茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

2020台風9号の進路予想や接近時期!今夜九州北部に最接近/暴風大雨に警戒必要!

2020/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

大型で非常に強い台風9号(メイサーク)は、9月2日(水)19時の推定位置で、九州北部・長崎県五島市の西方沖を北上し、長崎県や佐賀県などが暴風域に入ったと見られます。18時40分までに長崎県長崎市・野母崎で39.9m/s、長崎県新上五島町・有川で37.9m/sの最大瞬間風速を観測するなど風が強まっています。

2020台風9号の進路予想や接近時期!今夜九州北部に最接近

大型で非常に強い台風9号は2日午後7時現在、五島市の西北西約90キロメートルの位置にあって、北北東に進んでいます。速さは25㎞、中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートルとなっています。

この台風は2日夜九州北部に最接近し、長崎県西方沖を北上。3日未明に朝鮮半島に上陸する見込み。九州北部や九州南部では3日(木)にかけて、暴風やうねりを伴った高波、高潮、土砂災害低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒してくださいと気象庁では呼びかけています。

Sponsored Link
 

暴風大雨に警戒が必要!

気象庁は九州では暴風や高波、高潮、大雨に厳重に警戒するよう呼び掛け、四国や東海も大雨に警戒が必要との旨。

今夜が風のピークになり、沿岸部を中心に瞬間的には40~50m/sの暴風が吹くおそれがあります。また、台風の中心から離れた場所でも、豊後水道など地形の影響を受ける地域では局地的に暴風となるので、警戒が必要です。 今夜にかけて外に出るのが危険なほどの暴風になることが考えられますので、暗くなった後は無理な外出は控えるようにしてください。

気象庁は以上のように呼びかけています。

 

台風本体の雨雲が五島列島や九州の東シナ海側にかかり、湿った空気の影響を受けている太平洋側でも雨雲が発達しています。宮崎県高千穂町では18時までの1時間に37.0mmの激しい雨を観測しました。

 

四国でも2日夜から3日未明にかけて非常に強い風が吹き、3日にかけてうねりを伴ってしける予想で、四国や東海では3日にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨となる所がある見込み。

 

台風はその後も北上を続け、3日未明に朝鮮半島に上陸後、中国東北区に進む予想となっています。明日3日(木)にかけて大雨となり、多いところでは総雨量が200mm前後に達するおそれがあります。台風の中心に近い五島列島周辺や太平洋側で雨の強まる所が多い見込みです。土砂災害や低地の浸水などに警戒をしてください。

 

3日、午前6時までに予想される24時間雨量は、長崎、宮崎県250ミリ、大分、熊本県200ミリ、佐賀県180ミリ、福岡県100ミリ、山口県80ミリ。台風の接近と満潮時刻が重なるため、高潮への警戒も必要。

 

交通機関にも影響が出て、JR九州は2日、在来線の一部区間で運休。九州の空港を発着する空の便も欠航が相次いでいます。JR西日本は3日の始発から午前8時まで山陽新幹線広島ー博多間で運転を見合わせる予定。

ツイッターの声・反応

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。 台風9号の名前「メイサーク(Maysak)」はカンボジアが提案した名称で、木の名前が由来。

https://twitter.com/neco_necco_net/status/1300526897789501441

https://twitter.com/chancha61751714/status/1300599304592060416

Sponsored Link
 

2020台風9号の進路予想や接近時期!~まとめ

今年はコロナが流行しているため、避難所でも特別な夏となりそうです。段ボールで仕切るだけでなく、テントまで張るとは…。様変わりですね。でも、部屋の中で何の役に立つ…?

今年の台風9号は九州にまともに上陸しないで済みましたが、次の10号が気懸りです。去年の台風19号以上の大型台風とかで、特別警報級が必要と言われているのが非常に気懸りです。

https://twitter.com/ulDNbOSyvCojNel/status/1300992457513947136

記録的な暴風が吹き荒れる恐れがあるようで、週末までに万全な備えが必要みたいです。
夏も終わりに近づいていますが、9月に入った途端に台風シーズン到来という感じですかね。

 

近年の台風は上陸して、暴風や大雨で直接の被害をもたらすのは勿論、必ずと言っていいほど「記録的な…」という形容詞が付きます。去年の台風19号の様に堤防が決壊したり、河川が氾濫して甚大な被害がもたらされる可能性がいつだってつきまといます。

 

朝鮮半島に逸れそうだといっても、大雨や暴風が収まるまでは十分な警戒を怠らないことが肝要と思われます。次の台風10号も引き続き厳重な警戒が必要なようですから…嫌だな…。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.