茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

野田聖子の夫は「元暴力団員」と高裁も認定!最高裁まで争う…だから議員辞職しない!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

凄い事実が高裁で認定されましたね。知る人ぞ知る。前々から危惧されていた事らしいのですが、どう切り抜ける積りなのでしょうか。岸田首相!野田氏は現政権で大臣をなさっておいでなのですよ。一体、任命責任はどうなる?

野田聖子内閣府特命担当相の夫が、名誉を傷つけられたとして、「週刊新潮」を発行する新潮社に損害賠償を求めていた裁判で12月23日、東京高裁(岩井伸晃裁判長)は、請求を棄却。

現職の大臣の夫が元暴力団員であるという週刊新潮の記事内容を「真実である」と認めたのですから、これはかなり衝撃的な話ですね。元反社の夫を持つ配偶者が総裁選に立候補!そして、首尾よく総理大臣になったら…ゾッとする?極道の妻たち?…実写版!

Sponsored Link
 

野田聖子の夫は「元暴力団員」と高裁も認定!

これはかなり凄い事実が裁判所で認定されたなぁ~としか、もう滅茶苦茶な自民党ですね。自浄作用はまったく欠如。安倍元首相などは国会で118回もウソをついたとか、手の施しようがないとしか。この親分にして、この子分ありか!…もう極道の世界?自民党は…。

問題となった週刊新潮の特集記事:2018年8月2日号「『女性総理』の夢を壊した『野田聖子』総務相の『元反社夫』」は、野田氏の夫・文信氏が元暴力団員である旨を報じていた。これに対し、文信氏は記事によって名誉を毀損されたとして、新潮社に対し1100万円の損害賠償を求め東京地裁に訴えていた。

ことの発端は、18年7月にまで遡る。当時の安倍政権で総務大臣を務めていた野田氏の秘書が、文信氏と懇意にしていた仮想通貨事業者を同席させ、金融庁の担当者を事務所に呼びつけ“圧力”をかけたのではないかとの疑惑を朝日新聞(7月19日付)が報じたのだ。

釈明に追われた野田氏は、“金融庁に一般的な説明をしてもらっただけ”“圧力ではない”と弁明。この出来事を、本誌は前述の特集記事として報じた。“金融庁への圧力”の背景には文信氏の存在があると指摘し、暴力団に所属する構成員であったという経歴を明かした。この記事が“事実無根”だとして文信氏は提訴に踏み切ったのである。

そして今年4月、一審の東京地裁は、本誌記事で彼の名誉は毀損されていないとした上で、判決文では文信氏の経歴についてこう書いた。 〈原告が指定暴力団・会津小鉄会の昌山(まさやま)組に所属していた元暴力団員であるとの事実の重要な部分は、真実であると認められる〉

最高裁まで争う…だから議員辞職はしない!~という論法かな?

約10年間も会津小鉄会・昌山組の組員として活動していたのに…凄いしらを切る。赤面の至り。

以下の様に、野田聖子氏はブログの中で「週刊新潮や文春」の記事を事実無根と決めつけているのですから、全然反省していませんよ。夫の脅迫行為に加担して圧力をかけた?…としか言いようがありませんね。どうするんでしょうか?この後、自民党員は絶対に悪い事をしてもしらを切り通す!

立派な事をしているようですが、裏では何をしているのか?分かったもんじゃないかと…。

 

ヒメコミュ:ブログ

Abemaブログ:2021.9.10. 息子 真輝を守るため

9月16日号の「週刊文春」に「野田聖子のウソを暴く『夫は元暴力団員』警察庁文書」、同日号の「週刊新潮」に「『野田聖子』夫は『元暴力団員』」という記事が掲載されました。いずれも私の配偶者が暴力団に所属していたと指摘する内容ですが、事実無根です。

妻が夫の無実を信じるのは勝手です。が、大臣の特権を乱用して仮想通貨の認定を容易に図ろうとしたのでは議員を辞職するしかありませんね。しかし、最高裁の判決が出るまではしらを切り通す。でも、最高裁判決後はどうするのだろう?

文春オンライン

問題なのは、ツイッターでも指摘されていますが、現在は更生してカタギになっている。とか、反論しているのではなく事実無根と主張して、真っ向から週刊誌の記事を否定している所が大問題なのですね。ウソツキはどっちなのか!…という話です。済みませんと謝っても許される問題ではないのですが、高裁で「元暴力団員だった」と認定されても、しらを切る所が大問題なのですよ。

新潮側が申請した証人喚問(地裁の段階)では、野田聖子の旦那(木村文信こと帰化前の氏名は鄭文信、前科2犯)と親子の杯を交わしたという元昌山組の組長が証人として、出廷したそうです。

 

そして、文信に向かって「よう、久しぶりやなぁ~」「お前、よくこんな所へ出てこれるなぁ」と声をかけたそうです。文信は冷汗がでたかも知れませんね。

 

新潮の記者を挟んで並んでいた文信は元組長と一切目を合わそうとせず、一言も喋らなかったそうです。喋れるわけがありませんね。もっとも会いたくない人物が裁判所で証人として出廷してきたのですから、刑事ドラマさながらの笑える緊迫の場面だった様です。

 

高裁で新潮が勝訴できた決定的な証人だったようですね。文春はここまで決定的な証人を呼べずに敗訴したようです。しかし、見に行きたかったな。ここまで決定的な証拠を突き付けられたら、裁判所だって事実認定に躊躇しませんよ。最高裁でも同様の結果が出るでしょうね。

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

新潮側こそ、野田聖子の夫を名誉棄損で訴えれば良いと思います。

仮想通貨事業の認可なんか容易に下せませんよ。まして、ヤクザな男なんかに…

まとめ

マスコミが騒がないのが、ホントに不思議ですね。左翼も安倍元首相の言葉から指摘するのではなく、この辺りから突いて行けば良いと思うのですが、…なぜ、しない?謎です。

 

選択的夫婦別姓に賛成の様ですが、何か夫の過去を隠すために必要な制度なのかな?…なんて勘繰ってしまいました。

https://twitter.com/nippon_shintaro/status/1473968792158244869

最高裁まで粘っても何の得もないのですが、…最後の悪あがきまで諦めない。

政治倫理の腐敗は凄まじい限りですね。このまま自民党の腐敗政治が続くと、本当に日本の国が完全にダメになってしまう危険性が大。…それなのに、なぜ、自民党に勝たせるのか。日本国民に問いたい。

 

なぜ、不思議です。野党がだらしないのが決定的な原因だとしても、自民党に安定多数を与えては絶対にダメでしょう。悪くなる事はあっても絶対に良くはならないかと…。ダメでも拮抗させないと。

 

来年の参院選に期待したいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2021 All Rights Reserved.