茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

連座制とは?河井案里議員は離党するだけで良いのか?歳費を返納して辞職すべきでは?

2020/06/19
 
この記事を書いている人 - WRITER -

自民党の河井克行前法相(57)=衆院広島3区=の妻案里氏(46)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区で、法律の規定を超える報酬を車上運動員、いわゆるウグイス嬢14人に支払ったとして公選法違反(買収)の罪に問われた案里氏の公設第2秘書立道浩被告(54)=広島市安佐南区=の判決公判が16日、広島地裁であり、懲役1年6月、執行猶予5年(求刑懲役1年6月)の刑が言い渡されました。懲役刑は連座制の適用対象のため、案里氏が失職する可能性が濃厚となり、大多数の国民が期待していた通りの展開になってきました。次なる手は…。

Sponsored Link
 

連座制とは?~有罪が確定すれば失職するのか

連座制とは選挙の候補者と一定の関係にある人が、選挙犯罪により刑が確定した時、たとえ候補者自身がその行為にかかわっていなくとも、候補者本人に当選無効、立候補制限を科す制度のことを指します。

1994年の公職選挙法改正で連座制が大幅に強化され、連座対象者に秘書や組織的選挙運動管理者が加えられ、また、以前は当選無効だけだったが、その選挙区からの立候補が5年間禁止される極めて厳しい制度に改められました。

広島地検は立道被告を連座制対象の「組織的選挙運動管理者」に当たるとみて起訴し、迅速に審理する「百日裁判」を申請。有罪判決が確定し、広島高検が提起する行政訴訟で適用対象と認定されれば、案里氏は当選無効となり失職します。

懲役を含む禁錮以上の刑が確定した場合、検察は連座制の適用を求める行政訴訟を起こす方針で、今日16日の判決で河井議員の当選が無効になる可能性が出てきました。裁判で、秘書の弁護士は「従属的な立場にすぎない」として、罰金刑が妥当だと主張していましたが、認められませんでした。

 

広島地方裁判所の冨田敦史裁判長は「被告には、最終的な報酬額の決定に影響を及ぼすほどの関与は認められないが、違法な報酬の支払いを前提とする遊説活動を取りしきり、主体的、積極的に遊説活動に関与していた。会計担当に報酬の支払いを指示するなど重要な役割を果たし、弁護側が主張するような罰金刑が妥当な軽い事案とはいえない」と指摘して、懲役1年6か月、執行猶予5年を言い渡しました。

 

実質的な黒幕の張本人が「知らない」「指示したことなどない」と空とぼけていても、そうは問屋が卸さないという規定です。
自白など、関係者からまず取れませんから、このぐらい強烈な規定がないと真の張本人をみすみす逃してしまいます。

河井案里議員は離党するだけで良いのか?

検察当局は夫妻の疑惑も捜査。国会閉会後の立件を検討しているそうですから、夫婦そろって今の心中は決して穏やかなものではないでしょう。

 

二人は自民党に、これ以上迷惑をかけたくないという理由で離党することにしたそうですが、夫である河井克行前法務大臣は、16日午後開かれた衆議院本会議を体調不良を理由に欠席しました。見え見えです。追及されるのが嫌だったのでしょう。

 

これについて、自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し「きょうの衆議院本会議は欠席したいと連絡をもらったが、あすの本会議には出席することになっている。どこかでしっかりとした説明をすると理解している」と述べました。この件で、自民党本部関係者が何のコメントも出さないのが不思議でした。

 

二階幹事長が「党にとってそれほど重要な人物ではない」などとのたまわっていましが、事実としても無責任な見解です。首相は重要でない人物を法務大臣に任命するのか?それほど法務大臣の座は軽いのか。こんなアホな話があるか!

 

安倍総理は、またほっかむりを決め込む積りなのでしょう。政治家のけじめを自らつけるよう諭すのがトップの役目だというのに…。このお方にそんな潔さは微塵もない…

 

河井案里議員が初当選した去年7月の参議院選挙をめぐっては、公設秘書が運動員に違法な報酬を支払った罪に問われた上記の事件のほかにも、夫の河井克行前法務大臣と案里議員が地元の地方議員らに多額の現金を配り、票の取りまとめを依頼していた疑いがあるとして、検察当局は夫妻の刑事責任追及に向けて捜査を進めています。

 

二人そろって離党届を出すだけで済ませたいのでしょうが、そうは問屋が卸さない事態に発展するのです。自民党本部から1億5千万円もの選挙資金が継ぎこまれ、選挙買収が行われたことが明白になる事でしょう。安倍総理とそりの合わない横手顕正候補を落選させるために、通常の10倍もの選挙資金が河井議員に送られ、それが資金源となり、現金が地元の議員に配られたのです。

Sponsored Link
 

歳費を返納して辞職すべきでは?

