平成25年3月末、会社退職!認知症が治った母の生活は?

      2018/06/19

Sponsored Link
 

私は結局、平成253月末に退職した。

苦労して手にした職だったが、命には代えられない。

 

我慢して仕事を続けていれば、いずれ自殺願望に襲われる気がしていた。

そこまで苦労して仕事を続ける意味はないと思った。

 

母の認知症が劇的に治っただけで充分だ!!

今は自分の心と体を休め、再起を期すべきと決心した。

 

母は多い時では週4回もディサービスに通う様になっていた。

1人で電車に乗り、一人で田舎に帰れる様になった。

1人で田舎でしばらくは暮らせるようになった。

もう、これで充分だ!!

 

後は焦らずに自分の心と体を治そう。

一度だけ母に聞いた事がある。

 

「昼間から、俺が仕事にも行かずに家にいるのが気にならないのか?」と・・・

母、曰く「干渉しないようにしている」とだけ答えた。

 

私は何も言う気力がおきなかった。

一つ屋根の下に暮らしているのに、干渉するもしないもないだろう。

無関心でいられる神経が分からなかった。

 

母の道楽みたいな父の墓参りにはもう同行すまいと誓った。

以来、母とはますます口を利かないようになった。

世帯は同じだが、赤の他人と大差ないなと感じた。

 

これがここまで心と体をおかしくし、介護した人間に言える言葉なのか?

母の態度には以前から失望していたが、この時からその思いが一層募った。

 

昨夜は完全におかしくなった。

脳みそがグルグルと回っている様な感覚になった。

 

原因は良く分からないが、かなり、おかしい。

無職となり、僅かばかりの年金生活になってしまった。

子供に小遣い銭もやれなくなったのが情けない。

 

妻が色々と調べてきて、どうやら自立支援医療制度を受けられる事が分かった。

この認定が通れば心療内科でかかる費用が無料になる。

随分と助かる。

 

信頼していた医師ではないが、この制度の適用が受けられるまで治療に通うことにした。

睡眠薬を貰うだけの事だ!

この医師に多くの事は期待していない。

 

診断書を書いてもらうために、今ここで医者を代える訳にはいかなかった。

自立支援が受けられるまでの辛抱だ!と我慢した。

 

認定には2~3ヶ月かかる様だ。

自立支援の書類は油汗を流しながら書き上げた。

たいした書類でもないのに・・・

 

この頃はちょっと面倒な書面を見るだけで、頭がクラクラしていた。

そして何もしなくても腹だけは減る。

恨めしい話だ!

 

だが、食欲があるだけ、まだましなのだろう?

本当におかしい時は食欲も無くなり、考えが支離滅裂になる。

自殺願望の危険性さえ出てくる。

 

失業保険の受給延長申請や自立支援医療制度の申請も終わった。

パニック障害というやつか?

おかしい・・・何かおかしい・・それが良く分からない。

言葉にならない、できない。

 

精神安定剤を飲んでやり過ごす。

それでもダメな時は抗うつ薬を・・・しかし治まらない。

苦しい・・・

 

ひと頃の母みたいではないが、一人で頭の中で童謡を歌っている時があった。

完全におかしい。

 

娘が妻と出かけスマホを購入してきた。

自分だけ時流に取り残されている気がした。

私だけまだガラ携だ!

アイフォン、スマートフォン、アイパッドの違いなどが良く分からない。

 

過眠と不眠を繰り返している。

朝、起きると腕、腕の付け根、太もも、腰骨の付け根が痛い。

6月の中旬だというのに窓から吹き込む風に足が冷える。

かなりの冷え症だ。

 

7月に入ると訳も分からず、1人でのたうち回る時があった。

抗うつ薬も精神安定剤も効かない。

 

ダメだ!

人前に出ると胸苦しくなる。

気持ちが悪くなるほど気分が落ち込んでしまう。

 

やり過ごすしかない。

やはり、鬱病なのか?

 

このまま消え去りたい様な衝動に襲われる。

自分で自分の気持ちに説明がつかない。

 

どうしようもなく気が滅入ってゆく。

耐えられず、たった一人の友人宅に電車に乗って出かける。

世間話をして帰って来ただけ・・・自分の心と体の事は話せない。

しかし、少しは胸のつかえが下りる。

 

線維筋痛症治験のチラシをみて思わず電話を入れる。

自殺を図った事があるか、と聞かれ思わず笑ってしまった。

 

後で、ネットで調べて分かった。

死にたくなるほどの激痛に襲われる病気らしい。

私の体中の痛みはそこまで深刻ではなかった。

 

しかし、体中が痛い。

幾つもの整形外科病院へ行くも原因が分からない。

投薬と湿布薬だけ貰って終わり・・・。

 

この頃は病院通いばかりだった。

レントゲン代もバカにならない。

MR検査に至っては・・・もうため息しかでない。

 

病名を告げられても対症療法だけ・・・

根本的解決にならない、治らない!

 

夏の暑さは図書館に行くことなどで乗り切った。

何か、資格でも取ってまた、再就職を目指そうか、などと考え本を開くが全く頭に入ってこない。

無理をするとまた鬱状態が酷くなってしまう。

 

途中で断念した。

今度は右手が良く握れなくなった。

また、頭を鷲づかみされるような不快感に襲われることがある。

 

何かを考えようとするが、まとまらない。

悲観的な方にばかり考えが行ってしまう。

 

116日(水)、妻の父親が亡くなった。

弘前での葬式には出席できなかった。

 

頭を鷲づかみされるような不快感が去らず、眠れず長距離の移動が困難な時期だった。

済まないと思いながら、妻には一人で葬式に行ってもらった。

私はとても泊まり込みで、外出できる様な状態ではなくなっていた。

 

妻が葬式に出席するために弘前に出かけた翌日に、母は「田舎に行って来ますからね。行って来ます!」と大きな声をだして元気に出かけて行った。

正直、助かる。

私は母の食事の世話をするのも面倒な状態になっていた。

 

右手のマヒは「へバーデン結節」と診断された。

診断結果は出ても治療法はないとの事。

病名ばかりを知っていても頼りにならない。

 

ネットで調べるが確かに原因、治療法も良く分かっていないらしい。

中年の女性に多いらしいが、病名などどうでもいいから早く治してほしい。

切なる願いだ!

 

途方に暮れる。

自然治癒力に頼るしかないか。

 

こうして平成25年は散々な結果のまま終わった。

母の認知症が劇的に治っただけでも良しとせねばなるまい。

どうやら自分の心と体は自分の力で治すしかないらしい。

 

医者や薬も真に頼りにはならない。

根本的解決にならない。

自分の力を信じるしかない。

 - 未分類