飯塚幸三!池袋暴走プリウス・運転手が逮捕されない理由とは?

      2019/04/25

10人がはねられ、女児2人が死亡!この暴走事故は19日午後0時25分ごろ発生。豊島区東池袋4丁目の都道で、板橋区弥生町の無職『飯塚幸三(87)』容疑者が運転する乗用車が交差点に進入し、歩行者らを次々にはねた。自転車で横断歩道を渡っていた豊島区東池袋2丁目の無職松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)が死亡。ほかに6人が重軽傷を負った。プリウスを運転していた飯塚と、同乗していた80代の妻も骨折するなどして入院。高齢者の危険運転と同時にプリウスのシフトレバーの分かり辛さも問題となり得るだろう。両方の問題を調査してみた。

Sponsored Link
 

飯塚幸三!~87歳:高齢危険運転手・容疑者の顔写真公開

豊島区東池袋の道路を約150m暴走。自転車に乗っていた母と娘の2人が死亡。運転手の飯塚容疑者を含む40~90代の男女8人が重軽傷という惨事が起こった。この重大事故を引き起こした犯人は飯塚幸三(87歳)!かっての高級官僚だったか、どうかはもう知ったことではない。立派な犯罪者だ。2人も殺している。「さん」付けなどで呼ぶべきではあるまい。少なくとも容疑者だ。重大な交通事故を引き起こした犯罪者なのだ。

 

現場付近にはブレーキの跡がなかったことが警視庁への取材で判明。同庁は、ドライブレコーダーの映像などから、加速を続けたまま次々にはねたとみて、自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で男性から事情を聴くなどして原因を詳しく調べると発表しているが・・・しかし、納得がゆかない。簡単に過失などで許される程度の問題ではない。

 

交通捜査課によると、現場周辺にブレーキをかけた跡は確認されておらず、ドライブレコーダーでも速度を上げながら走行する様子が映っていた。事故を目撃した男性も朝日新聞の取材に「車種も判別できないほどの速度だった。ブレーキをかけたような音も聞こえなかった」と証言。朝日新聞が入手した現場周辺の防犯カメラ映像にも、猛スピードで通行人をはねる様子が映っていたという。

●飯塚幸三の苦しい言い訳

プリウスを運転していた飯塚幸三は「アクセルが戻らなくなった」と話しているが、車内にアクセルペダルの動きを妨げるような障害物はなかったという。歩行者らをはね、ごみ収集車などに衝突した後に停止した車は現にエアバッグが正常に作動していた。

 

車は最初の歩行者をはねる直前、約70メートル手前でガードパイプに接触する事故を起こしていたことがドライブレコーダーの映像などから判明しているという。同課は、この接触事故などで気が動転した飯塚幸三が運転操作を誤り、赤信号を無視して交差点に進入したとみている。

 

ドライブレコーダーの任意提出も受け、証拠隠滅の恐れもないとして任意で捜査を進める方針だという。要は在宅起訴という訳だ。なぜだ?警察やマスコミの態度は甘すぎではないか!?

 

高齢者が、勝手に自惚れて自己過信し過ぎて引き起こした重大事故ではないか?何で、こんな男をマスコミは『さん』付けで呼ばなくてはいけないのか? 自転車に乗った親子2人が亡くなっている。重大事故だぞ!!完全な誤作動をやってしまったんだ。この重大事故を起こす前に、飯塚幸三(87歳)はガードレールに接触する事故を引き起こしている。

 

それに気が動転し、パニックになったのだろう。アクセルとブレーキを踏み間違えたに決まっている。完全に、この元高級官僚の高齢者が一方的に引き起こした事故だ。被害者達には何の落ち度もない。シフトレバーを入れ間違えたとしても落ち着いてメーターを見れば、どのシフトにはいっているか、すぐ分かったはずだ。高齢者はそういう反射神経や動体視力が衰えてしまっている事に問題の本質がある。

 

それすら見定める心の余裕が、もうこの高齢者にはなかったという事だ。車を運転できる資格などとうの昔に無くなっていたのに、この元高級官僚の高齢者はその自覚が欠如していた。はっきり言って『自分は頭がいい、ボケていない、凡人とは違う』と自惚れていたのだろう。許されるべきでない。断じて。元高級官僚!元工業技術院長!勲章受章者!優遇されるべきではない!

 

退院したら、本来即刻収監して起訴すべきだろう。在宅起訴など甘すぎもいいところだ。高齢者だから優遇するのか?逃亡の恐れがなければ、すぐ釈放されるのが通例なのか?それで問題ないのか?被害者や被害者の遺族の気持ちはどうなるのだ?

 

違うだろ!元高級官僚で、天下りでクボタの副社長になり、勲章まで貰った男だから忖度しているのではないのか?マスコミも警察の態度も甘すぎだろう。この世の中、完全に狂っている。二人の無辜な命が亡くなっている。甘く考え過ぎていないか?

