貴乃花親方の真の引退理由とは?政界に出ろ!協会改革が出来るぞ!

   

 

貴の乱」という言葉が初めて使われたのは、2010年の理事選だった。当時、角界最大勢力を誇っていた二所ノ関一門内の「候補者調整」に反発した貴乃花親方が、一門を割って出て理事に立候補。同調者が相次ぎ、当選を果たす。追随した他の親方とともに「貴乃花グループ」を形成し、2014年には「貴乃花一門」の旗揚げが認められた。

 

Sponsored Link
 

本当の引退理由とは?

今回の突然の引退騒動の真相には、「かつて決別した仇敵一門」が深く絡んでいるらしい。

 

秋場所中に貴乃花親方と直接話した後援者の一人が証言する。
「7月に理事会が、『すべての親方は5つの一門のいずれかに所属しなければならない』と決めたことを受け、旧貴乃花一門の親方衆で構成する『阿武松グループ』が揃って二所ノ関一門に入ることになった。そのことに貴乃花親方は非常に憤慨している様子で、『これはショックですよ……』と言葉を失っていました」

貴乃花親方は9月25日の引退会見で、昨年、横綱・日馬富士(当時)が起こした暴行事件への対応を巡って、内閣府に提出した告発状が「事実無根」だったと認めるよう協会から圧力を受けたと明かし、それが引退の理由だと説明していた(協会は圧力を否定)。

だが、真相は違うところにありそうだ。

今年6月に貴乃花親方は自らの名前を冠した一門を離脱。一門の残りの親方衆は、理事の阿武松親方(元関脇・益荒雄)を中心としたグループを形成していた。

「貴乃花親方としては、同じ一門だった同志たちが、よりによって自らが決別した二所ノ関一門に戻ることが許せなかったのではないか?

八角理事長(元横綱・北勝海)と対立している構図ばかりが強調されるが、貴乃花親方と手が合わないのはむしろ、協会ナンバー2で二所ノ関一門の総帥である尾車親方(元大関・琴風)だとされる。父である先代の二子山親方(元大関・貴ノ花)の時代から関係がよくない。

また、引退後に確執があり、『犬猿の仲』となった高田川親方(元関脇・安芸乃島)も二所ノ関一門。『角界改革のバトン』を阿武松親方に渡したつもりだった貴乃花親方としては、盟友に裏切られた気持ちもあったでしょう」(同前)

結果として、旧貴乃花一門のメンバーが二所ノ関一門に入り、8年前の「貴の乱」以前の体制に逆戻りした格好になった。
貴乃花親方が会見で口にした「圧力」についても、二所ノ関一門が絡んでいたとする見方がある。

「二所ノ関一門のある親方が『告発状は事実無根と認めて、一門に復帰すべきだ』と声を掛けていたといいます。

その親方は、先代の二子山親方とは『兄弟分』のような関係で、前々から『自分が間に入って貴乃花を(二所ノ関一門に)戻らせる』と話していた。今回もよかれと思って、説得にあたったかたちだが、貴乃花親方の一門への不信感が予想以上に大きかった。それで、むしろ『圧力』という話になってしまったようだ」(後援会関係者)

貴乃花よ!戦いを諦めるな!

 

元貴乃花親方が議員会館に自民党の馳浩・元文科相を訪ねて以降、どのメディアも「貴乃花!来年夏の参院選出馬説」の話題で持ちきりだ。馳氏との1時間の会談で、自民の目玉候補としての出馬が既定路線のようになっているが、貴乃花の心情を推察すると、むしろ「剛腕」小沢一郎・自由党代表の出番を感じさせる。

 

元貴乃花親方は、これからどう生きていくのか問われて、以下の様に答えている。

人生はまだまだ長いですから。先のことは分からないですが、やれることはたくさんあると思います。外から弟子たちの活躍を見守りつつ、子供たちに神事である大相撲の素晴らしさを知ってもらえるよう、昔のように神社や仏閣に土俵を作ったりとか。私の金銭事情や家内のこととか、いろいろとデタラメが報じられていますけど、今に始まったことではないので免疫ができています」と・・・

しかし、こんな大人しい言い方で、世間が納得するはずがない。周りもほっとくはずがない。『新潮』などによると、貴乃花は安倍首相とひそかに会い、来年の参院選挙の目玉になるという噂があるらしい。

 

貴乃花が参院選の比例区で出馬すれば、『100万票獲得は確実』ともいわれています。自民も貴乃花の政治スタンスを知り、野党に奪われたらマズイと判断したのは間違いない。馳議員との面談も、自民側がわざと目立たせ、貴乃花を囲い込んだともささやかれています」(ある中堅議員)

たしかに、立憲民主党の公認候補として弁護士の亀石倫子氏が決まるなど、各党の第一次候補が決まりつつある時期である。苦戦が予想される安倍自民党にとって、確実に得票が期待できる貴乃花は擁立したい候補ナンバー1だろう。

 

