茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

眞子様!皇女に婚姻の自由&法の下の平等はない&小室圭の28枚文書で説明不足の所?

2021/04/11
 
この記事を書いている人 - WRITER -

秋篠宮家の長女・眞子さまと小室圭氏との結婚問題ですが、小室氏が長文の文書を発表したことで又しても、問題をこじらせてしまった感じが漂っていますね。4枚の概略と24枚の本文とは!?どうして、いつもこうトンチンカンな些末事になってしまうのか。小室母子に問題があるのは当然なのですが、それ以上に眞子さまが偉大なる勘違い(?)、いや大いなる間違いにまったく気づいていないのが最大の原因かと思われます。恋は盲目のなせる業ですね。しかし、そういう教育を施してきた秋篠宮家にも重大な責任があるかと…。秋篠宮様は、憲法第24条第1項の「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立し…」云々なる条項を念頭に置いて会見発表をしたようですが、結婚が男女双方の自由意思に基づいて成立するなどとは我々、平民の間ならいざ知らず、皇族の人間に適用される訳がありません。象徴天皇制…この男が将来の天皇陛下の義兄に!…という驚きに注目。

Sponsored Link
 

眞子様!皇女に婚姻の自由&法の下の平等はない?

あの会見だけでも、秋篠宮さまにも皇族として適性が備わっているのか、まずは疑問ですね。憲法典に『天皇』とか『皇位』という言葉が存在すること自体からして、皇族は法の下の平等が適用される存在などでは決してないのです。基本的人権などない!…と残酷ですが、考えるべきかと。

憲法14条第1項に『すべて国民は、法の下に平等であって…云々』と規定されています。又、第2項には『華族その他の貴族の制度はこれを認めない』と規定されています。ですから天皇制度は紛れもなく平等原則に反した特権制度なのです。

 

皇族は、華族や貴族と同等の身分制度です。どの様に理論づけをしようと、このことは否定できません。法の下の平等原則に反した概念が何の矛盾もなく規定されていますが、本質は揺るぎません。対立することなく規定された上位概念なのか…という所ですね。

 

いや、アメリカに占領されて革命が起きたと憲法学者も言っています。アメリカが押し付けた憲法ですが、矛盾した概念が衝突しない様に、上手く翻訳がなされています。明治憲法には、その第1条に「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス」と規定されていました。その大日本帝国憲法を継承した結果なのです。ですから、仕方がない側面があります。

 

ですが、旧憲法とは比較にならない程、現行憲法は自由に溢れたものとなっています。象徴天皇制を採用することで、アメリカにとって占領政策がスームーズに運べたという側面だけでなく、日本という国家形態の一体性が保たれ、無用な混乱が避けられたというメリットは重大な事でした。

 

全国民が「法の下の平等」であるならいいのですが、皇族という制度が存在している以上、皇族には厳格な意味で、法の下の平等も、婚姻の自由などもありません。残酷なようですが、憲法上、守られている制度なのですから、仕方がありません。血税で賄われている以上、当然の帰結です。

 

象徴天皇制とはそういうものです。天皇には国籍離脱の自由さえありません。離婚もできません。皇族とはそういうものに連なる制度なのです。眞子さまがどんなに国民に理解を求めるために策を弄しても、天皇家に相応しくないものを天皇の義兄に迎えることは国民から否定されます。

 

大多数の国民が小室母子に抱いている嫌悪感は無視できないと思われます。眞子さまが主導して、今回の文書が作成されたとしたら、やぶ蛇となることでしょうね。国民の不快感、違和感、嫌悪感は頂点に達し、修復不可能なものになる事が懸念されます。

https://twitter.com/prettymonsterjp/status/1380510003354734597

宮内庁が既定路線として、二人の婚姻を既成事実化しようとしても、当然無理があります。強引に事を運べば、国民の間に「象徴天皇制」や「皇族」に対する敬愛の念が喪失し、日本国民としての一体感がなくなってしまうのでは…?いや、それより天皇制の廃止にまで議論が発展する…か?

