山際瀬戸際大臣!ミヤネ屋頑張れ!いいぞ、鈴木エイト!

ナイジェリアまで行って文鮮明を『まことのお父様』と呼んだ?…発言の話までしているという。これはもう往生際が悪すぎる。

それにしてもこれだけ国民から散々悪口を言われてるのに、その事がサッパリ分からないのか。「聞かない耳」を持っているという呑気で器用なキッシー君!君に一言。「仕事をやらないのなら、なぜ総理になったのか?」曰く不可解!この親にしてこの子アリ。

デーブ・スペクターがまたほざく。「世界の七不思議に八個目→山際大臣がまだ辞任してない」と…。もうシャレにもならない。

甘利が岸田政権に無理やり押し込んだ大臣と言っても、いくら何でもここまで発覚すると…。

20日午前10時半ごろ、岸田首相は、アメリカ・ニューヨークで行われる国連総会に出席するため、羽田空港を出発。 まさにそのころ、会見を行っていたのが、山際経済再生相。

山際経済再生相「団体のホームページに、その会合に私が出席している写真が掲載されており、私も出席を確認いたしました。あらためておわびを申し上げます」 出席を認めたのは、旧統一教会が、2018年に東京都内で主催したイベント。

山際大臣が、“自分の写真が載っていた”とした実際のウェブサイトを見ると、たくさんの写真が掲載されている中で、山際大臣が写っていたのは小さな写真。 画像をクリックして拡大すると、教団の韓鶴子(ハン・ハクチャ)総裁が立つステージの前に、山際大臣の姿が確認できる。

度重なる、後出しでの接点発覚。 会見で、自らの進退について問われた山際大臣は、続投する考えを示した。 午後3時過ぎ、あらためてウェブサイトを確認してみると、掲載されていた画像から山際大臣の姿は消えていた。

政府与党内からは、臨時国会で野党からの追及に耐えられないとして、山際大臣の辞任論も浮上。 自民党幹部は、「このままでは、臨時国会はもたないだろう」と指摘する。

旧統一教会との接点に関する調査結果を公表したあとも、新たな接点が続々と判明する自民党。 茂木幹事長は20日、追加で報告された分をあらためてまとめ、公表する考えを示した。

しかし、この方にここまで言われたくない。頑張れ!山際=瀬戸際=統一教会=再生大臣!あなたが頑張っている限り、また新たなイベントへの発覚が露呈する。それが未来への発展へとつながる。教会解散と自民党解散へと!

新たに別の旧統一教会主催イベントに出席発覚で!

大臣辞任だけでなく、議員も辞職しないと…。

国連総会があって良かったね。キッシー君。機上で何を考えている?机上の空論!

ていねいな説明を!…ていねいな泥濘。

いいなぁ~、この薄ら笑い。塙(ナイツ)のそっくりさん!

山際大臣に“辞任論”が浮上。自民“後出し報告”分を公表へ ➡瀬戸際大臣の再生は無理でしょうから議員辞職しかありませんね。

Sponsored Link
 

まとめ

仕事をしろよ。キッシー!カルト教団の解散命令もしないで何をする?国葬の強行だけ?山上の凶行を笑えない。

岸田総理の国葬についての説明について小川アナ「同じ説明を繰り返すことが丁寧に説明することでは無いはず」とまで言われている。恥ずかしくない?…ないらしい。

今日の教団の記者会見に注目です。何を語るか。メインは信者へのメッセージでしょうね。

引き締めに罹らないと…信者が逃げ出す?

いまや国民の関心は、山際大臣 貴方がいつ迄居座るのかいつ辞めるのかです。「切れ目なく対策をやらなければならない」のであれば.速やかに辞任し交代することです。

➡次、萩生田光一君!

国葬辞めたら?見劣りするだけよ。君が代国歌斉唱でもエリザベス女王に及ばない。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2022 All Rights Reserved.