沢田研二の公演中止の理由がやばい、客が少ないと不満?賠償は?

   

 

 歌手の沢田研二(70)が18日、横浜市内で日刊スポーツなどの取材に応じ、全国ツアーのさいたまスーパーアリーナ公演を開催直前に中止した件の真相を、自身の口で話した。9000人入ると聞いていた観客が実際には7000人だったことや、客席の一部がつぶされていたことなどから、自ら中止を決断したと明かした。

 

Sponsored Link
 

公演中止の本当の理由

 

神奈川県横浜市中区、閑静な高級住宅街。沢田研二はちょうネクタイ姿で自宅から出ると、「ここではなんですから」と取材陣を近所の公園に案内した。公園に行くまでは無言だったという。冒頭「ライブを楽しみに足を運んでくださった方にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。心よりおわび申し上げます」と頭を下げた。

そして、真相をめぐり諸説が飛び交っていた公演中止について「この結論をくだしたのは、意地でしかない。僕自身にさいたまスーパーアリーナでライブをやる実力がなかったということですが、ライブをやる側の人間の位置が守られなかった」と説明を始めた。

同会場は、座席配置の形式によって5000~3万6500人が収容できる。「当初(観客数が)9000人と聞いていたが7000人だったのと、座席(の一部エリア)が死角でもないのにつぶしてあった。リハーサル前にモニターを見て『なんだこれは』となって。最終的に中止は自分で決めた」と明言した。

 

17日の公演は開場が午後3時半、開演が同5時予定だった。開場時間になっても入り口が閉じたままで、突如「契約上の問題が発生したため、中止とさせていただきます」と書いた紙が張り出され、大混乱した。

中止の知らせが遅れたことについて「少なくとも開場までには言うべきだった」と話した。「だが、事務所もイベンターも『やってください』と頭を下げていました。僕は約束が違うと思っていたし、僕がいたらいつまでも頭を下げ続けるので『だったら帰ります』と午後3時45分には会場を出ました」と続けた。

沢田によるとこれまでの公演でも、観客が少なく「がくぜんとすることもあった」という。「もちろん、僕の実力不足はあります。でも事務所、イベンターには、集客で苦労してるなら言ってくれと話しているし、もっと頑張ってくれ、ライブをやるならいっぱいにしてくれといつも言っている。ファンには本当にすまないと思うが、今後10年音楽活動を続けていくためにも、今回はファンに甘える形となった」と吐露した。

入場料の払い戻し方法などは後日正式発表予定。「もし許されるなら、チケットを持っていてもらい、代替公演に来ていただければうれしいですが、世の中そんなに甘くないとも思っています」と神妙な表情で話した。

 

要するに、客席が少ないことに不満が爆発しただけなのだ!70歳にもなったプロの大人のやる行為ではない。ファンに甘える行為となったのは無論のこと。関係各部署に多大な迷惑をかけている。払い戻しや振り替え公演をして済まされる事ではない。

 

SNSでは「勝手にしやがれ」「倒れたんじゃなく、契約上の理由って?」「プロじゃない」などの怒りの声がアップされた。当然のことである。

 

 

所属事務所とイベント主催会社の謝罪:損害額4000万円以上?

 

沢田の所属事務所とイベント主催会社は18日、公式サイトで公演中止を謝罪した。いずれも「契約上の問題が発生したため、急きょ中止にした」と説明。チケットの払い戻しについては「決定次第、速やかにご案内させていただきます」としている。

さいたまスーパーアリーナを何度もライブで使用している都内のイベント会社では、今回の損害額を「4000万円を超えるのではないか」と推定した。開演直前の公演中止の場合、キャンセル料の減額が難しく、警備人件費や会場代で約3000万円かかることがあるという。これにステージの音響、照明やセット、スタッフ費用などを加え、さらにチケットの払い戻し手数料なども加わる。

沢田の事務所では18日「ホームページに書いてあることがすべて」とした。7月6日からコンサートツアー「70YEARS LIVE OLD GUYS ROCK」を開催中で来年1月21日の日本武道館公演まで全66公演を予定。21日の次回SAYAKAホール(大阪・狭山市)公演についてチケット販売業者は「中止とは聞いていない」としており、開催される方向。オンライン分のチケットは完売している。

 

沢田研二には前科がある

 

沢田は04年10月にも、茨城公演を直前で中止したことがあった。ドタキャンの常連か?

 

かって、ジュリーとして一世を風靡したかも知れないが、今は、唯のおっさんじゃないか!・・・いや、えーと、ただの爺じゃないか?

 

それを承知で来てくれるかってのファンに失礼ではないか。あまりに身勝手!ただのワガママ!

プライドが捨てられないスターの哀れな末路を見る様だ。

こんな事をしておいて、あと10年も公演を続けようと思っているとは・・・驚き!

 

それに、もう少し何とかならないのか?

その白髪のひげと太った体形・・・かってのスターがその姿では!・・・もう少し、節制して体型を保てよ!

そんな「カッコウ」になっても来てくれるファンに甘えすぎてはいないか?もう、ただの爺ではないか!

 

例え、1人しか客がいなくとも歌うのがプロではないのか?

見苦しい言い訳の一言に尽きる。

70過ぎの爺が何贅沢言ってんじゃないよ!

こんな事を続けていると、本当にファンから見放されるぞ!

 

劣化した姿を見続けさせられるファンの気持ちになって見ろよ。
整形しようが、何しようが、元のジュリーにはもう戻れないのだよ。
自覚しろよ!

 - 未分類