今回の様な文書を何度、マスコミ向けに発信しても、決して好感度が増すことはないでしょう。無理です。祝福などは決して得られないです。小室家のたった一人の支援者であった母君の元婚約者と延々と揉め、ましてや名誉棄損の加害者の様に決めつけては、国民からの反発は高まりこそしても、減ることなど、まずないでしょう。重大な勘違いをしていますね。

https://twitter.com/sinbe_s/status/1380517007565619202

大多数の国民が気がかりに思っている一点がここら辺にあるのでは?元婚約者の善意に甘え、小室氏の母親がお金を援助してもらったという歴然たる事実は消せません。自らの家の正当性だけを声高に主張しても、元婚約者への感謝の念は少しも感じられません。被害者意識だけに凝り固まっているのはおかしいです。マスコミの手のひら返しの報道の仕方にも問題はあるかと思いますが…小室母子の胡散臭さは昨日、今日の問題ではないと感じます。

眞子さも完全におかしいのです。法の下の平等が適用される。又は、婚姻の自由などが適用されるのは我々、平民の間だけなのです。皇族という制度が厳然と存在している以上、皇族には「法の下の平等」規定の適用など否定されます。皇族の方々も人間である以上、基本的人権があるのは当然ですが、その一つである婚姻の自由などは制限されます。

 

この辺が理解できていないと、世間からの糾弾結果をを受け入れられなくなってしまいますね。皇族という身分が厳然とありながら、錯覚を抱いている。初めての男性であり、忘れられない、離れられない存在であり自由銃恋愛を貫きたいのなら、もう日本国を捨てるしかありませんね。

 

手に手を取ってアメリカにでも駆け落ちし、向こうで生活するしかないでしょう。一時金の1.5億円もどこかの施設にでも寄付すれば、多少は国民の理解も得られるかと思います。でも、小室氏はその金でマンションを買い、留学費用の返還にも充てる積りですから、まず無理でしょうね。

 

このままでは国民からの理解は得られませんし、反発や嫌悪感が増すだけですね。血税の一時金が入って来るのも当然の事と当てにしている様ですし、小室氏は皇族に連なる様々な特典や身分上の特権を究極まで利用し尽くすことでしょう。外国なら警護費用も不要かと…。などなど。

 

国民の大多数が懸念し、彼を毛嫌いするのもすべてが計算ずくの行為であることを感じているからだと思います。しかし、国民が本能的に彼に対して感じている危険性は的外れとは言えません。これだけ露骨に明白である事をむきになって反論する事自体に不自然さを感じてしまいます。

 

こういう人間を理解して下さいと表明する眞子さまも、もう皇族に相応しい女性とは言えないでしょう。国外に去るべきです。二人して!…そういう道を真剣に模索すべきです。小室氏の顧問弁護士に相談して、国籍を離脱する自由を求めて憲法訴訟などを提起すべきかと…。

小室圭の28枚文書で説明不足の所?

本当の事を言うと、小室氏の文書は途中で読むのを辞めてしまいました。もう、ウンザリという感じで…考えれば考えるほど、このご仁のやることは良く分かりませんね。何で、リモート会見でも何でも、さっさと開かないのでしょうか。

 

こんな下らない長ったらしい文書を人に読ませるのは不遜ですよ。さっさと会見を開いて釈明すればいいじゃないですか。母親の借金問題に、こんな厖大なエネルギーを割いて釈明文書を作成するよりも、他にやるべきことがあるでしょう。

 

もっと、国民に説明し、理解してもらうべき所が多々、あるように思います。多くの国民が聞きたいのは、もう借金問題だけではありません。こんな男を擁護発言し続ける眞子さま!貴方にも多くの国民は危うさを感じています。

 

例えば、①これから結婚しようという大の男が、何でわざわざ銀行を辞めてまで無職に近い「法律事務所のアルバイト(パラリーガル見習い)」になったのか。通常、こういう状態では婚約者として名乗り出る資格が世間的にはないのですが…不思議ですね。記者会見までするとは!世間の常識と違い過ぎるのです。かけ離れすぎ!…

 

何で、又、②アルバイト先(奥野法律事務所)の弁護士事務所が留学費用まで出したのか。まさか、宮内庁や秋篠宮家か政府が、留学資金を出したなどという根も葉もない噂が本当なのでしょうか。秋篠宮が名誉総裁を務めているどこかの財団で、奥野弁護士が理事を務めていたとか…何かおこぼれに預かっているとか。