検察当局は17日、国会が閉会されたあと、公職選挙法違反の買収の疑いで河井夫妻の刑事責任を追及するものとみられます。

 

関係者によりますと、河井前大臣はこれまでの任意の事情聴取に対し、買収行為を否定しているということです。また案里議員も今月9日、国会内で記者団から「買収行為はあったのか」と質問されたのに対し、「全くない」と述べ、否定しています。ただ、この一言のみで逃げおおせると思っているのでしょうか。

 

お二人とも説明責任を何ら果たさず、逃げ回っているばかりです。刑が確定するまで年間4000万円もの議員歳費を貰い続ける積りなのでしょうが、往生際の悪さは相当なものです。どう、世間から批判されようと二人とも辞職など決してしないでしょう。

 

言わばインチキをして、ずるをして当選した訳ですから議員に居座る資格はまったくありません。しかし、潔く歳費を返納し、辞職して頂きたいという国民の願いはまず叶いません。検察当局の頑張りに期待して、二人そろって刑務所に入って貰い、強制的に議員資格を剥奪するしかない様です。

 

これだけ厚顔無恥な夫婦も存じ上げませんし、恥を知る人物ならば、このお二人の様な振る舞いは金輪際出来ないかと…。

ツイッター上の声・反応

https://twitter.com/ll89qu/status/1272732098365779968

https://twitter.com/club_phyz/status/1272049610547007489

連座制とは~まとめ

検察当局はことし1月以降、運動員の報酬をめぐる事件で河井夫妻の自宅や議員会館の事務所などを捜索し、現金を広範囲に配布したことを示すリストを押収したということですから、起訴されれば有罪になるのは間違いないはずです。

 

リストに記載された地方議員や後援会幹部などから事情を聴くなどして捜査を進めた結果、河井前大臣が去年3月以降、広島県議会議員や後援会幹部など100人近くに、合わせて2000万円を超える現金を配り、案里議員自身も一部の現金を配っていた疑いがあることが分かったということです。

 

こりゃ、夫婦そろってアウトですね。しかし、こういう二人を指揮し、買収選挙で当選させた安倍総理の責任は一体どうなるのでしょうか。この御仁も自らの責任を認め、潔く辞任する気など毛頭ないようですから、この二人の逮捕・勾留に伴い、どういう悪辣な手口で事を進めて来たか…白日の下にさらけ出し…罪を償っていただく。

やはり、検察当局の奮闘に期待するしかありませんね。
自浄能力のない自民党は次の選挙で大敗させると共に、安倍晋三氏も刑務所に入って頂きましょう。

 

憲政史上、最長・最悪・世界一最低な指導者として、レガシーに残って頂くのです。
それしか、日本を正常に戻す道はありません。

追 記~検察は逮捕の方針を固めた

夫婦そろって離党届を提出したようですが、検察の追及の手が緩む気配がありません。
今日にも逮捕される方針と伝えられています。

 

河井議員夫婦の悪運が尽きる時が来たようです。
自民党政権にとっても大打撃となるでしょう。

 

秋ごろには解散総選挙…?
惨敗するのが目に見えていますから、解散のタイミングは難しいでしょう。

 

しかし、なぜ、こうまでして河井夫婦議員らは現職に居座り続けることに固執するのか?
お金が欲しいのでしょう。他に稼ぐ才能がない?

 

年間4000万円以上の歳費に議員資格が剥奪されるまでしがみつく様です。
最高裁まで争うでしょう。

 

何年かかるでしょうか。
5年、10年…?

 

5年で2億!→10年で4億円!美味しい汁は最後まで吸い続ける積りかと…
乞食と大臣は三日やったらやめられないという諺が…見苦しい。

 

国費の無駄使い以外の何物でもありませんね。
この事件が突破口となり、安倍晋三の不正行為が白日の下にさらけ出されることを念願しています。

 

田中角栄氏に続き、総理経験者が逮捕・勾留されるのが一番自然な流れです。
日本がまともな国に立ち返るには、この方法しかありません。

追 記~首相会見のどうしようもない軽さ

安倍総理が二人の逮捕を受けて、「大変に遺憾です」に始まる従来通りの決まりきった謝罪の弁を述べています。
この軽さ、どうしようもないですね。これほど心のこもっていない答弁を幾度となく聞いたことでしょう。

 

「法務大臣に任命したものとして、その責任を痛感しております。国民の皆様に深くお詫び申し上げます」
「国民の皆様の厳しいまなざしをしっかり受け止め、我々国会議員は改めて自ら襟を正さなければならないと考えております」
「それ以上につきましては捜査中の個別の事件に関することでありまして詳細なコメントは控えたいと思います」

 

国民としても辛いです。毎回、毎回、同じ答弁!聞かされるのでは…。
貴殿が、この問題を真摯に受け止めているとは思えません。

 

我々の血税が愚かな国会議員に渡っているのです。年間何千万円も…!
夫婦がそろって逮捕されたのに、会見の暴頭僅か1~2分触れただけで話は終わり。

 

責任など取ったためしがない。
検察は1.5億円の不公平にして異常な金額の拠出を徹底的に洗い出して頂きたい。

 

多分恐らく、これは氷山の一角でしょう。
日本の選挙制度は今でもこんなものでしょう。

 

二人に罪の意識がないのは当然です。
皆がやってることですから…ただ、二人の場合はそれがあまりに露骨で桁違いの金額だった!

 

この際、芋ずる式に他の国会議員も逮捕・拘禁され、最終的には安倍氏が逮捕・起訴されることを念願しています。
秋ごろには解散・総選挙となり嫌でも責任を取って頂く事になるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.