茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

ダチョウ俱楽部/上島さんの死去で有吉が心配だの声が続々と…顔に熱湯を掛けられる?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

バラエティー番組を中心に活躍。「聞いてないよォ~」などのギャグでお茶の間を沸かせたダチョウ俱楽部。中心メンバーだった上島竜兵さんの死に対し続々と多くの芸人から追悼の言葉が寄せられていますが、未だに有吉弘行からの肉声のコメントがない。なぜ?…という事でかえってショックの深さが伺い知れる事態となっていますね。軽々しくは語れないのでしょう。ファンなら二人の関係性の深さを良く知っていますから…。このため有吉が心配だとの声が続々と…。先輩を感じさせない、偉ぶらないという事で多くの後輩芸人から慕われていた上島さんにまつわるエピソードを紹介して、ご冥福をお祈り申し上げたいと思います。合掌!…沈思黙考。

Sponsored Link
 

ダチョウ俱楽部/上島竜兵さんの死去(自死)で有吉弘行が心配だの声が続々と…!

上島 竜兵 は、日本のお笑いタレント、俳優。ダチョウ倶楽部の大ボケ担当。本名、上島 龍平。通称、竜ちゃんまたは、竜さん。 兵庫県丹波市春日町出身で、同県神戸市垂水区・神戸市北区育ち。太田プロダクション所属。

笑えるが、もう素直には笑えない。涙と一緒に見ているファンが多いのでは?…

笑えないな。やはり、こういうエピソードにオジンは泣けてしまうのです。

有吉弘行、還暦・上島竜兵に「志村けんさんが天国から呼んでる」とジョーク | Smart FLASH/スマフラ[光文社週刊誌]…瓢箪から駒ではなく冗談から誠か!?笑えない。困った…

なぜ?…と感じる人が大多数だと思います。真面目な人ほどコロナ禍で生き辛くなっている様に感じますね。

適当な所でいい加減に生きる術を身に着けて行かないと…こういう人の訃報は聞きたくない。真面目過ぎる故…

いい人だと評判な人ほど危ないようで…真面目に考え過ぎてしまうから出口が見えなくなってしまうのだろうか。

お葬式で顔に熱湯を掛けられる?…訳がない!

誰だって怒りのスイッチが入ってしまう一瞬があると思う。これだけは信じたい。そうでないとかえって危ない。

本気で好きになると、号泣に次ぐ号泣か…日本一の司会者で話は終わりか!分からないけど…まぁ~いいや。

先ほどの発表では密葬になるそうなので有吉の壁が試されなくて良かった。今はそっと見送るのがベストかと…

気になっているのが土田のコメントかな…。これ正気で言っていたのか?ちょっと許せない感じがするけどなぁ~、でも一面を突いているか。いや、こんなのがトリガーになる訳ないだろ!

この頃が一番良かった?…

https://twitter.com/uresitanosi__/status/1524329572858470400

ツイッターの声・反応を羅列!

世の中、悪意に満ちている…?

金づるではなかったと信じたいが…。コロナ禍で竜兵会があまり開けなかっただけで…

こういうエピソード、記憶を大切にしたい。

優し過ぎた…まさか弱すぎた…

誰だって先の事まで考えてたら冗談など言えなくなってしまうけど…。

https://twitter.com/Haru0405xxx/status/1524180128255062016

Sponsored Link
 

まとめ

「俺の葬式の時には、俺の顔に熱湯を…」 急死の上島竜兵さんが、有吉弘行に伝えていた言葉に…言葉がないけど、三浦春馬氏の命日に首吊りの投稿をして故人をバカにしたなんて!…これって加工でしょう?ネ!

タモリがウクライナ特番で沈黙を守った様に有吉も今回だけは無言で躱した方が良いかな。冗談が過ぎた…悪ふざけは芸ではない。

ビートたけしのコメントがとても厳しくて秀逸でしたね。

「上島、大変ショックです。40年近く前から一緒に仕事をしてきたのに、芸人は笑っていくのが理想であって、のたれ死ぬのが最高だと教えてきたのに、どんなことがあっても笑って死んで行かなきゃいけないのに、非常に悔しくて悲しい」と悼んだのが唯一の救いだったかと…。

やはり芸人の生きざまはこれでないと…。真面目過ぎると、良い人過ぎると、とても破天荒には生きられない。辛いかな…人生をどう生きるか…芸能界だけでなく一般の社会にも通じるものがあると思わせられた事件でした。今回の訃報に接して一番強く感じた事でしたが…。

 

有吉君!人の死をいじり芸にしてはいけないと思う。やはり節度がないと…いまに心底後悔する事になる。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2022 All Rights Reserved.