 

どこかで訳の分からない繋がりがあるのでは?…なぜ、そうなるのか?誰が、こんな男の将来性を担保しているのか。国民の不信感はあながち的外れではありません。秋篠宮家にも疑惑の眼差しが向けられているのです。謂わば、日本国の危機なのですよ。

 

なぜ、③秋篠宮家へきちんとした説明もしないで、アメリカへ留学したのか。婚約者として、取るべき行為とは到底思えないが…。などなど、他にも多々あります。疑問だらけですね。小室圭が皇族となるのにふさわしい人間とは大多数の国民が思っていないのです。

 

今回の借金問題に関する文書にしても、概略で4枚、本体が24枚とは!…常軌を逸しています。こんな無駄なエネルギーを割いて、一方的な正当性を主張した文書など誰が読まねばならないのでしょうか。読むべき義務などありませんよ。甚だ疑問です。彼も大いなる勘違いをしていますね。

 

④元婚約者から経済的援助を受けていたのなら、遺族年金(年100万円)を不正受給していたことになりませんか。「事実婚状態(生計が同一)がバレるのは困る」という訳の分からないメールを元婚約者に送っていたのは本当なのですか。不正受給のために、どういう工作を依頼したのですか。

 

⑤留学する時、200万円の残高証明書を発行してもらうために、元婚約者に振り込んでもらったことなどを含めて、これだけ世話になった恩人を名誉棄損の加害者扱いにしている。400万円以上も振り込んだ事で現在、困窮している元婚約者に、今から少しでも恩返ししようという気持ちは全くないのですか。

 

ただ憎いだけですか。元婚約者が…。でも、憎しみに凝り固まった様な人間が皇族に成り上がる事は出来ません。そんな人間は皇族に不必要なのです。誰もが毛嫌いするのはもっともなのです。

 

⑥お金ばかりを要求する小室佳代に対し、嫌気がさした元婚約者が婚約を一方的に破棄してきたから、損害賠償請求額と相殺したという理論は破天荒過ぎます。論理が逆立ちしています。

 

その他にも、多々あります。父親が自死した時、祖父に対し佳代氏が言い放ったという一言、「あんたのせいで主人が死んだ!」というのは本当ですか。1年もしない内に祖父も祖母も自殺。親族3人が立て続けに亡くなるという異常さに疑問はないですか。なぜ、実親が焼身自殺したのか?

 

母君の浪費癖?男遍歴は関係ないですか?実の父親が焼身自殺!その後、責められた祖父が自死、1年内に祖母も自死!代襲相続の件で代理人になった男は反社会の人?小室圭が代襲相続したのは幾らなの?父親の弟と付き合いが途切れたのはなぜ?相続は争族?でもなぜ、父親の墓に詣でない?焼身自殺した父親に恨みでもある?

 

その後の母君の男性遍歴をどう思っていますか。また中学、高校と同級生の女生徒をイジメ続けて退学に追い込んだというのは本当ですか。疑惑は400万円の借金問題だけではありませんよ。ざっと数えただけでも以上のようです。28枚の文書でも足りませんね。

 

あ~、それから今度の文書を作成するとき何人かの弁護士に相談したようですが、その費用はどこから出ているのですか。「まさか、眞子さまが!…」弁護士が無料で相談に乗るのは、「区」の無料相談ぐらいですが、…まさか、こんなケースで無料で相談に応じる訳がないと思いますが。

 

まさか、まさか、今までの顧問料も眞子さま負担だった!?…そう、この弁護士への報酬も出所次第ではいかさま博打の様になりかねませんよ。宮内庁も含め、秋篠宮が既成事実を作り上げるために仕組んでいたとしたら、そして、それがバレたとしたら、最悪の結果になるでしょうね。

 

国民の理解を得られるどころか、ますます国民の気持ちは秋篠宮家という皇族から離反するでしょうね。将来への天皇制批判へと繋がりかねないかと…皇族が皇族でいられるのは、国民に寄り添う気持ちがあるか、ないかで左右されます。これは多くの識者が指摘している事です。

 

公より、私的事項ばかりが優先する皇女が、国民の理解を求めるなどとは笑止千万な話です。根本解決にはほど遠い事ばかりを選択してしまうのはなぜ?理解不能。眞子さまに対しても「目を覚まして!」との国民からの声が多いのですが、まったく届いていないようですね。

 

今回の文書にしても眞子さまがイニシアティブを取っていたとしたら、最悪のシナリオになるのでは?どうも、そうらしいのですが…もう、呆れ果てている国民が多いのでは?

