ヒロミの加圧シャツハードに効果はある?口コミや評判をまとめてみた

      2019/03/30

消費者庁は3月22日、着用するだけでの痩身効果などをうたった「加圧シャツ」の販売事業者9社が景品表示法に違反している。「実際は宣伝の根拠がない」として再発防止などを命じる措置命令を下した。この件で、タレントのヒロミが批判を浴びる事態となっている。処分を受けた商品の1つが「ヒロミ開発」「ヒロミプロデュース」などの表示を行っていたため。ヒロミはどこまで商品に関わっていたのか。

Sponsored Link
 

ヒロミの加圧シャツハードに効果はある?

今回処分を受けた9社のうち、都内の会社「イッティ」が販売していた「バンプマッスルビルダーTシャツ」は昨年5月ごろから〈トレーニングジムオーナーのヒロミが開発! 着るだけで 劇的変化!!〉など、ヒロミ(54)の名前を前面に打ち出し商品販売していたという。

 

ヒロミは05年から12年ごろまでタレント活動を休止。その間に経営を手掛けた加圧トレーニングジムが大当たり。その実績とテレビでの知名度を信用して購入した人も多いのではないかと噂されている。

 

一部メディアの取材に対し、販売元はヒロミとの共同開発で商品を販売していたと認めているが、問題となった広告表示についてはヒロミが無関係であるとしている。ヒロミが芸能人だから、庇うのは無理からぬ話だが・・・

 

当のヒロミ本人はどう思っているのか?
自分の口で語って欲しいな。何の責任も感じていないのか?
謝罪会見でも開けよ!
事務所は、一体どんな見解なのか。

「イッティ」の回答全文(原文ママ)

平素は格別のご愛顧を賜り御礼申し上げます。
「パンプマッスルビルダーTシャツ」の商品は、弊社(株式会社イッティ)が主導してヒロミさんと商品を開発を行い、販売を行いました。
「パンプマッスルビルダーTシャツ」は、着用することで、その加圧効果により、外見上、体が引き締まって見えるようになるとともに、姿勢が改善されるというものです。
しかしながら、平成30年5月16日から同年8月6日までの間における弊社ウェブサイト上の表示は、あたかも、当該商品を着用するだけで、容易に著しい痩身効果及び著しい筋肉の増強効果が得られるかのように誤認を与えてしまうものでした。
広告表現に関しては全て弊社(株式会社イッティ)の責任で行ったものであり、ヒロミさんは広告表示において無関係になります。
結果として、弊社の意図とは異なる表示となってしまい、景品表示法に違反するものでした。お客様並びに関係各位にご迷惑をおかけ致しましたことを深くお詫びいたします。
弊社は、今回の措置命令を真摯に受け止め、再発防止のため管理体制の一層の強化に努める所存でございます。
尚、本件措置命令につきましては、あくまで弊社商品ウェブページ上の表示の問題であり、該当商品自体には何ら問題ございません。
最後に、その他諸々のご質問ですが、弊社との間で秘密保持契約の観点から申し上げることは控えさせていただきます。
(株式会社イッティ 代表取締役社長 瀧本 洋)

 

イッティ側の回答によると、今回の製品は同社主導のもと、ヒロミと商品開発を行い、販売したものであるとのこと。主導はあくまでイッティだが、ヒロミも開発に関わっていたのはどうやら間違いないようである。

ただ、そのうえで同社は、今回の措置命令はあくまで「表示の問題」であり、ヒロミは広告表示については無関係であることを強調。着るだけで痩身・筋肉増強などの効果が得られるような誤解を与えてしまったことについては非を認めつつも、「広告表現に関しては全て弊社(イッティ)の責任で行ったもの」と、ヒロミの関与を否定した。

 

なお、同製品の本来の効果は「着用することで、その加圧効果により、外見上、体が引き締まって見えるようになるとともに、姿勢が改善される」というもので、商品自体については「何ら問題ございません」と説明している。

最初から、素直にそう記載すればいいものを・・・露骨に効果のない不当表示をしてからに。
ただ着るだけで痩せられるなら人間何の苦労もない。世の中から糖尿病という病気がが無くなっている。

 口コミや評判をまとめてみた

 ネット上では、当然ながら《責任ないとはいえない》などの批判的意見が圧倒的に多い。

これぐらいにしておこう。当の本人が一番自覚しているはずだ。

 

しかし、アマゾンでも売っていた様だ。それが以下の宣伝文句。

パンプマッスルビルダーTシャツは着るだけで上半身全体の筋肉を加圧し、引き締まったボディを目指すことができます。さらに、姿勢補正の効力で美しい姿勢を保つことにより、着た瞬間からメリハリのあるボディを手に入れることが可能です。

引用AMAZON

 

『目指す』・・・とは?意味わからん!効果があるのか?ないのか?

