上野宏史前政務官が雲隠れ!口利き疑惑・ブローカー?新音声記録公開

      2019/09/06

「週刊文春」(8月29日号)が報じた外国人在留資格を巡る口利き疑惑を受けて、辞任を表明した上野宏史厚生労働政務官(48)。この口利きの際、上野氏が、コーヒーの入ったカップを床に投げつけるなどして、お金を要求するよう、秘書に強要していた疑いがあることが、「週刊文春」の入手したメモでわかったという。魔の3回生の石崎徹議員といい、この上野議員といい男として恥ずかしくないのか?まったく、秘書ばかり虐めて一体何が面白いというのか?事実なら人間として最低のクズ野郎だな。恥を知れ!!

Sponsored Link
 

上野宏史前政務官が雲隠れ!口利き疑惑

上野氏の「口利き疑惑」とは、人材派遣会社「ネオキャリア」(本社・東京都新宿区)が派遣する外国人の在留資格について法務省に口利きすることで、同社からカネを得ようと画策したもの。

週刊文春側が先週号で入手、公開した政策秘書A氏との打ち合わせの録音データには「100人だから(1件2万円で)200万円」「ネオキャリアからお金もらう案件でやってんだから」などの生々しい音声が含まれていた。

週刊文春が、この「外国人在留資格を巡る口利き疑惑」を報じると、1週間後の8月28日に突如、厚生労働政務官を辞任すると表明。疑惑については「法令に反する口利きをした事実はない。報道は大変遺憾だ」とコメントを出しただけで、後は口をつぐんだまま、雲隠れ。ダンマリを決め込んで逃げ廻っている。一体、どういうことなのか?こんな事を放置しておいて良いのか。

週刊文春は当初、上野氏が政策秘書A氏との打ち合わせの席で「ネオキャリアからお金もらう案件でやってんだ」「1件につき2万円払え」などと秘書に金銭支払いを迫る生々しい録音データを入手、すでに公開している。それが以下の動画。

「口利き&金銭要求」:上野議員とA秘書とのやり取り、何かを叩きつける音と暴言音声が酷すぎる。

投げ捨てられ割れたコーヒーカップの写真

なぜ、このような録音があるのか。
A秘書から相談を受けた永田町関係者が新事実を明かしている。

 

「問題の音声は今年6月19日のものですが、実はその前日にも、上野氏は『1件回答するごとに2万円もらう契約をしているんだ』などとA秘書に告げているのです。その際、上野議員はかなり高圧的に秘書に、金銭を要求した。

 

あっせん利得処罰法」に抵触する行為を平然と指示するのみならず、秘書にも金銭を要求することにAさんは衝撃を受け、事務所退所を決意。その日は録音していたわけではなく、即座にやり取りを備忘録として詳細にメモした。自らの身を守るため、翌日は上野氏とのやり取りを録音したのです

メモには「こっちは相手と1件回答するごとに2万円もらう契約をしているんだ、これではとれないじゃないか!」などと激高する様子が記されている。 最低なクズ野郎だな。バカか!!

ブローカー?新音声記録公開

週刊文春では、さらに疑惑を深める新たな音声データを入手したという。それを公開する。自らの判断で真実に迫ってみよう。
この新たな音声データの声の主は、紛れもなく自民党の上野宏史衆院議員。これじゃ、もうただの「くずブローカー野郎」の脅しじゃねぇか!?

口利きを巡る闇は深まるばかりだと言うのに、なぜ、「テレビ」や「新聞」はこの醜聞を積極的に報道しようとしないのか?国辱ものではないか。
このコズルそうな面の何と憎たらしいことか!!相当、貧相な顔立ちだな。まったく見苦しいの一言に尽きる。どこへトンずら・雲隠れしたのか?

 

病院か?政治家が良くやる手だなぁ~。あの丸山穂高議員もそうだった。出て来てから、まだ懲りずに戦争発言を繰り返している。バカに付ける薬はない。あっても高くて手が出ないか?東京地検が重大な関心を抱いているというから期待してみてみよう。現職のまま逮捕されると面白いなぁ~!!