 

国民の理解など到底得られないでしょう。二人してアメリカにでも駆け落ちするべきですね。日本にいても秋篠宮家以外の応援は皆無でしょう。国籍を離脱すべきかと…出来るのかな?…法律上、どうなっているのか。調べる気も起きてこない。

 

血税を当てにせず、皇族の身分を捨て、二人一緒に外国で生きてゆけば良いかと…彼氏が法律をいくら勉強しても、日本国民が納得する文書の一つをも作成できないのでは、日本で生活して行くのは、もう無理かと。誰もこんな男に法律問題の解決を依頼しませんよ。

 

日本国民は法律的な釈明文書などを欲している訳ではなく、人間として良識のある行為、節度のある行為を取れる人格者を望んでいるのです。こんな長文の誰も読みたくもない文書を作成して悦に入っているとしたら、かなりの偏執狂ですね。

 

異常です。さっさと記者会見を開き、釈明すべきですよ。その方が遥かに速いのに…なぜ?開かないの?リモート会見でもいいじゃないですか。アメリカからでもできるじゃないですか。

 

もっとも記者からの容赦のない質問に立ち往生するさまが目に浮かぶようです。…怖くてできないでしょうね。墓穴を掘るだけだから…。マスコミに叩かれ、むきになって反論するプライドばかりが異常に高い子供の様な人間が皇族の一員になる事など、国民の誰もが望んでいません。

 

眞子さまが「理解を得られれば…」などと仰っていることも異常です。あり得ません。同じ穴のムジナだったようですね。世も末という現実…日本国の矛盾か。どうしようもない所が露呈したか。

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

もう、あり過ぎて掲載しきれません。2~3の例外を除いて、小室圭氏の文書を評価する人なし。

元婚約者も恐怖したのでは…?被害者面が白々しいかと。血税で警護してもらっているのに…。

https://twitter.com/Memph1s_ORT/status/1380514814989017092

眞子様には婚姻の自由&法の下の平等はない?小室圭氏の28枚…まとめ

私一人ではなく、大多数の人々が批判しています。面倒なのでツイッターの声・反応をさらに掲げておきます。国民の理解や共感など皆無かと…。一言で言えば、もう「バカにつける薬はない」という事で「勝手にすれば!」…という結論ですね。

但し、日本に居てほしくない。尚、血税は一円でも注ぎ込んでほしくないというだけの事です。

もう人の懐(税金も)を当てにせず、二人だけで異国で働いて生きて下さいというだけです。

日本国民が、日本国の生産性に何らの貢献もしない皇族でも養っているのはなぜなのか。国外からよーく考えてみて下さい。なぜ必要とされないのかを…です。

https://twitter.com/madaocean/status/1380509705286557700

秋篠宮家も皇族という名称も、利用できるだけ利用しようとする魂胆の様ですから、日本国に居るべき資格はありません。日本に居ても無用な混乱と分断を招くだけです。法律的にどうしようもない所まで行くでしょう。でも、どさくさに紛れて一時金を取得しないで下さいね。

弁護士に相談する事などは訴訟準備の段階だけにしませんと…。こういうデリケートな問題に関しては弁護士の忠告などかえってやぶ蛇になるケースが多いかと。親身になって相談に乗ってくれる人などいなかったのでしょうね。さもありなん。

仕方がないというより、もう他に適当な言葉が見つかりません。日本に居ても、これ以上事態が進展するとは思えません。眞子さまはさっさと出国してください。小室氏の下へ…。それしか解決の道はありません。国民の理解を求めるなどとは甘えです。無理です。皇族への批判が増えるだけ…

