茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

賽銭泥棒に火事場泥棒、そして拳銃自殺と…警察官が病んでいる?大丈夫か?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

今日のニュースを見ていたら気になる事件が立て続けにありましたね。いずれも警察官の事件です。10年間小遣いが貰えず、賽銭泥棒をした三重県の警察官。何とも情けなく、これはまだ笑えますが、火事の検証に行った鑑識課員が火事場から焼けたお札、35万円を盗んだという事件。これは、もう笑えません。世も末です。そして、とどめは東京・練馬では交番で警察官が拳銃自殺と…これは不祥事というより警察官が病んでいるのでは?…という印象が。このままで大丈夫なのか?警察には何か特有な闇でもあるのか、ちょっと気になり調査を…。

Sponsored Link
 

賽銭泥棒に火事場泥棒、

神社の賽銭を盗んだとして三重県警は40代の巡査部長を書類送検し、10日付けで停職の懲戒処分に。調べに対し「タバコやコーヒーなどを買う金が欲しかった」と話しているということです。書類送検されたのは、三重県警名張署の42歳の男性巡査部長で、ことし3月菰野町内の神社の賽銭箱から現金約200円を盗んだ疑いです。しかし、みみっちいなぁ~、200円か。

同情する声も多々ありましたが、どういう経緯で10年間も小遣いなしになったのか。ギャンブルに嵌ったのか、浮気性だったのか。詳細が分からないので断定はできません。悪妻だと決めつけるのは早計かもしれません。

 

巡査部長は、ピッキングの道具も所持していて「職場で南京錠を開けた際に達成感があった」と話しているということですから、ちょっと性格的には窃盗癖が疑われますね。元々、警察官などには向いていなかったとしか…。

 

三ヶ月の停職という懲戒処分で済んだのは幸いです。懲戒免職じゃ退職金も出ませんから…。依願退職が正解です。第二の人生は鍵屋さん?大丈夫かな?

 

次、火事場泥棒の件!

「火事場泥棒」とは、火災が発生している現場から、その混乱に乗じて、盗みを働く者のこと。人の弱みにつけこむ許せない行為だが、その「火事場泥棒」が警察官だったという、信じがたい不祥事が千葉県で発覚。ー 前代未聞 ー

千葉県警の巡査部長・御園生貴史(みそのう・たかし39)容疑者は、20年9月6日、鎌ケ谷市で起きた住宅火災の焼け跡から、現金35万8000円を盗んだ疑いで逮捕された。当時、御園生容疑者は、鎌ケ谷署の鑑識課に所属。同僚4人とともに、実況見分を行っていたという。

鑑識課員としての能力を買われたのか、この事件後、県警本部の鑑識課に異動になっていたというが、発覚の経緯にも驚き。別の「盗撮」事件で捜査の対象となっていたというから二度ビックリ!

千葉県警は、捜査の過程で、八千代市の御園生容疑者宅を家宅捜索。その際、捜査員が、寝室クローゼットの中から、現金35万8000円を発見したとのこと。紙幣はポリ袋に入れられ、一部が焼けていたそうだ。

 

その場で問いただしたところ、御園生容疑者は、観念したのか、「出来心で持ってきてしまった」と白状したという。「生活の足しにしたかった」というが、出来心というのは嘘でしょうね。盗撮事件の捜査で、三度目の驚きが発覚するかも知れません。

 

そして、拳銃自殺!…これはもう不祥事というより、ホント警察官は大丈夫か?

メンタルヘルスケアが必要なのかも…死ぬ前に退職するとか、病院にはいるとか。なぜ、できない?相談相手もいないのか。拳銃自殺した警察官はかなりの数に上るのではないか。

警察の闇…嫌味ではなく、何か緊急な対策が必要と思われます。

しかし、拳銃自殺できてイイな…とは!世の中も相当に病んでいる?…安楽死マシンに至ると…人の心がないのか!としか言えない。自殺した人を侮辱しているとしか思えない。

声がない。いくら規範を設けても限界があるとしか…

https://twitter.com/product1954/status/1469530680594157569

やはり、隠蔽体質に問題ありか?…

ツイッターの声・反応

警察官が病んでいる?いや、警察組織そのものが病んでいる?

国民からの信頼が薄れる訳です。火事場泥棒だけはいただけません。そして、盗撮とは!

「35万円」って札束見たら欲しくなるかも?…でも、衆人環視の中というか、他の捜査員の目が…どうなっているの?日本の警察は本当に大丈夫?

遺憾というのはイカンです。遺族にも気の毒です。署長さん!言葉を選びましょう。自分自身の能力不足、指導力の至らなささを恥じるべきかと。政治家が反省せずに使う言葉と同じではダメ!

Sponsored Link
 

まとめ

断定はできませんが、警察組織そのものに隠蔽体質があるとしか…。

自殺した警察官には、言いたいことが山ほどあったのではないでしょうか。なぜ、救ってあげられなかったのか。パワハラでもあったのか。分かりませんが…。闇は深いとしか…言い様がない。

このままでは警察官の拳銃自殺は防げないと思います。多発しない事を祈ります。職場の医者=産業医ですか?早急に必要じゃないですかね。職場にいるというのを聞いたことがない。

 

次は、神奈川県警で何かが起きる気がしています。小室佳代を逮捕すらできない県警ですから、何かあっても不思議はありません。断言できます。安倍晋三の長期政権が続き、警察組織は完全に権力に忖度する機関になり下がっています。

 

伊藤詩織さんを強姦した山口敬之を逮捕直前で中止させた中村格が警察庁のトップになるぐらいに警察組織は腐れ切っていますよ。今は、日大のドン、田中英寿を逮捕した検察に期待するしかありません。情けない限りです。

 

言論の自由があるだけ中国や北朝鮮よりはマシかもしれませんが、まじめに生活している人間がまったく報われない国では、やはり救いようがないです。革命を起こすしかないじゃありませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2021 All Rights Reserved.