WBSS決勝戦!井上尚弥VSドネアとの対戦日はいつ?どこで?

      2019/05/21

主要団体王者が争うWBSS:バンタム級準決勝が18日、英国グラスゴーで行われ、世界ボクシング協会(WBA)同級王者の井上尚弥(いのうえ なおや:大橋)が国際ボクシング連盟(IBF)同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下した。井上尚はWBSS決勝進出を決めるとともに、IBF王座も獲得。井上は、これで2団体王者となった。

Sponsored Link
 

WBSS決勝戦!

WBSSとは、「World Boxing Super Series」=「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」の頭文字を取った略称のこと

井上尚弥選手が、エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に勝って参加しているWBSS(ワールドボクシング・スーパーシリーズ)とは、一体何なのか?

 

18日の試合:衝撃の2回1分19秒TKOシーン

井上:53.4キロ、ロドリゲス:53.4キロ

 

井上がバンタム級最強トーナメントの頂点に王手を。2回に3度のダウンを奪い、19戦無敗だったロドリゲスを圧倒。戦意を完全喪失させる圧勝。レフリーストップのTKO勝利!

2戦連続の1回KOに続き、この日もわずか259秒で試合を終わらせた井上。
IBF王座を奪取し、WBAタイトルは2度目の防衛。これで、WBSS決勝進出決定。

View this post on Instagram

このアングル斬新だ、、 #wbss

A post shared by Naoya Inoue 井上尚弥 (@naoyainoue_410) on

衝撃のKOシーンは世界のファンを驚かせたが、大会公式ツイッターがなんとも印象的な写真を公開して話題に。井上がガッツポーズを決め、ロドリゲスがキャンバスに沈んだ“明と暗”の象徴的瞬間を会場の天井から激写。ファンは「このシーンは斬新」「歴史の1コマ」「残酷な光景」などと反響を呼んでいる。無慈悲な写真と・・・4万超の反響らしい。勝負の世界は厳しい。

 

井上選手は、ライトフライ級で世界ボクシング評議会(WBC)、スーパーフライ級で世界ボクシング機構(WBO)のタイトルを獲得しており、これで高山勝成に続く日本人選手2人目の【主要4団体制覇】を達成。        決勝ではWBAスーパー王者のノニト・ドネア(フィリピン)と対戦する。

 

WBSSは、2017年の秋に始まったばかりのボクシングトーナメント大会!

WBSSは停滞気味のボクシング業界を変える、大きな流れの1つになりつつある。

 

大会の概要は、階級の中で強い人を8人選び、トーナメント形式で戦い、最強を決めるというもの

 

WBSS大会の目的は何なのか?
結論を先に言えば、その階級で最強のボクサーを決めよう!そのためには莫大な賞金を出すぞ!』というもの。

 

現在、ボクシング団体は4つある。

  • WBA
  • WBO
  • WBC
  • IBF

そして、それぞれにチャンピオンがいる。つまり同じ階級にチャンピオンが4人いることになる。

 

結局、「誰が一番強いの?」「〇〇級で最強のチャンピオンは誰なんだ?」という話になる実際に戦っていないので、最強がハッキリしない。そこで、賞金をかけて各4団体のトップレベルの選手8人で戦って、最強を決めようという趣旨。非常に分かり易いはなしだ。

WBSSの賞金はいくら?

WBSSのシーズン1賞金を参考にすると、WBSSの賞金総額は、5,000万ドル。

日本円にすると、約56億円

 

WBSS・シーズン2のトーナメント優勝賞金は、シーズン1より安く400万ドル:約4.4億円(正確な金額は公表されていない)

 

やはり各ボクシング団体のチャンピオンに参加してもらわないと、大会自体が盛り上がらないので、賞金は破格となる。
ちなみに、優勝者には賞金とは別に「モハメド・アリのトロフィー」が贈呈される。
WBSSシーズン1の決勝戦は2018年7月に行われて終了。

WBSSシーズン1は、

  • クルーザー級
  • スーパーミドル級の階級で実施された。

開催期間は、2017年秋から始まり、2018年7月の決勝戦で終了

 

そして、今はWBSSシーズン2が開催され、2018年秋からスタート!
階級は、

バンタム級

スーパーライト級

クルーザー級の3階級で開催されている。

 

WBSSバンタム級の出場選手は以下、WBSS・シーズン2に参加選手の8人!