やることなすこと、すべて裏目に出て曲解される。自業自得ですね。働きもしない皇族が日本国民に支持されるのは、それなりに国民に寄り添うという態度を見せる必要があるのですよ。眞子様にはそれがまったく見られない。関心事は己の恋愛沙汰のみ…これでは無理かと。

あるのは婚姻の自由は皇族の一員でも認められるはずという大いなる勘違いだけです。くり返します。皇族には婚姻の自由も、法の下の平等もありません。皇族とはそういう身分制度なのです。働かなくても、生きて行けるとは、そういう事なのです。

 

基本的人権はありますが、そこから派生するいくつかの人権など、皇族には認められないのです。それが嫌なら皇族離脱しかない。弁護士に相談すべきはそのことだけかと…。愛子さまが天皇陛下になる日まで主張し続けます。

 

今の天皇陛下が己の恋愛沙汰ばかりに血道を上げたことがありましたっけ?雅子さまが適応障害となった時、過剰に反応されたかな?でも、愛子さまは決して、小室圭の様な軽薄な男は選ばないと思います。天皇陛下にふさわしいのは愛子さまの様な王道の教育を受け、昇華した方だけです。

 

秋篠宮家出身の皇族には危うさしか感じられないのです。教育の仕方が間違っていたとしか…。愛子さまなら、国民の望む「国民と寄り添う」…「私」ではなく「公」を優先する賢い男性と一緒になるであろうという信念にも近いものが感じられるのです。しかし、眞子さま!貴方は皇女にふさわしくない。愛子さまとは明らかに違う!

皇室典範を改正し、愛子さまを女性天皇にすべき三つの理由

皇室典範を速やかに改正し、愛子さまを天皇にすべきです。愛子親王しか次の天皇になるべき人、ふさわしい皇族の方々がいらっしゃらないという現実を直視すべきです。

 

秋篠宮様には失礼ですが、この方に天皇になるべく王道のご教育が施せるとは到底思えません。摂政になる資質も資格もないと思われます。出来の悪い長女に引導を渡せない所からして失格です。結婚が両性の合意に基づくものというのは平民の間だけの話です。

 

皇族には婚姻の自由はありません。日本国憲法が『法の下の平等原則』に反する天皇制という身分制度を厳然と規定しているのです。皇族に属する親王に婚姻の自由はありません。それが、嫌なら皇族という身分を離れる努力をすべきです。

 

秋篠宮殿下は血税を使った皇室行事に苦言を呈してこられました。その言動からすれば、国民の賛同を得られない婚姻を娘が行うならば断固として拒否すべきでしょう。親としての心情は分からないでもありませんが、皇族の一員としてふさわしくない人間は排除すべきでしょう。それが出来なければ、貴方も皇族失格です。

 

①従って、悠仁親王が天皇としての資質に足るべき人物か、不安ばかりが先立ちます。こればかりはなって見ないと分かりません。これでは困るのです。ただ、天皇陛下になるべき教育が今まで施されて来たのかは、一目瞭然ですね。単に子供だから分からないというだけではないのです。

 

②又、悠仁親王がどういう女性と結婚するかも分かりません。皇族に相応しくない女生と結婚する場合にどうなるか。お姉さま(?)眞子さまと同じ問題が生じます。そして、男子が生まれる保証などどこにもありません。その時、どうなるか、ちょっと考えただけでもおぞましい結論が…。

 

③小室圭の家に男ばかりが生まれていたとしたら…。どうなるのか。その可能性は否定できません。女性宮家を増やせば良いとなどと言う単純なものではありません。皇室典範を根本的に変えねばなりません。

 

今の自民党政府では考えが及ばないでしょう。想像力欠如という奴か、面倒くさいだけです。ですが、放置したままなら皇位継承権がとんでもないことになるはずです。自然消滅の可能性すらあり得ます。

 

何よりも天皇になるべき人が、その地位にふさわしい教育を受けていない非常識な人間が即位したらどうなるか。…恐ろしいですね。ひいては天皇制の崩壊に繋がるのでは?その危険性を眞子さまの婚姻問題は秘めているのです。国外追放すべき!

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2021 All Rights Reserved.