茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

白須賀貴樹/魔の三回生のプロフィール!銀座三兄弟&夜のパパ活高級ラウンジ通い?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

魔の三回生!…懐かしい響きですね。この度、目出度く自民党を離党した白須賀貴樹衆院議員は、「魔の3回生」と呼ばれる2012年衆院選の初当選組です。自民党が政権を奪還した12年衆院選で119人の新人議員が誕生。政策立案や党務で活躍する議員がいる一方で不祥事が相次ぐ次第。17日に又、緊急事態宣言下での白須賀議員の不適切な行動が銀座三兄弟に続き新たに発覚。問題発覚後、自民党はすぐに離党させるなど火消しに躍起…だが、菅政権への打撃は必至かと?

Sponsored Link
 

白須賀貴樹/魔の三回生のプロフィール

2月17日午後、白須賀貴樹衆議院議員が自民党に離党届を提出し、受理されました。同日に「文春オンライン」が、緊急事態宣言下の2月10日に都内の会員制高級ラウンジに22時まで滞在していたことを報じたことを受けての動きです。

 

「この人はダメだ」「自民党はおごっている」――コロナ禍で接待を伴う飲食店に行き、17日、離党した自民党の白須賀貴樹衆院議員(45)=千葉13区=度重なる不祥事に、県民からは憤りやあきれる声が上がっているそうです。これまでの不祥事が臨界点に達した?

 

白須賀議員は党本部で記者の取材に応じ、緊急事態宣言が出ている10日、東京・麻布の接待を伴う飲食店に行っていたことを認め「お店が潰れてしまうという話を聞き、お金を落としてあげようと思った。本当に軽率な行動だった」と謝罪。次期衆院選へ立候補しない意向も明らかにした。

 

白須賀 貴樹(しらすか たかき)プロフィール
日本の政治家 衆議院議員(3期)⇒魔の三回生と呼ばれ、代表格に昇りつめたかと!

〇元復興政務官兼内閣府政務官兼文部科学政務官(2018年10月 第4次安倍改造内閣)
〇パチンコチェーンストア協会の政治分野アドバイザー

 

生年月日 1975年3月16日 生(45歳)
出生地  千葉県流山市(現住所 東京都文京区本駒込)
出身校  東京歯科大学歯学部歯学部卒業
前 職  歯科医師 学校法人理事長
所属政党 自由民主党 (清和政策研究会)⇒今回のパパ活露呈後に離党し、無所属! …しかし、議員は絶対に辞めないという信念はどこからくる…?

 

1993年3月、土浦日本大学高等学校卒業
2000年3月 東京歯科大学歯学部を卒業 4月に学校法人白須賀学園野田聖華幼稚園理事長
2004年 白須賀歯科クリニックを開業

 

2005年7月 流山中央福祉会南流山聖華保育園を設立して理事長となる
2007年 第21回参議院議員選挙に自由民主党公認で千葉県選挙区から立候補するも落選
2010年7月 自民党千葉県第13選挙区支部長に就任

 

2011年4月 社会福祉法人樹聖華いつき保育園を設立して理事長となる
2012年 第46回衆議院議員総選挙に千葉13区から立候補して初当選
2014年 第47回衆議院議員総選挙で再選される

 

2017年 第48回衆議院議員総選挙で3選⇒晴れて魔の三回生となる!
2021年2月17日 不祥事が報じられ、同日午後に自民党を離党(後述)

 

2019年から白須賀本人や秘書の不祥事が相次ぎ、千葉13区域の自由民主党の県議会議員ら9人が、白須賀に代わり鎌ヶ谷市長の清水聖士を党候補者として擁立を求める請願書を県連に提出

これに対し、13区域内の富里、酒々井、栄の自民党地域支部地方議員58名から、白須賀を支援する嘆願書が寄せられたという驚きの事実が…

 

不祥事のオンパレード~六選

 山根詩織議員へのヤジ
2016年2月の衆議院予算委員会 民主党の山尾志桜里の「保育園落ちた日本死ね」ブログを取り上げた質疑に対して、「誰が書いたんだよ」「匿名だよ、匿名」「ちゃんと本人を出せ」「うざーい」「やめろよ、やめろ」などとヤジを飛ばしたと報道さる

 マタニティハラスメント疑惑
2018年3月 働き方改革関連法案を議論する党の厚生労働部会などの合同会議で、自身が運営する保育園で病児保育のため採用した看護師について「雇って1カ月後には実は妊娠して産休に入ると(言ってきた)。人手不足で募集したのに、それは違うだろと言った瞬間に労基(労働基準監督署)に駆け込んだ」と発言。白須賀は保育園側に非があるとした労基に関して、「中小企業の実情と労基の指導の仕方がずれている。事情を踏まえるよう、労基に徹底的に指導してもらいたい」と語った。

 秘書の当て逃げ
2019年1月 自らの公設秘書が、白須賀を乗せて選挙区の千葉県松戸市を会合出席のために移動中に狭い道路で対向車と接触事故を起こし、双方のドアミラーを破損させたにもかかわらず、事故後に現場から立ち去った。道路交通法の事故不申告容疑で罰金1万5,000円の略式命令を受けた。

この日は文部科学政務官だった白須賀が緊急事態に備えて東京に待機する「在京当番」だったことが判明している。白須賀は「当時は助手席で眠っていて事故に気づかなかった」「2月末に車の修理業者から「警察が捜している」と連絡を受けて事故を把握した」と釈明。

