茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

安倍首相の連続在職日数が明日には歴代最長に!どんなレガシーを残したいのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

安倍首相の連続在職日数が今日の8月23日で、歴代最長佐藤栄作元首相の2798日に並び、明日の24日には最長政権の記録を塗り替えるそうです。自民党が下野していた2012年12月、衆院選で圧勝して政権に復帰。民主党の自滅ともいえる数々の大失態の下、返り咲いた訳ですが、今年に入ってからの安倍総理は民主党政権時と同様に新型コロナウイルス対策で国民の期待にまったくそぐわない大失敗を繰り返して来ました。最近の支持率は34%と過去二番目の最低ラインにまで低迷。持病の潰瘍性大腸炎が再発し健康不安説が流布され、内閣解散・総辞職・総選挙までもが囁かれる中での連続在職日数が歴代最長2798日に並び、明日には最長政権の記録を塗り替えるという快挙(?)達成!…このどうしようもない軽さについて論じてみました。今の安倍首相に最長の他に何の取柄・実績があるというのでしょうか。

Sponsored Link
 

安倍総理連の連続在職日数が明日、歴代最長に

経済政策「アベノミクス」を進めながら、日米関係を基軸とした外交や安全保障政策で成果を重ねてきた。国政選挙に6連勝し、「安倍1強」と言われる強い政権基盤を築いてきたが云々…これが今日、読売新聞第一面の記事でアベノミクスの成果は後述。

別に、安倍氏が外交で特別な成果を発揮したのではなく、そもそも普天間基地の移設先について、鳩山内閣が最初に「最低でも県外!」と不用意に高らかな宣言。そして、日米関係を決定的にダメにしただけのこと。

 

後釜に誰が座ろうと日米関係は是正できたはず…辺野古問題は今でも解決していませんが…。
そして、北方領土返還や北朝鮮による日本人拉致問題に進展はあったのでしょうか。
安倍晋三は外交が得意だなどと誰が言ったのでしょうか。
安倍首相はかって衆院予算委員会か、どこかでこういう民主党政権時代の一連の大失態を称して「悪夢」だったと揶揄しましたが、今の安倍政権の状態もまさしく悪夢・末期症状ではないでしょうか。「天に向かって唾を吐く」ような行為が、今ブーメランとなって自分に帰ってきただけのことかと。この人が得意なのは「ヤジ」だけなのでは…?

 

コロナの感染拡大が収束する気配は見えませんし、戦後最大となるGDPの落ち込みといい、尋常な事態ではありません。GoToトラベルキャンペーンは失敗だった!…という知事の発言が注目されましたが、未だに自民党内からは中止の声が高まることはありません。はっきり言って自民党内は、皆精神異常者の集まりです。

 

こんな状態で連続在職日数が歴代最長の佐藤栄作元首相の2798日に並び、明日には最長政権の記録を塗り替える。快挙(?)達成と言っても、高揚感など全然ありません。佐藤氏には沖縄返還という偉業を達成しましたが…。安倍氏には何があるのでしょうか。

どんなレガシー(政治遺産)を残したいのか?

佐藤栄作氏は沖縄返還!…3位の吉田茂氏はサンフランシスコ条約締結!

 

しかし、安倍晋三は何を達成したいのか。見えてこない
習近平を国賓待遇で日中共同宣言発布!東京五輪・パラリンピック開催…これぐらいしたかった。
アッ…「憲法改正!」もありました。著名な憲法学者の名前を誰一人知らずに行う憲法改正とは…?

 

アベノミクスは非常事態宣言で決定的に吹っ飛び!戦後最大27.8%のGDP落込み!

安倍首相は、大胆な金融政策などによる「アベノミクス」で経済を立て直し、第2次内閣以降で81回の外遊を繰り返して存在感を高めた。こうした成果により、内閣支持率は長期にわたり50%を超え、長期政権を可能にした。

読売新聞の記事は上記のようですが、7年半の間に消費税を2度増税!景気回復に水を刺す。予想されてはいましたが、8月17日の4~6月の国民総生産(GDP)速報値は27.8%の落込み!

 

リーマンショック17.8%を超える「戦後最大の落込み!」非常事態宣言の影響であることは明らかです。しかし、曲がりなりにも経済を再開したことで7月~9月期は「プラス成長」という数字になるはず。この見せかけの数字が一番危険です。

 

最悪の後の発表は一転して、「戦後最大の回復」などとの見出しとなってしまいます。この見せかけの数字が極めて危ない。恐らく、年間GDPの半分以上を占める消費不況は容易には回復しないはず。見せかけの数字発表にあぐらをかいて、新たな経済政策を怠っていると本格的な不況に突入してしまうはずです!