昨年の衆院選で奮闘した野党といえば、まず立憲民主党の名前が浮かぶが、貴乃花は保守的思想の持ち主。しかし、民進党の希望の党への合流でグチャグチャになっても、最後まで野党共闘を模索した元自民の小沢の姿勢にこそ、貴乃花が「巨大勢力に立ち向かうエネルギー」を感じたとしても不思議はない。

時には仲間を失うほど自説を曲げない頑固さは、貴乃花と小沢に共通している。小沢には野村サッチーヤワラちゃんら有名人を口説き、選挙に担ぎ出した過去もある。2人で膝を詰めて話し合えば、スムーズに出馬が整う可能性はある。

 

もっとも、震災、原発で選挙民置いて真っ先に逃げ出した様な男と、貴乃花親方とは、全く相容れんと思うんだがなあという意見もあるにはあるが・・・

 

自民では相撲協会改革はムリと自分と相撲協会との立ち位置と重ねる時が来るのではないか?

貴乃花の数々の発言は与党よりも野党にシンパシーを感じていることを物語っている。

小沢は今週発売のサンデー毎日のインタビューで、「野党がまとまれば来年の参院選も勝てる」旨を語っている。ならば、オール野党が相乗りできる目玉候補をみすみす逃す手はない。貴乃花の真意とは異なり、周りがこのまま放っておく訳がない。

 

貴乃花にしても、議員になって大相撲改革を推し進めることができれば、本望ではないか!
こうなれば相撲協会にとって、これ程、手強い相手はない。
貴乃花の真の逆襲が始まる!これほど痛快な事はない!

 

しかし、心配な点もあるなぁ・・・
貴乃花のお兄ちゃんが、いみじくも言ってのけている。

 

貴乃花の性格的な問題を指摘する兄・若乃花

だが、話下手で人前に出るのが嫌いな貴乃花に議員が務まる訳はないという意見も根強い兄の若乃花(現・花田虎上)のようなタレント活動もできないだろうから、選ぶ道は自ずと限られて来る。

相撲協会とは別の組織を作るのではないかという声もある様だが、資金面も含めてそう簡単な話ではない。

相撲道に邁進する姿は見上げたものだが、彼を支える親しい人間は少ない。母親とも兄の若乃花とも絶縁状態だ。

デイリースポーツonline(9月30日)は、読売テレビに出演した若乃花の発言として

「知り合うと最初は仲良くなったりして、(でも)途中からみんな、話すこともできなくなる。
僕も(弟とは)話すことできないので……。
嫌な人は向こう(あっちにいけ)、納得いかないと向こう(いけ)、ってなってしまう。
何か教えてもらうことも、(耳に)入らなくなる。
自分がいいと思った人しか入ってこなくなる」と・・・

貴乃花の性格的な問題を指摘する声を記事にしている。

 

だが、貴乃花のTV特集番組を作っただけで、相撲協会は朝日新聞を出入り禁止にしている。貴乃花が番組取材の申請をしなかったという理由だけで、「相撲協会の肖像権が侵害された」などと難癖を付けて出禁処分を課している。

あまりにもやり過ぎの行為ではないか?

Sponsored Link
 

相撲協会は、貴乃花の告発状を一番恐れている?

貴乃花が提出した告発状の中には、過去の協会の不祥事として、弟子へのかわいがり野球賭博、そして最大のタブーたる『八百長』に関しても記述があったようである。・・・協会としては税制上の優遇措置が受けられる公益財団法人の立場を取り消される恐れがあるため、なんとしてでもこの告発状の存在を抹消したかった訳だ。

その八百長の温床になっているのが、モンゴル人力士たちが集まって飲み合う「モンゴル互助会」だと貴乃花は考えていた様である。現役時代、ガチンコ相撲で21回の優勝をした貴乃花としては、絶対見過ごすことのできない「悪習」である。

 

自分たちの利権を守ることにだけしか関心がなく、相撲改革など頭の隅にもない相撲協会の人間と、頑なに自分の正しいと思う道を突き進み、他人の意見に耳を傾けない意固地な相撲バカとが、敵意をむき出しにして争った結果、置き去りにされたのは相撲を愛するファンたちであった。

 

そうではあるが、貴乃花にも変わり得るチャンスはあると思う。第一、これだけ問題が噴出しているのに、ノコノコ相撲を無批判に見に行くファンもファンだ!

ただの相撲バカじゃないのか!?

 

一度、徹底的に相撲協会が変わる様に、当分はファンも相撲を見に行かない様に自粛すべきなのだ。兵糧攻めにしない限り腐った相撲協会は絶対に変わらない。もう、しばらくは相撲を見に行くべきではないのだ!

 

このところ次々に出て来るスポーツ界の醜聞は、力のある人間が、長年その世界をわがもの顔に牛耳っていたため、組織が濁り、腐敗が進んだためである。健全なジャーナリズも育たない。育てさせない!その自浄作用がない所を叩き直さないとダメなのだ!!

 

貴乃花よ!諦めるな!もう一度、立ち上がれ!
今度こそ、相撲協会を変えて見せろ!

自分に耳の痛い事を言う人間を遠ざけるな!
謙虚に耳を傾けろ!素直になれ!
でないと、あんたはただの負け犬で終わってしまうぞ!

 - 未分類