 

新聞やテレビが「ぶら下がり取材」ばかりしている弊害なのか?
権力を持つ者に忖度ばかりして、腰砕けの記事しか書かない、真実を報道しようとしない。
これは断じて週刊紙だけに任せておいて良い問題ではない。

 

新たな録音データは、ネオ社を上野氏に紹介した女性経営者N氏と上野氏の会話に及んでいる。
これは上野氏が「ネオキャリアからお金もらう案件でやってんだ」と発言した翌日に、N氏を議員会館に呼び、打ち合わせを行った際のもの。
そこには、以下のやり取りが収められている。

新たな口利き疑惑が入っている。

N氏「私、手間がすんごいかかるって、ちょっと、わざと(ネオ社に)言っていて(笑)。言った方が値上げできるんで~。(略)高値で売りたいんですよね」

上野氏「許可も極力速やかに出すようにするので、そこで2万ずつ手数料もらうだけでも、まあ月に100万でも入れば」

N氏「そう。私ももうちょっと値上げとか取れる所があると思ったんで(後略)」

上野氏「3とか5(万円)にするとか」

まさに法務省に口利きをして利得を得るための計画を上野氏は自らの口で語っている。

上野事務所は「(以前)貴誌からの取材にお答えした通り」との文書回答だけで、個別の新たな質問には答えず、「あっせん利得処罰法に触れる事実はありません」との旨、回答した。という。

呆れるばかりだ。とぼけるにも程がある。まったく金の亡者だな。チンピラブローカー!!これだけ明白な事実が週刊誌で、露呈されれば何らかの釈明があってしかるべき。それが出来ないのだから、恐らく音声データは真実なのだろう。下手に会見すれば返事に窮するだけ。従って、逃げ回っている。さて何時まで逃げ切れるか?けだし見ものだなぁ~。手錠をはめられるところを見てみたい。

N氏は録音データのやり取りは「事実です」と認めた上で、値上げに関する話などは「ネオ社に請求するコンサルティング報酬について」だと言い、「上野議員に、パーティー券購入も含め金銭の提供をした事実もなく、その予定もない」と答えたという。

「通常、4、5カ月かかるやつを1カ月半ぐらいでこれ出しました。ということでいいですね?」

「むしろ次から次にジャンジャン新規案件をもらったほうが通る可能性ある」

生々しい遣り取りだ。これでは釈明できまい。事務所側が出した言訳の文書が白々しい。情けない限り。
逃げ回っているばかりなので、すでに厚労省の実務に支障が出ているという。嘆かわしい。守銭奴め!!

Sponsored Link
 

まとめ

国会議員の質が悪すぎる。パワハラ、戦争発言、買春疑惑、あっせん利得、数え上げていったらキリがない。
当選させる選挙民も悪い。救いようがない。

次回の衆院選挙では、ホント慎重に人物を見極める必要があるなぁ~。
安倍内閣の一党独裁が続いた弊害が、一挙に出て来た感がする。

 

恐らく、これだけでは留まるまい。
次から次と醜聞噴出には事欠くまい。

 

しかし、新聞やテレビがまるで報じない。
ただ、事実を垂れ流すだけ・・・真実に迫ろうという気迫がまるで感じられない。

 

どこの国の法務大臣がした不正入試疑惑なんか、どうでもいいんだ。
それどころじゃないだろうに。

 

社説で真相に迫ろうともしない。
マスコミに携わる者としての矜持はないのか?

 

こんな男が国会議員でいることの資質を、是非をなぜ問わない?
表舞台から姿を消し、トンずらを決め込んで逃げ回っている輩をなぜ追及しないのか?

 

恥を知れ!
新聞、テレビの関係者達よ!

 

言葉を弄んでばかりいるな!
週刊誌に任せて良い問題ではない。

 

なぜ、書かないのか!?
少子高齢化で実質、移民を受け入れなければ日本という国が、もう立ち行かないのだ。

 

国際化に向けて歩みださねばならないのに国会議員自らが省庁に圧力をかけ、ブローカーに成り下がっている。
国辱ものだろうに・・・大問題だ。

 - 未分類