 

一時的に数字が良くても年間を通じて赤字となれば、企業はリストラを加速します。今でさえ、解雇や倒産で国民の生活は脅かされています。弱者救済を急がなければ、治安すら崩壊する恐れがあります。国会を早急に開き新たな経済政策を発表すべきです。従来の雇用政策では無理です。

 

ベーシックインカムを本当に検討すべきです。GoToキャンペーンなぞ、即座に中止して観光業者に給付金を支給すべきです。コロナが収束したと言えるまで救済すべきです。1兆7千億もの予算を無駄につぎ込むべきではありません。

 

GoToキャンペーンは大失敗です。お盆の帰省混雑が従来の半分ぐらいにとどまったとは言え、半分は移動しているのです。この結果が出るのは2週間後の8月末です。どういう結果になるか、想像するだけで恐ろしくなります。

 

ここで、大英断できなければ安倍晋三に残るレガシー(政治遺産)憲政史上、最長・最悪・最低のリーダーシップを発揮した首相」との呼称しか残りません。肝に銘ずるべきかと…。

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

総理が体調不良で休み→対応を菅官房長官が代行→そのまま菅官房長官が首相になる形でスポットで禅譲、という流れになるのでしょうか。これは最悪のパターンですね。
そもそも菅氏はただの横浜の一市議に過ぎなかったのに、横浜の経済界のドン藤木氏に気に入られて、国政入りに成功しました。そして藤木氏は二階俊博幹事長と蜜月の関係で知られています。菅氏が総理になれば、安倍首相以上に二階氏の言いなりになるでしょう。

自民党では誰も幹事長の二階氏に逆らえません。逆らえば選挙で冷や飯を食わされるからです。財界もその事を良く分かっていて、二階氏は他の議員とは桁違いの政治献金を集めています。「政界における序列」=「資金力」なのです。

現在の日本の政治、いえ経済までも牛耳っているのは、安倍首相でも官邸でもなく、間違いなく二階氏です。彼が引退しない限り、誰が総理になっても日本は変わらないでしょう。

だからなんだというんだか。虚しいだけ。
なんでこの人が最長になっちゃったんだか。
ほんとに働いてほしい時に雲隠れし、かえって無駄なことをし税金を垂れ流しにし、いつも口だけで、それでいて都合のいい時にはやけに目立ちたがりなお子ちゃま首相。恥をしれ。

僕の予想は、在職一位になってから、健康状態が悪いと言う理由で総理大臣を辞めるんではないでしょうか。コロナのせいで、憲法改正はできそうにないですし、オリンピックもできるかどうかわからない。もともと国民のことに興味のない人ですから自分勝手に辞めるでしょう。
今、無理をしてるのは辞めるための頑張ってるアピール。結局一次内閣と同じことをするんだと思います。

そりゃ何があっても口だけの責任の痛感と言って責任なんかとらず隠蔽忖度改竄シュレッダーしてシッポ切りして、官僚の作った答弁読んで帰宅してたら誰でもできるような気がするんですけど。首相動静見てるけどかなり休んでるよ。

在籍期間が長かっただけですね、実績無し、あるとすれば、あべのマスク、go toキャンペーンの汚点だけ、挙げ句の果ては、コロナ対策放棄的なだんまり、此の期に及んで、本心、本音を露呈する事に、人間、追い込まれると、本音が出てしまうんですね、国民を守る使命感より、我が身が大事、自分優先、早く辞めて頂いて、裁判所で今までの精算して頂きたい。

安倍首相の連続在職日数が明日には歴代最長に!~まとめ

ツイッターの中に、「安倍政権はゴール直前で大失速した競走馬のようだ。」との記述が…。
結果的に、憲政史上最長・最悪・最低のリーダーシップを発揮した「世にも稀な政権」になってしまいました。

 

「在職記録を更新したら速やかに辞職してください」とは大多数の国民が望んでいることだと思います。民主党時代はコロコロ変わる短命政権と言われてましたが、長期政権で一強になると今度は利権集団を使って、私腹を肥やすようになります。

 

選挙で自民党を大勝させると、必ずこうなります。2期ぐらい政権を担当させるのがちょうどいいのかも…。「昭和の妖怪」と呼ばれた祖父は安保改定だけでなく、最低賃金法、画期的な国民年金法を成立させた。

 

戦後、A級戦犯容疑で巣鴨プリズンに3年拘束され、不起訴になったとはいえ、岸の戦争責任は重い。しかし、岸ほど不思議な政治家もいない。岸は東条内閣の商工相として開戦の詔書に署名し、戦時の経済を仕切った男である。

 

しかるに、連合国軍の占領が終わった翌年の1953(昭和28)年には代議士に当選し、それからたった4年で首相になった。国民をあんな悲惨な目に遭わせておいて、どの面さげてとなるはずだが…。こういう人間が罪にも問われず、首相になるという美しき不思議の国、日本!…頭がいいのか、ずる賢いのか、不明。

 

ただ、安倍晋三は祖父や大叔父や父親と比べると確実に頭が悪い。いや、頭が悪いという事を自覚していないのが致命的!結果が見えているのに決断できないのがその証拠。まだ連綿として総理の座にしがみついている。東京五輪が決定的にダメになるまではしがみつくだろう。

 

連続在職日数を更新しただけでは、決して満足できない男なのだ。潰瘍性大腸炎が命取りになるまで悪化して初めて気づくはず。「あの時、辞めておけばよかった」と…。

 

恥を知る人間ならば、とっくに分かる事を理解できないのだ。
恥を知らないから、自分が悪いとは思っていない。

 

ただ、名家に生まれたという選民意識だけが異様に強いのかと…。
名誉心だけは人一倍強いのだ。

 

レッテルが欲しいだけなのだ。
レガシーが欲しい。何が何でも…。

 

だから、下々の者の批判など屁とも思っていない。
世間が自分という一角の人物(?)に、どういう評価を下すのか、それだけが気懸りな男なのだ。

 

もう評価は下っているのに理解できないのです。
結局、自分の事しか考えていないから、状況がわからない…残念ながら、倒れるまで総理の座にしがみ続けるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.