 

AMAZONでバンプマッスルビルダーTシャツを買った人達のレビューを見てみると・・・

 

●首周りが広くワイシャツの下に見えない所が良い。
どれだけ着ても「着るだけで筋肉」はつかない。

 

●以前他の加圧シャツを購入してとても体が締め付けられ気に入ったので再度購入をしようとしていたところに『ヒロミプロデュース』の商品を見つけ信用して購入しましたが、、、締め付けが緩く残念な商品でした。。。値引率に惹かれて三枚も購入してしまい後悔しています。。。

 

●この窮屈なTシャツは、部活やジムそれに肉体労働の現場で活用してこそ、初めて真価を発揮します。現代人が動かす日常生活だけの運動では、十分な効果を得る事が出来ません。そして、カロリーを消費したとしても、食事量も制限しなくては、意味がありません。着れば確かに暖かくはなるので、高いヒートテックを購入する感覚ならば、購入されてもいいかと思います。

などなど以上の様に否定的な意見がほとんど。ただ着るだけではダメで、実際に着て運動しないと何の効果も出てこないのは明白な事実らしい。

 

現在、ヒロミは9本のレギュラー番組を持つ売れっ子。さらに『バイキング』(フジテレビ系)などでの歯に衣着せぬ物言いが視聴者から支持されている。それだけに、今回の件はかなりの影響が予想される。このご時世、起用しているテレビ局に抗議が殺到して番組を降板させられるケースもあるほど。そのため『早いうちに説明したほうがいいのでは?』と、はや心配の声が上がっているという。

 

Sponsored Link
 

消費者庁の見解

「加圧シャツ」に科学的根拠なしとのストレートな見解を示している。

 

“着るだけで筋肉がつくことはない” →当たり前だ。もし、これが本当なら、誰も何の苦労もしない。ちょっと考えて見ればすぐ分かるはず。有名人の宣伝文句に一般の消費者は、あまりに弱すぎるなぁ。すぐ信用してしまう。かなり愚かだな!

 

「加圧シャツ」は、体を締めつけることで「トレーニング効果が得られる」と謳った衣料品で、多くの商品が販売されている。生地は、伸縮性の高い特別な素材を使用。着ると身体に適度な圧力がかかり、それがトレーニング効果をもたらすと言われてきた。

 

しかし、実際には『宣伝の根拠がない』として、消費者庁は、通信販売会社9社に対し、再発防止などを命じる措置命令を行った。消費者庁は、加圧シャツの購入について、「消費者側も一度立ち止まって考えたり、周りに相談してほしい」と、注意を呼びかけている。

消費者庁が調査したところでは、2社は根拠を示す資料を提出せず、残りの7社は資料は提出したものの科学的根拠は認められなかったということ。

 

対象となった商品は「バンプマッスルビルダーTシャツ」「マッスルメイク」「SASUKE」など。たくましい筋肉のモデルやタレントを使う広告もあった。2017年以降、タレントを使った広告で20億円超を売り上げた業者もあるというほど。

 

「トレーニングジムオーナーのヒロミが開発!」とうたい、タレントのヒロミさんを広告やパッケージに起用していたものもあるという。消費者庁によると、措置命令を受けたのはイッティ(東京都渋谷区)など9社に上った。

ヒロミ お笑い芸人の副業

 1965年2月13日生まれ(59歳)、東京都出身。

芸人の傍ら、トレーニングジム『Body Conscious 51,5 HIROMI BODY ART』を経営溶岩浴と加圧トレーニングジムを経営。年収は3億円とも言われ、タレント全盛期時代より稼いでいるらしい。

 

ヒロミ自身が運営する加圧トレーニングジム『Body Conscious 51,5 HIROMI BODY ART』での経験から、日常的に筋肉を意識できて、引き締めたい部分に加圧補正ラインをいれることでメリハリのあるボディ作りを実現できる商品を開発したという。

 

それが現在、爆発的に売れた商品。タレントのヒロミがプロデュースした『イッティ』とタイアップして開発した『Vアップシェイパーシリーズ』だ。大ヒット商品に。

 

タレントが安易に業者とタイアップして、何の科学的根拠もなしに「自分が開発した」などと表示させて商品を売る行為自体が、もはや売名行為だな。
タレントは本業がダメになると、副業で金儲けに走り過ぎやで!

 

いずれ天罰が下るはず。その時、後悔しても遅い。
少しは隠忍自重すべきと思うが、諭すだけ無駄でしょう。
調子に乗り過ぎて実際に処罰されないと、まぁ、懲りない面々でしょう。

 

ヒロミ・・・TVから消え行っても何の未練もないけど・・・

 - 未分類