茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

「鬼滅の刃が見たいので休みます」正直すぎるラーメン店はどこ/鬼休みは許される!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

社会現象ともなっている「鬼滅の刃」、大ヒット上映中の劇場版「鬼滅の刃」無限列車編は「鬼ヒット」とも呼ばれ、2020年10月16日の公開からわずか10日間で、興行収入100億円を突破したと発表されています。そんな中「鬼滅の刃を見たいので休みます」という貼り紙をして、臨時休業するラーメン店までが現れたと、ネット上では話題になっています。間違いなく、日本いや、世界の映画界の興行常識など悉く覆してしまいそうな予感がしている鬼滅の刃。今回はおもしろい話題を提供してくれた正直すぎるラーメン店の休業の件を調査してみました。

Sponsored Link
 

鬼滅の刃が見たいので休みます!

以下が、そのオダッチェン子さん(@sodatschko)のツイートより。

但し書きで、「実はちょうど1か月ぶりの休みなんです」と、これを「鬼休み」と表現するところが、なんか…また、これも、社会現象?これに店長さんでしょうか?リプライを…。

https://twitter.com/patapataramen/status/1319532282189737984

オダッチェン子さんと「ぱたぱた家」店主のタクマさん(@patapataramen)は、ツイッター上で以下のリプライを交わしている。ぱたぱたやのタクマさん

「申し訳ありません。どうしても見たかったんです またの機会お待ちしてまーす」(タクマさん)
「いえいえ、まったく気にしていませんのでお気遣い無く! むしろ『うむ! それは仕方ない!』と煉獄さんばりに頷いておりましたw」(オダッチェン子さん)
「ありがとうございます! 麺柱目指して頑張ります」(タクマさん)

正直すぎるラーメン店はどこだ?

知る人ぞ知るというお店のようですね。一度、食べに行ってみたいけど、我が家からだと、2回乗り換えで片道570円か!往復するとラーメン代より高くなる。やっぱ、辞めた、断念…ちぇ。

近くにチェーン店はない?JR南武線 西国立駅徒歩2分 目の前にコインPずらっとあり➡車は乗らないもの、持ってない!…運転下手で「事故る」からと嫁さんにきつく止められている。

 

ツイッターの声・反応には、

https://twitter.com/pikupiku52/status/1320715058469429249

鬼休みは許される!

Jタウンネットの記者が、「鬼休み」を決断したラーメン店「ぱたぱた家」(東京都立川市)の店主を取材したらしいです。

https://twitter.com/patapataramen/status/1320712071378399232

劇場版「鬼滅の刃」が見たかった理由を丸田拓馬さんに話を聞いた所、以下の様に…。

「週刊少年ジャンプで『鬼滅の刃』の連載が始まった最初からずっと読んでいたので、映画が決まった瞬間から見に行こうと思っていました。もちろんTVアニメも観てました」

2016年2月の連載スタート当初からのファンであることを強調し、けっしてニワカじゃない、筋金入りの鬼滅ファンだったそうで…。

 

10月22日をお休みに決めた訳を聞くと…..「嫁と見に行く予定だったので、嫁の休みに合わせました」と丸田さん。なんとも泣かせる理由で、映画館は立川のシネマシティだったという。「映像のクオリティが凄くて最高でした」と、大満足の様子だったらしい。

 

確かに、ひと頃のアニメ動画と比べても出来栄えは素晴らしかったですね。Amazonのネット配信を家族が見ているのでつられて見てしまいしたが、たかが漫画と侮っていた自分が、ただの食わず嫌いな性格だったと思い知らされました。

 

これは社会現象になるだけのことはある。鬼休みも許される。1カ月休みがないと、サラリーマンなら、有給休暇申請ができるかと…。その昔、1か月休みなく働き断トツの営業成績を打ち立てたのに、風邪で休んだら「自己管理が今イチ…」と上司にイヤミを言われた苦い思い出があります。

 

今なら、鬼休みといえば仕方がないと認められるのか。つくづく、いい世の中になったものです。

でも、私のスタンスは「鬼滅の刃」意地でも見ません。映画館には行きません。

 

観客動員は798万3442人に上ったというのに…。なぜかと言えば、以前「ボヘミアンラプソディー」を見に行って、非常にガッカリしたから。中年のおじさんなら、皆泣けるというふれこみだったのに全然、まったく泣けなかった。どこがいいんだ?

 

クイーンは好きで、YouTubeを良く見て歌っているけど、映画は泣くほどのものではなかったですね。はやりものに飛びつくのは、もうコリゴリです。自分の感性を大事に生きていきます。

 

話題になっているから観るとか、そういう一貫性のないところがたまらなく嫌ですね。私は、そういう一部の人間なのです。つまらん男です。人には「へそまがり」といわれています。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.