 

警察やマスコミは、こういう世間に重大な影響を与える事件や事故を簡単に見過ごしてはいけない。大体、高齢者の引き起こす交通事故が多過ぎる。もう厳罰で臨むべき時期が来たと思う。簡単な示談などで刑が軽減されるべきではない。立派な経歴を持った人間ほど、晩節を汚してはいけないのだ。このまま軽い処分で済まそうものなら世間が承知すまい。被害者達よ!声を上げるべきだ。大声を!天に届くように!・・・病院にいる飯塚幸三(87歳)の耳に届くように!

Sponsored Link
 

池袋暴走プリウス →【プリウスミサイル】?

しかし、プリウス車の事故が多いのが気にかかる。沢山売れれば、それだけ事故も増えるのだろうが、ただ、それだけか。違う様な気がしている。単純にアクセルとブレーキの踏み間違いだと片付けてはいけないのでは?そうではない事故もあるのではないか?

 

昨今では『プリウスミサイル』などという有難くない言葉がネット上に出回っているぐらいだ。それほど、この車の事故が多く目立つ様になった。やはり、何か原因があるのではないか?

 

●プリウス車に事故が多い理由とは?

高齢者のドライバーが起こした事故だけではなく、30代の若者が起こした事故もある。コンビニ突っ込んだり、高速道路を猛スピードで突っ走って事故ったものだ。

 

●プリウス事故の主な原因

⓵ブレーキとアクセルの踏み間違い
②操作間違えによる誤発進
③高齢者ドライバー

 

ブレーキとアクセルの踏み間違いなら、他の社のAT車にも当てはまる。しかし、プリウス車が事故ると【またか】という印象を受けるのはなぜか?プリウス特有の理由があるのではないか。シフトレバーがわかりずらいらしい。

 

プリウスのシフトレバーは他の車種と比べて非常にコンパクトになっていて、軽い操作で動かせる様になっている。SNSで画像が拡散されているが、どのギアに入っているのか認識が分かりづらいようだ。下のツイッター参照)

メーターを良く見れば、どのシフトに入っているか、すぐ分かるはず。当然防げる事故だ。運転者の意識の問題も無視出来ない。事故を起こしていないユーザーからすれば不快な念を持っている人も多いのでは?事故のニュースばかりで燃費は良いのに、これで保険料など上がれば目も当てられない。だが、写真で見る限りやはり分かり辛いシフトレバーのようだ。改良の余地はあるのではないか?

 

私は運転を辞めてから、もう10年以上経つのでプリウスのようなシフトレバーでは運転できる自信がない。
当然、高齢者には不向きの車ではないのか?販売時に指摘されるべき点だ。

 

これだけ事故が多いということは、やはりシフトレバーの改良をした方が良いのではないか?
デザインばかりを優先し、人命が疎かにされているのではないか。メーカー(トヨタ自動車)に一考を促したい。
シフトレバーを変えられないと言うなら、その根拠を示して欲しい。

 

AT車が右足だけで、アクセルとブレーキを使い分けるのが、そもそも間違いの元なのだ。だから踏み間違える。
マニュアル車の様に右足はアクセル、左足はブレーキと使い分けるのが一番正しい。
これならアクセルとブレーキの踏み間違い事故は激減するはずだ。

 

第一クラッチの切り替えが上手く出来ないと、マニュアル車はすぐエンストする。
だから、前でも後でも突っ込み事故など起き様がないのだ。
本当ならマニュアル車の運転が出来ない様な奴は、車を運転する資格などないのだ。

 

AT車など廃止してしまえば一番良いのだ。でも、もう無理だろうな!?
これだけAT車が普及してしまうと・・・運転できない吾人が増大してしまう。

 

AT車が便利になり過ぎた。運転技量未熟な奴までが、運転出来る様にAT車を進歩させ過ぎた。メーカーの販売努力の賜物だろう。
バックにギアを入れれば、バックする音が出ているはずだが、高齢者になると耳まで遠くなる。
バックさせてるのか、ニュートラルに入っているのか、とっさの判断が高齢者には出来ない時があるはずだ。

 

だから、バックギアに入っているのに、音が聞こえずブレーキを踏んだ積りが結果的にアクセル踏んでしまう事になり、バックのまま、コンビニ店に突っ込んだりする事故が起きるのだろう。高齢者の扱いは今後、大問題になるのは間違いない。

 

反射神経や動体視力さえも衰えるのだから危ないのは当然だ。しかし高齢者にその自覚がない者が多過ぎるようだ。そんな輩が運転すれば危険が増す訳だ。車は凶器になり得る。その自覚のない高齢者の何と多いことか。自己過信か!?これは、もう立派な社会問題。

 

自覚のない高齢者が一番怖いのだが、メーカーやマスコミも高齢者の批判ばかりでなく一番の安全策は何なのか?
熟慮し、議論を重ね、結論を出すべき時が来たと思う。メーカーだけに任せておいて良い問題ではない。

 

皆で議論すべき問題なのだ。シフトレバーが分かり辛いのは歴然たる事実だ。即刻、改良すべきだ。
このまま放置すれば高齢者の事故が増えるだけでなく、30代の熟練ドライバーでさえ事故を起こすケースが増大するだろう。
その時、メーカーのトヨタが反省しても、もう遅い。イメージダウンは避けられない。販売に間違いなく影響が出るぞ!