 秘書らによる選挙妨害事件
2019年4月 千葉県議会議員選挙の富里市選挙区で、初当選した新人女性県議高橋祐子が河野太郎外務大臣とともに写るポスター120枚が民家の敷地内など約40か所で剥がされた。9月に千葉県警察は、白須賀の公設秘書と私設秘書、富里市の土木会社の関係者2人を公職選挙法の自由妨害違反容疑で書類送検。千葉地検は秘書らを不起訴処分とした。

富里市選挙区は白須賀の選挙区である衆院千葉13区内にあり、県議選で白須賀が支援する杉山治男は、当該女性県議に2倍以上の得票差で完敗。

 中国IR企業から100万円受領
2019年12月25日 衆議院議員の秋元司が逮捕された贈収賄事件などに絡み、秋元とともに中国の深圳にある500ドットコムの本社を訪れ経営陣と面会し、マカオのショッピングモールの通路上で同社元顧問の仲里勝憲被告から100万円を受領。東京地検特捜部は関係先として印西市の事務所を家宅捜索。白須賀は100万円の受領を認めたが、白須賀のIRに関する職務権限が認められず、収賄罪の立件は見送られた

白須賀は、受領した100万円でイヴ・サン=ローランのバッグを購入したりカジノで利用し、残余の現金は日本へ持ち帰った。受領相手は思い出せないが、100万円受領や高級バッグの購入は認めて「非常に反省している」と釈明

 緊急事態宣言下の夜に会員制高級ラウンジ通い
女性とラウンジに入っていくところもバッチリ写真を撮られています。全然気がつかないものなんですね。麻布十番の『DIX』は看板を出しておらず、自粛要請の中でも夜8時から深夜1時まで営業している。このラウンジについては「席料は60分1万円から」「以前から秋元司先生ら議員仲間とよく使っている」などと書かれています。

白須賀氏は同店に午後10時まで滞在し、その後タクシーで自宅マンションへと帰宅。

銀座三兄弟&夜のパパ活高級ラウンジ通い?

「緊急事態宣言中に銀座でこっそり一杯、飲んで、こんな騒動になるとは…”マツジュン”の嘘のおかげでまた、支持率が下がる」と自民党幹部の一人はこぼしたそうです。陸続と…嘘がバレる。

緊急事態宣言の中、深夜まで銀座で飲食をしていたことが発覚した自民党の「マツジュン」こと松本純衆院議員(国対委員長代理はすでに辞任)は、2月1日に自民党に離党届を提出。その後、松本氏はクラブ訪問について「1人だったと説明したが、実は後輩議員2人とともに訪問した。事実と違うことを申し上げ、心からおわびしたい」と嘘をついたことを記者団に謝罪。

 

白須賀議員が離党を表明する発端となったのは、同日に出た週刊文春の記事、2月10日の夕方、東京・六本木のホステス宅とみられるマンションから女性を連れ出し、赤坂の高級フレンチレストランに入店。その後、午後8時過ぎに麻布十番の高級会員制ラウンジ「DIX」を訪れ、午後10時まで滞在したという。

 

タレコミを受けて、文春が総力を挙げて尾行したのでしょう。週刊誌の記者たちの尾行能力は、もはや警察以上です。なめてはいけません。というか、最初から書かれて困るようなことはしなければいいのですが……。白須賀議員は、自分だけはマークされていないと思っていたのでしょうか。あまりにも警戒心がなさすぎます。

 

また、文春の直撃に対して、外出自粛要請を破ったことも20時以降のラウンジ入店も「ないですね」と嘘をついていたのも、まずかったです。松本議員も「ひとりで銀座のクラブに行った」と嘘をついていたのがバレて叩かれていましたが、記者はちゃんと証拠を押さえた上で当ててきているんですから、さっさと認めるべきでした。

 

「週刊文春」2月18日(木)発売号では、白須賀議員が訪れたラウンジに勤める女性との“パパ活”の実態や、夜の街での豪遊の様子などについて詳報しています。ご興味のある方はご一読をお勧めします。

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

https://twitter.com/shakugeon/status/1362270431722409987

https://twitter.com/ZooTurkey/status/1362288359444373504

白須賀議員/魔の三回生のプロフィール!銀座三兄&夜の…~まとめ

魔の三回生!…宮崎謙介氏や豊田真由子氏が可愛いと思えるぐらい、白須賀貴樹は悪質ですね。もはや、税金泥棒としか言いようがないかと。自ら辞職をしないのなら、選挙を早く実施して引導を渡すべき。

 

千葉の資産家の家に生まれ、国会議員になりどれだけデタラメなことをすれば気が済むのか、コロナ禍で生活が困窮している人達や医療従事者を愚弄するような行為を積み重ねています。離党は政党に対する責任を取っただけの所業です。

 

議員を辞職するのが筋ですね。こういう人物に歳費を支払うのは税金の無駄遣いです。次の衆院選に立候補できないのは自業自得のなせる業ですから当然のことです。歯科医をやってりゃいいんですよ。「率先して範を示すべき」…こんなガースーの言葉は与党議員にはまったく届いていない。

 

空念仏です。早く引導を!…橋本聖子が森会長の後を継いで、東京五輪組織委員会の会長になったところで事態が好転する訳がありません。中止に傾いた東京五輪などにつぎ込む税金があるならば、コロナで困窮している人々や医療従事者に十分な救済を与えるべきと思料します。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2021 All Rights Reserved.