速見コーチの評判はどうか?宮川紗江&家族以外の関係者の見解は?

      2018/09/07

体操女子の宮川紗江(18)が8月29日、都内で会見を行い、師事していた元コーチの速見佑斗氏(34)が「宮川への暴力行為」により、日本協会から無期限登録抹消の処分を受けた件について、「コーチの暴力行為があった」ことを認めた上で、一部で報じられた馬乗りになっての殴打などについては否定した。
代理人弁護士と臨んだ会見では、速見コーチが受けた無期限の登録抹消の処分について「(処分の)重さには納得いかない」と述べた。宮川は21日に直筆文書を発表し「パワハラされたとは感じていない」などとし、指導継続を望んでいる。

Sponsored Link
 

 速見コーチのプロフィール

名前:速見 祐斗(はやみ ゆうと)
生年月日:1983年9月27日(34歳)
出身地:長崎県
最終学歴:日本体育大学
所属:セインツ体操クラブ

速見氏は、以前所属していた徳洲会体操クラブ時代に水鳥寿思(みずとりひさし)氏(ロンドンオリンピック出場)とともにオリンピックを目指していたという過去もあったらしいが・・・

ちなみに水鳥氏は2004年(平成16年)アテネオリンピックで、団体で金メダルを獲得している。
決勝ではつり輪のトップバッターを務めている。

速水氏は、2008年の北京オリンピックも目指したが結局出場できず、その後、選手を引退し、オリンピックを目指し所属していた徳洲会クラブからも退いている。その後現在のセインツ体操クラブに所属することなり、今回話題となっている宮川紗江選手と出会い、コーチとなっている。

宮川紗江選手は、記者会見で塚原千恵子強化本部長からパワハラを受けたと発言している。 速水コーチの暴力は決して許される行為ではないが、あったとしたら、塚原本部長のパワハラも決して許される事ではない。

処分のタイミングも確かに数々の疑惑を受けても致し方ない遣り方だったと思うが・・・
真相がどうなのか、第三者委員会で究明するしかないと思うが、最も気になるのは協会からの発表後、宮川選手が会見を開き全面的に否定している行為である。正直、その感覚を疑う!

これでは、まるでDVバカカップルである。

暴力行為について、5日謝罪した体操の速見佑斗コーチが、実際に宮川紗江選手に暴力を振るう映像を、FNNが独自に入手している。その動画を皆さんも一度見てみるがいい。

私は速見コーチの宮川選手への平手打ちを2018/9/6(木) のYahoo!ニュース https://news.yahoo.co.jp/pickup/6296008  @YahooNewsTopicsで見た。

これは今から3年半ほど前、当時、宮川選手と速見コーチが所属していた、埼玉県内の体操クラブの練習場で撮影されたもので、撮影したのは、同じクラブに通っていた関係者であるとのこと。

この関係者によると、こうした行為は頻繁に行われており、宮川選手は暴力行為後に流血したり、頭痛を訴えていたこともあったという。
また、この関係者は、5日の速見コーチの会見について、「一見、反省しているような態度をしているものの、暴力に至った詳細を語らなかったことに誠意を感じられない」と述べている。

 わたしは、この動画を見て、正直我が目を疑った!

3年前と言えば、わずか15歳の少女の時である。
31歳の屈強な男が、少女にこんな暴力を振るって許されるのか?
日本体操協会は何も気づかずに3年間も放置してきたのか?
それなら、もう組織として、完全に機能不全に陥っている。
気づいていて処分を怠っていたのではないか?

そして、今頃になって、なぜ処分をする?
いろいろ憶測が叫ばれても何ら不思議がない処分である。

しかし、速見コーチの行為は、もう指導などとは程遠い完全な暴力であり、犯罪である。
暴行罪、傷害罪に該当する行為である。
一歩、間違えば鼓膜が破れるような危険な暴力である。

撮影した人もなぜ3年も経ってから放映を流してきたのか?
撮影者の態度への不信感も拭えない!その感覚を疑う。
私が、この宮川選手の父親なら金属バットを持って、このDV男の頭を殴り飛ばしに行くだろう!
絶対黙って放置しない。
自分の娘がこんな暴力指導を受けているのを黙って許してきた両親の頭の程度を私は疑う。

速見コーチの評価や評判は決して芳しい物ではない。
こんな男は処分されて当然である。遅すぎるぐらいだ。
永久追放処分だけでなく、社会奉仕の仕事を10年年ぐらいやらせて反省させるべきだ。

Sponsored Link
 

速見コーチはなぜ、今「地位保全の仮処分申立」を取り下げた?

速見コーチが、体操女子の宮川紗江(18)に暴力をふるったとして、日本体操協会から「登録抹消処分」を受けた問題で、31日に東京地裁に行っていた「地位保全の仮処分申し立て手続き」を取り下げることを代理人弁護士を通じて発表している。

なぜだ?

「今、私がおこなっている処分を不服として裁判所で協会と争っていることは選手ファーストになっていないと思いました。また自分の立場しか考えていないと猛省しました」とし、「私がすべきことは処分を不服として争うことではなく、処分を全面的に受け入れ反省し、それを皆様に認めてもらった上で、一刻も早く正々堂々と宮川選手の指導復帰を果たすことこそが選手ファーストだという結論に至りました」と説明。「私は協会からの処分を全面的に受け入れることと反省している証として、本日、仮処分の取り下げ手続きに入ることを表明いたします」と述べている。

うそだろう!

こんな男が、今さらになって本当に反省して、「選手ファースト」などと良く言えるなぁ!一時は協会の処分を不服として申し立てをしたのであろうが・・・
バカバカしくて9月5日の謝罪会見などは見ていない。

会見の中で速見元コーチは「自分も子供の頃にそういう指導を受けていた。気持ちが入っていないと叩かれた。自分も体験したから、という認識自体から考え直さなければならない」と反省の弁を述べていたというが・・・

本当に反省しているのか?人間の本質はそんなに簡単に治せないぞ!

何か、他の理由があったとしか思えない。
ただ、暴力的な指導は絶対に許されない行為であることが、白日の下にさらけ出されたという一点だけで評価されるだけである。

宮川選手は、こんなDV男の指導を受けなければ成長出来ないのか?
それならそれで自分だけ、こういう男の指導を受ければいい。
何も多額の税金使ってオリンピック強化選手になどなる必要はない。
色々な人が応援したり、励ましの言葉をかけている様だが、私は彼女自身の神経をまず疑っている。

長年、DV男の指導を受けてきて感覚がマヒしているのではないか?
DV男は殴った後で、抱きしめるものだ!
「お前のことを思ってやったんだ」と言って、今度は優しい言葉をかける。抱きしめる。
そうやって引き留める。常套手段だ!

今更、「暴力は許しません」と宮川選手が言って、皆は本気にそう信じるのか?
それなら、私は世間のそういう動向さえ疑問に思う。
誰も彼も狂っているとしか言いようがない。
宮川選手!まず、あなた自身が自立しないとダメだ。

 - 未分類