松浦亜弥の長女が通っている幼稚園はどこか?芸能界復帰はいつ?

      2018/07/11

過去にハロープロジェクトで活躍していた松浦亜弥さんが二人目の子供を授かったとのおめでたいニュースが8日に舞い込んできました。これは夫で男性3人組ダンスボーカルユニット・w-inds.の橘慶太(32)が公式ツイッターで「もうすぐ二児の父親になります」と明らかにしたことから端を発しています。4月の上旬には夫婦そろって長女の幼稚園の入園式に出席したことも週刊誌で報じられていました。今回はその長女の通っている幼稚園はどこかちょっと調べてみました。

Sponsored Link
 

松浦亜弥と夫の慶太さんが長女の入園式にそろって登場!

まだ子供は1人しかいません。第二子誕生はまだまだ先のはなしです。
松浦亜弥は2011年に子宮内膜症を患っていたことを公表し、活動を縮小。
13年8月に橘と結婚し、同年末から事実上の活動休止となっています。
14年12月に長女を出産しましたが、その長女がこの春めでたく都内にある女子大付属幼稚園に入園し、夫婦そろって入園式に出席したそうです。

入園式開始直前頃になって現れた松浦亜弥(31)、橘慶太(32)、そして3歳の長女の3人!

橘が妻と娘を「入園式」と書かれた看板の前に立たせてすばやくスマホで二人を撮影すると、一家は足早に入園式会場に向かっていったそうです。

決まっていますね。二人とも・・・爽やかです。
橘はスーツにネクタイ!髪型ピッタシ!
松浦は濃紺のワンピースにパールのネックレス。
さすがですね!

松浦亜弥がおんぶしている子供の顔が見られないのが少々残念ですが・・・
これがその時の写真です。週刊誌の「女性自身」が撮影したものです。

長女の通うことになった幼稚園はどこ?

都内の某女子大付属の幼稚園とまでは分かっているのですが、幼稚園名までは分かりません。
正式には発表されていません。(情報を収集中です。)
そこで都内にある女子大付属の幼稚園にはどんなものがあるか調べてみました。
そうしたら、以下の様な幼稚園があることが分かりました。

昭和女子大学 附属昭和こども園
お茶の水女子大学附属幼稚園
日本女子大学附属豊明幼稚園
東洋英和幼稚園
日本女子体育大学附属みどり幼稚園・・・などなど

それぞれ特色のある幼稚園です。
独自性を打ち出しています。

「この中のどれかでしょう」としか、今の段階では言いようがありません。
結局、今の時点では公表したくないのでしょうから、そっとしておくしかないですね。(分かり次第、追記します。)

両親が有名人だからと言って、子供があまり小さいうちからあれこれ詮索しては可哀想です。

中にはよからぬ事を考える奴だって出てきますからね!

多分、3年保育の幼稚園で小学校にはエスカレーターで上がれるどこかでしょう。
ゆったりと伸びやかに育っていってほしいものです。

Sponsored Link
 

松浦亜弥はいつ芸能界に復帰するのでしょうか?

雑誌記者の問いかけにも「子供が可愛くて、可愛くて離れられない」と言っていますから・・・
どうも当分はなさそうな感じです。

「松浦亜弥」は昨日9月15日付けでアップフロントとの専属マネージメント契約を終了したことが、アップフロントのオフィシャルサイトで発表されています。

約17年にわたり在籍したアップフロントを離れたあとは、橘の個人事務所に籍を置くそうですから、復帰は子育てが一段落したあたりでしょうか?

松浦亜弥は、育児休業中であまり表舞台に出てこず、久しぶりに発表されたのがこの移籍の話でした。
松浦の本格的な芸能活動再開の話ですが、2人はもともと同じレコード会社に所属しています。
同じ事務所なら、楽曲提供やサポートもやりやすくなります。

本格復帰に向けて何らかの「復帰プロジェクト」が計画されているのかもしれませんね。

本人もノリノリだという噂も流れていますが、この「復帰プロジェクト」・・・
それほど甘くはないという厳しい意見もあります。
「松浦亜弥」がトップアイドルとして活躍した時代は、「モーニング娘」が全盛時代の頃・・・

モー娘はOGも含め、全盛期の勢いがない今、いくら松浦亜弥の楽曲が素晴らし出来栄えだったとしても全盛期の様な再ブレイクはかなり難しいでしょうという見方が一般的にはなされています。

確かに今の時代だと、これだけ歌から離れていると全盛期の様には完全復帰はできないでしょう。

子育てが長引けば長引くほど完全復帰は難しくなるでしょうし・・・
頑張って再ブレイクしてほしいところですが・・・

最も、歌が売れなくても、お芝居やトークショーは上手ですからTVのバラエティ番組などに出て充分な活動が期待できます。

ラジオのオールナイトニッポンは6年間も続いたぐらいですから・・・
ホントのファンなら、歌じゃなくてもきっと応援するでしょう

長く芸能活動を続けてほしいものですね!

 - 未分類