WBAスーパー王者 ライアン・バーネット(英国/26歳) 19勝(9KO)無敗
WBA王者 井上尚弥(日本/25歳) 16勝(14KO)無敗
WBO王者 ゾラニ・テテ(南アフリカ/30歳) 27勝(21KO)3敗
IBF王者 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ/25歳) 18勝(12KO)無敗
5階級王者 ノニト・ドネア(フィリピン/35歳) 4338(24KO)5
WBA2 ジェイソン・モロニー(オーストラリア/27歳)  

1717(14KO)

 

WBAスーパー王者 ファン・カルロス・パヤノ(ドミニカ/34歳) 20(9KO)1
WBA5 ミーシャ・アロイヤン(ロシア/29歳) 44勝(アマで26812敗)

これで、WBSS・シーズン2の出場選手が全員出揃った!(年齢、戦績は2018年現在)

 

ミーシャ・アロイヤンは、アマチュアで268勝12敗で、2012年ロンドン五輪で銅メダル。2016年リオ五輪で銀メダル後、ドーピングでメダル剥奪。プロで4戦4勝、WBAインターナショナルバンタム級王座を獲得している。

 

井上尚弥VSノニト・ドネアとの対戦日はいつ?どこで?

二人が激突する決勝戦は、年内に開催が予定されている。多分秋ごろになるのではないか?ノニト・ドネア(フィリピン)はWBAスーパー王者で5階級制覇を達成。今までで、一番強強の選手だ。

 

日本開催となれば京セラドーム大阪が有力候補として浮上している。

 

ボクシング界の国内ドーム大会はマイク・タイソンが88年、90年に東京ドームで2度世界戦に臨み、99年には辰吉丈一郎が当時のWBC世界バンタム級王者ウィラポン(タイ)に挑んだ大阪ドーム(現在の京セラドーム大阪)の3例のみ。

 

もし京セラドーム大阪でボクシング興行が開催されれば20年ぶり。実現すれば令和のボクシングの幕開けにふさわしい大会となる。井上-ドネアのWBSS決勝戦への期待もさらに高まりそうだ。

 

試合後のリングで、井上はワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)開幕前から対戦希望してきたドネアから祝福を受けた。過去最強の相手となった無敗王者ロドリゲスから計3度のダウンを奪って圧倒的な強さを誇示し、決勝の相手と堂々と向き合った。

「尊敬するドネアと戦えることをうれしく思います。そこに向けて1からやっていきたい」。笑顔で抱擁を交わしたドネアから「ベスト・オブ・ベストの戦いができる。戦う運命にある」と認められた。

 

井上にとってドネアは特別な存在だ以前から衝撃の試合として挙げるのは11年2月、ドネアがWBC・WBO世界バンタム級王者モンティエル(メキシコ)を左フック1発で失神KOに追い込んだ世界戦。

 

14年12月、WBO世界スーパーフライ級王者ナルバエス(アルゼンチン)に挑戦する前には大橋ジムでドネアと合同練習。攻略の助言まで受けた。井上は「人間的にも尊敬できるし、縁もあるので戦いにくい。でも、そこは勝負の世界。やるしかない」と強調した。

 

フィリピンの閃光(せんこう)と呼ばれるドネアと、モンスターの井上が激突する階級最強を決めるトーナメント決勝。京セラドーム大阪開催が決まれば、機運も最高潮に達することは間違いない。

 

井上尚弥(いのうえ なおや)のプロフィール

本 名:井上尚弥(いのうえ なおや)

通 称:モンスター(怪物)

階 級:バンタム級

身 長:165㎝  リーチ:171㎝

国 籍:日本

誕生日:1993年4月10日(26歳)

出身地:神奈川県座間市出身 

スタイル:オーソドックス

高校時代にアマ7冠に輝き、2012年にプロデビュー。

 

14年にWBCライトフライ級王座を奪取、1度防衛。

同年に獲得したWBOスーパーフライ級王座は7度防衛。

18年、WBAバンタム級王座を獲得し、3階級制覇を達成。

戦績は18戦全勝(16KO)、負け0

 

Sponsored Link
 

●ノニト・ドネアのプロフィール

フィリピン出身のプロボクサー。

 

元IBF世界フライ級王者。

元WBA世界スーパーフライ級暫定王者。

元WBC・WBO世界バンタム級統一王者。

元IBF・WBO世界スーパーバンタム級統一王者。

元WBA世界フェザー級スーパー王者。

 

●現WBA世界バンタム級スーパー王者。

●世界5階級制覇王者。

ボクシング界のレジェンドである。伝説の男!

 

生年月日 1982年11月16日 (年齢 36歳)

生まれ フィリピン タリボン

身長 168 cm

動画の中で語っているが、ドネア選手がなぜ2階級も下げて参戦して来たか?

⓵バンタム級が自分の適性体重だと気付いた。
②WBSSに参戦し、高額賞金を獲得したい。
③モンスターと言われる井上選手と対戦したかった。

 

以上、彼の動機を考慮してみると、決勝戦が非常に興味をそそられる。
秋頃、日本で対戦すればテレビの視聴率がアップするのは間違いない。
よもや、井上が負けるとは思えないが、今までの様に簡単には勝てないだろう。
相当エキサイトな試合になると期待して間違いない。
うーん、日本で同時中継してくれ!

 - 未分類