茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

マスク商人がツイッターで話題に!どこに出没?顔画像やインスタなどを調査!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

新型コロナウイルス感染の話題が尽きませんが、そんな世情不安の中、又しても不逞な輩が便乗商法に打って出た模様です。

ツイッターを眺めていたら、名古屋方面で男女のカップルがスーツケースに【50枚入り1箱5000円】と手書きの貼り紙をして、街中を歩いている姿があちらこちらで目撃されたそうです。早速【マスク商人】なるありがたくない呼称が…何となく【死の商人】を連想してしまいます。

法律でマスクの転売が禁止され、メルカリやアマゾンでの転売が不可能になったので、窮した転売ヤーの連中が苦し紛れに古典的な手法で在庫処分一掃を図ったのでしょうか。調査してみました。

Sponsored Link
 

マスク商人がツイッターで話題に!どこに出没?

貧すれば鈍する】との諺を地で行く感じが…若干。他にも仲間が数人いるようで、電話で連絡を取り合いながら、大須(名古屋:地名)から外の地に移動しようとしていたみたいです。

若い男女が二人して、白昼街中をぶらぶらとスーツケースを押し行商して歩く…しかもマスクの転売とは!?
通行人に通報されたら、どうなるのでしょうかね。警察に連行とか…。

今後の展開がちょっと、見ものではありますが、…かなり情けなく、お粗末な感じが…。
マスクの転売が法律で規制されてから、どのくらい経過したのでしょうか。

 

この手の古典的手法で稼ごうとは、いささか場違いな感じが漂います。
これでは、そんなに大量にさばけないかと…。

50枚入り1箱5000円】とはっきりと…段ボール紙(?)に手書きの字で下手くそですが。
一目見て、明らかに違法な高額転売か?と推測されますが…実際はどうなのでしょうか。

 

名古屋から各地にちらばる積りなのでしょうか。
世の中、もうそんなに寛容な状況にはないかと…やはり、許されざる行為ですから。
ツイッターで、これだけ特定されると、もうあからさまな行動は不可能かと思われますが…。

顔画像やインスタなどを調査!

こんなに、はっきりとツイッターなどで特定されてしまうと、今後がちょっと心配になります。  ホントに住所などが分かった場合に世間がほっといてくれるでしょうか。正義感が強すぎる人達が黙って見ていてくれればいいですが。ネットが炎上するくらいでは…済まないのではと危惧します。

https://twitter.com/iloverondon/status/1248905951773462529

上記のツイッターには下に電話番号が明記されていました。

📞発信 080  3624  7311→ 電話をかけて、からかってみようかとも思いましたが、電話代がもったいないのでやめました。

試しに「ちゃろす」のインスタをクリックしてみると、

このページはご利用いただけません。
リンクに問題があるか、ページが削除された可能性があります。 Instagramに戻る

上記の表示が…ヤバいと思って削除したのでしょうか?

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

警察に通報され警察官が駆け付けたら、ただでは済まないかと。少なくとも近くの警察署に連行され取り調べぐらいはされるのではないでしょうか。最高で懲役1年、罰金100万円の可能性が…!

女の子がまだ随分とあどけない感じで、まだ10代?…こんなことまでして稼ぎたいですかね?
ましてや世間に、こんなに顔までさらけ出されて、マスクで顔を隠している積りでも、それとなくうかがえますよ。顔の表情が…。

https://twitter.com/drama111111/status/1248931445415931904

マスク商人がツイッターで話題についてのまとめ

一番心配したのは、上記のツイッターにも書いてある事でした。
あまりアコギなことして稼ごうとすると、とんでもない輩に漬け込まれるかと…当然の報いなのですが…。

違法薬物にまで手を染めているとなると、穏やかではないですね。
これでは当局も黙って見ていてはくれないでしょう。

 

これから、日本も失業者が巷に溢れ、どん底で不景気な世の中になります。
治安が極端に悪化した時、食い詰めた人間がどんな事をして糊口をしのごうかと思うでしょうか。

 

誰でも手っ取り早く稼ごうとするでは…。
いくら日本人が大人しいと言っても飢え死にするとなれば、どんな手段に出るか…想像するのが怖いです。

 

襲われて、警察に駆け込むしか方法がなくなるかも知れませんよ。
誰も助けてくれないです。自業自得ですから。

 

もちろん、同情されもしないでしょう。
コロナは怖いですが、人心のすさみもそれ以上に怖いです。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.