大相撲に新たな力の台頭、世代交代の兆し!19年の土俵を展望する

   

 

大相撲は一年納めの九州場所で小結・貴景勝が初の幕内優勝を果たした。2018年は初場所の平幕・栃ノ心(現大関)、名古屋場所の関脇・御嶽海を含め、3人が初めて賜杯を手にした。

 

Sponsored Link
 

新たな力の台頭、世代交代の兆し

 

今季の様な一年は、関脇・武双山(後に大関)、平幕・貴闘力、小結・魁聖の3人が初優勝した00年以来、18年振りとなる。新星が相次いで生まれた背景を探ってみる。

 

初優勝者が年間3人以上出たのは、年6場所制が定着した1958年以降で、僅か7例しかない。過去に共通しているのは前後に複数の横綱が引退した点だ。

 

91、92年は2年連続で3人が初優勝した。特に91年は、初場所で大関・霧島、名古屋場所で前頭13枚目の琴富士、続く秋場所で同5枚目の琴錦が初優勝。

 

春場所は横綱・北勝海、夏場所は同・旭富士、九州場所は大関・小錦と、全6場所で優勝者が異なる大混戦だった。

 

元琴錦の朝日山親方は、久々に3人が初優勝を遂げた今年の相撲界を新たな力の台頭、世代交代の兆しを感じると評している。

 

今年の年間最多勝は59勝の栃ノ心。
昨年は横綱・白鵬で58年以降で最小の56勝だった。
2年連続で最多勝が50勝台にとどまったのは初めての事。
元北勝海の八角理事長は「過渡期かな」と語る。

2018年九州場所で優勝した貴景勝

 

19年の土俵を展望する:やはり節目の年

 

91年頃、大相撲は一つの節目を迎えていた。同年は夏場所で千代の富士、名古屋場所で大乃国と2横綱が相次いで引退。92年も初場所で旭富士、春場所を最後に北勝海と2横綱が引退。

 

ついに60年振りの横綱不在になり、これが93年初場所後の曙の昇進迄続いた。

 

朝日山親方は、91年名古屋場所で同部屋の琴富士が平幕優勝し、「自分もという気持ちになった」という。とはいえ、「チャンスはあると思ったが、本当に優勝できるとまでは思っていなかった」と語っている。

 

98年九州場所で史上唯一の2度目の平幕優勝を果たし、00年まで現役を続けた朝日山親方は、「91、92年と00年。それぞれ初優勝した力士と対戦したことがある。みんな輝くものを持っていた」と振り返る。

 

初優勝を足掛かりに大関の地位を得た栃ノ心は30代だが、御嶽海は25歳、貴景勝は22歳!
その輝きに刺激を受けた同世代は優勝を見据えて19年も果敢な挑戦を続けるだろう。

 

受けて立つ白鵬、鶴竜、稀勢の里の3横綱はいずれも30代!
新旧のせめぎ合いが土俵をさらに活気づけることだろう。
91、92年と同様に初優勝の若手が、どんどん出て来るのを期待したい。

 

Sponsored Link
 

まとめ~稀勢の里の凋落と若手の奮起

 

和製横綱・稀勢の里(32)の凋落に揺れる大相撲。
本人は来年の1月場所で進退を懸ける覚悟の様だが、復活には懐疑的な見方がほとんどだ。

 

角界では早くも稀勢の里に代わる人気横綱が待望されており、番付と実力を考えれば、大関の高安(28)と栃ノ心(31)は昇進してもおかしくない。関脇の御嶽海(25)も伸びしろは十分だ。
若手も阿武咲(22)や北勝富士(26)ら多士済々。

 

中でも評価が高いのが、元貴乃花部屋の貴景勝(22)だ。175センチ、170キロの豆タンク体形ながら、今場所は小結を務め見事優勝を果たしている。

 

「持ち味は押し相撲と、相撲センス。力士の中では小柄な方なので、突き押し一本では厳しいものの、それをカバーして余りあるセンスがある。特に、相手をいなして体勢を崩す技術は天性のもの。さらに上を狙える」とある親方は話す。

 

そして、さらにこう続ける。
貴景勝にとって何より大きいのが、千賀ノ浦部屋に移籍したことでしょう。前の師匠の貴乃花はトラブルメーカーで、部屋に報道陣が押し寄せることもしばしばあれでは稽古に集中できなかったはずです。そんな環境でも力をつけてきたのだから、伸び伸びやれる今後は、さらなる飛躍が期待できる。貴乃花親方の廃業は、貴景勝にとっては大きなプラスになると・・・

 

確かに貴乃花親方は、今後一体どうなるのだろうか?
いや、どうする積りなのだろうか?
相撲道の改革を声高に唱えた割には、あっさりと廃業!
考えるだけでも馬鹿バカしい。

 

いずれにしても、19年の大相撲は若手の奮起に期待するしかない。
大相撲を代表する「」になれそうな面々が出そろって来た感じがする。
来年も荒れる場所になりそうだなぁ・・・

楽しみだなぁ!

 - 未分類