すしざんまい!豊洲の初セリで1番マグロを3.3億円で競り落とす

      2019/01/22

 

 築地から昨年10月に移転した豊洲市場で初となる新年最初の取引「初競り」が5日早朝に行われ、すしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村(東京)が、一番マグロを3億3360万円で競り落とした。

 

Sponsored Link
 

すしざんまい:1番マグロを3.3億円超えで競り落とす

 

「3億円だ」「信じられない」。初めての新豊洲の初セリでどよめきと歓声が起こったという。

 

青森・大間産の生の本マグロで、278キログラム、キロ単価120万円。これまでの最高額で、13年に同じく喜代村が落札した222キロの大間産クロマグロ1億5540万円(1キロ当たり70万円)を2倍以上更新した。

 

小池百合子都知事が輪の中心で見守る中で行われた競りで、落札と同時に、どよめきと歓声が起こった。小池知事は一瞬驚き、その後、満面の笑み。

 

100人以上集まった市場関係者の輪が解けると、1人が報道陣に向かって、少しあきれたような笑顔で「3億円!喜代村!」と絶叫。報道陣からもどよめきが起きた。

 

競り場には「初荷」と書かれた札が立ち、全国から運ばれたマグロがずらりと並んだ。午前5時すぎ、競りの開始を告げる鐘の音を合図に、威勢のいい掛け声が響いた。

 

競りが始まってしばらくすると、場内の一角から「おおー」との声とともに拍手が起きた。直後に「3億だよ」と業者らが口々に叫び、競りを見ていた都幹部も「想像していなかった値段だ」と驚きを隠せなかった。

 

 

すしざんまい:喜代村社長反省の弁

 

落札した喜代村の木村清社長(66)は「え~?そんなに。やっちゃったね。やりすぎちゃった。5000万~6000万円くらいと思っていた。すぐ銀行さん行かないと」と、ちょっぴり反省の弁。

 

自分で競り落としておいて、金額が分からなかったなどと言う事があり得るのだろうか?セリに参加したことがないので良く分からない。こんな珍妙な反省の弁があるのかな!?

ちょっと驚き!!

 

ただ、木村社長は「最高のマグロです。お客様に食べて頂いて、元気をつけていただきたい。全店舗で出します」と話し、最後は元気に「すしざんまいポーズ」を披露した。

その一方で、豊洲での初競りについては、築地に比べ「ちょっと(マグロも人も)少ないね。いいマグロあまりなかったのかな」と寂しげな表情も。ただ「これから思いを作っていかないとね」と豊洲の未来に期待した。

 

名物社長の発言は毎年、話題になるなぁ!

しかし、3.3億円超えのマグロを食べてみたかったなぁ・・・

残念!?明日にはもう売り切れになってることだろう。

 

すしざんまいのポーズ

Sponsored Link
 

疑問の声もあり

 

「ご祝儀価格」に沸く一方で、高騰した価格に疑問を呈する声も。水産仲卸業者の男性(55)は「ご祝儀相場どころではなく、ちょっと度が過ぎている。毎年こんなことが続くとおかしくなる。宣伝にしてもどうなのか」と首をかしげた。

 

すしざんまいの運営会社は以前、豊洲市場の観光拠点「千客万来施設」の運営に名乗りを上げたが、2015年に辞退している。施設は現在もオープンしていない。

 

豊洲の施設は今後どうなってゆくのだろうか?

順調に充実して行くといいが・・・大丈夫かな?

業界関係者以外はやはり出入りは出来ないのだろう。

築地の方が良かったなどとの声が上がらねばいいが・・・

 

TKIOも来た!すしざんまい本店前はカオス状態に

 

豊洲市場の「初競り」で一番マグロを3億3360万円で競り落とした、喜代村(東京)が運営するすしチェーン「すしざんまい」の築地の本店前は5日午後、3億マグロを一目見ようとする観光客や報道陣で、路地がまっすぐ進めないほどの大盛況となった。

 

テレビ番組ロケで訪れたTOKIO城島茂(48)や松岡昌宏(41)の姿も見られるなど、「豊洲初」「平成最後」の初競り後らしいお祭り騒ぎとなった。

 

午後2時すぎにまぐろ解体ショーが始まると、周辺は人が入り乱れ“カオス”状態に。入店待ちの列はみるみる伸びて1時間以上の待ち時間となった。

 

マグロは青森・大間産の生の本マグロで、278キログラム、キロ単価120万円。これまでの最高額で、13年に同じく喜代村が落札した222キロの大間産クロマグロ1億5540万円(1キロ当たり70万円)を2倍以上更新。

解体後は全国のすしざんまいで提供されるという。

毎年、楽しい話題を提供してくれるなぁ・・・この店は!?

 

3億円以上出してもいい宣伝になる。

元は充分に取り戻せると読んで行動しているのだろう。

 - 未分類