 

巨額な損害賠償請求訴訟すら起こされる可能性がある。
こういう事故は日本だけで起きているのか?
アメリカやヨーロッパではどうなのか?資料がないので分からない。メーカーで、きちっと調査すべきだろう。

 

未必の故意が認定されるかも知れない。
猛省すべき時期だ。トヨタ自動車よ!

 

運転手が逮捕されない理由とは? →元高級官僚・勲章受章者だから?

池袋プリウス事故 犯人の飯塚幸三(87)は東大卒の旧通産省・元工業技術院長 クボタの元副社長。平成27年秋の勲章受章者。受賞した賞は『瑞宝重光章』

 

瑞宝重光章とは?

日本の勲章の一つで、瑞宝章のうち、瑞宝大綬章に次ぐ。2002年(平成14年)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、それまでの勲二等瑞宝章から名称が変更された。

 

翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、特に重要と認められる職務を果たし成績をあげた人に対して、瑞宝重光章以上を授与するとなっている。

 

一般行政事務では事務次官が対象となるほか、高裁判事や大学の学長が多い。授与は皇居正殿松の間で行われるが、天皇による親授ではなく、内閣総理大臣が受章者に伝達する(伝達式)。その後、配偶者と共に豊明殿で天皇に拝謁する。(引用:https://Kotobank.jp)

その理由の一端が以下のツイッターにある。

https://twitter.com/hulubeyurayura/status/1119268501124861957

飯塚幸三(87歳):東大卒の旧通産省・元工業技術院長 クボタの元副社長。平成27年秋の勲章受章者。受賞した賞は『瑞宝重光章』!こういう受勲者にまた忖度したということか?警察やマスコミの態度は甘いのではないか?

 

道路を150mにも渡り暴走させ大勢の怪我人を出し、母娘2人を死亡させている。普通なら在宅起訴などあり得ないだろう。退院を待って収監し起訴すべし。高齢であることを考慮しても優遇させるべきでない。

 

Twitter上の『上級国民』だから優遇されるのかという批判はひがみとしても、こういう確信犯に近いボケ老人をもう許すべき時代ではないだろう。過去にも同様な事件が何件も起きている。真剣に取り組むべき時期が来たようだ。

●飯塚幸三を知る人々の証言

飯塚幸三と同じマンションの住人男性は今年、飯塚容疑者が駐車場にうまく車を止められず、前後に何度も動かす様子を見たという。「奥さんが外に出て『もっとハンドル切って』などとやっていた」と。

 

男性は「事故を心配していた。ショックです」。飯塚容疑者は1年ほど前、男性に「運転をやめる」と話していたといい、最近は足を悪くし、杖を使って外出していたという。自分が運転するのが、もう危ないというのを百も承知で運転している。確信犯である。許すべきでない。

 

こんな危ない老人に車を運転する資格はない。タクシーを利用すべきである。都会に住んでいるなら車なしで生活出来るはずだ。
タクシに払う年金ぐらいは十分に貰っていたはずである。もう確かに高齢者が道楽で車の運転を許される時代ではない。人の命がかかっているのだ。

 

また、他の目撃者は事故前後の様子を以下の様に証言している。

午後0時20分すぎ、近くの自動車販売店に勤務する女性(24)は、「キーッ」というタイヤと路面がこすれるような音を聞いた。店内からガラス越しに、シルバーの乗用車が走っていくのが見えた。「警察にでも追われているのかと思うほど、スピードが出ていた」

近くに住む会社役員の男性(26)によると、乗用車はごみ収集車と衝突し、2~3メートルはね飛ばされた。区内の美容師の女性(33)は飯塚容疑者について「運転席から救急隊員が2人がかりで引っ張り出していた」と語った。両脇を抱えられながら力なく歩いていたが、意識ははっきりしているように見えたという。

また、現場近くにいた千葉県松戸市の団体職員の男性(39)は、道路上で複数の人が負傷し、交差点の真ん中で幼い子どもが自転車の後部座席に収まった状態のまま倒れているのを見た。自転車は真っ二つに壊れていたという。「事故の衝撃で吹き飛ばされたんだと思う。自分にも同じ年頃の子がいる。言葉にならない」と話した。

この飯塚容疑者の起こした罪は、とてつもなく重く大きい。これだけ高齢者の引き起こす交通事故が重大問題となっている時期に、またこれだけ悲惨な事故を起こしてしまった。飯塚容疑者本人は、もう十分に自覚していたはずだ。自分がまともに運転できない状況になっていたことに・・・ボケ老人に近い人間が、もう道楽で車の運転を許されるような時代ではないのだ。

 

しかし、飯塚容疑者は断じてボケ老人ではあるまい。『一罰百戒』の意味を込めて交通刑務所に入れるべき人間だ。高齢者の引き起こす悪質な交通事故は厳罰に処すべき時代になっている。これは、もう間違いなく犯罪だ。軽く考えてはいけない。年寄りだからなどという甘い考えは、もう捨て去るべきだ。悪質である。完全に自分自身の過去の経歴に自惚れ切っている。許されない事故だ。

 - 未分類