茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

小泉セクシー大臣がレジ袋の次はマグロ電気と…!一族郎党みな太陽光の摩訶不思議?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

小泉セクシー大臣の迷言集にまた新たな勲章が加わったようですね。今度は「マグロ電気」なる奇妙奇天烈・トンチンカンな発言が…。自民党の総裁選が宴たけなわの頃、後押しをする積りで発言したのでしょうか。おかげでお仲間の河野太郎氏は見事に落選。自民党員ではないけれど、ホント岸田さんに決まって良かった。河野と進次郎では日本が滅ぶ!これ間違いなく…断言できるかと。

Sponsored Link
 

小泉セクシー大臣がレジ袋削減の次は「マグロ電気」と又、迷言を…!

どこでこんな珍妙なる発言をセクシー大臣が放ったか?…と言うと、ですね。以下…。

経済産業省が今夏に発表したエネルギー基本計画によると、2030年度までに再生可能エネルギーの電源構成比率を36〜38%にまで引き上げる方針だ。しかし、これに異を唱えたのが自民党総裁選に立候補した高市早苗氏。9月13日に出演した番組で、「(このままでは)日本の産業は成り立たない」として、見直す意向を示した。

高市氏を推す安倍晋三なる雄が跳梁跋扈する院政政治こそ、断固糾弾されるべきなのですが…。

すると小泉進次郎環境相が、その後の会見で「再生可能エネルギー最優先の原則をひっくり返すのであれば全力で戦っていかなければならない」と対決姿勢をあらわに。総裁選で高市氏のライバルとなる河野太郎氏を支持しているだけに、対立構図をより鮮明にした形だ。

河野一族の経営する「日本端子」がヤバいとの噂なのですが…中国利権・太陽光発電は別途にて。

以前より何かと“ポエム発言”で注目を集めてきた小泉環境相が9月25日、ラジオ特別番組「一緒にアクション!SDGs」(ニッポン放送)にゲスト出演して持論を展開。「マグロ電気」というパワーワードを披露して、共演者が「ん?」と言葉を失う一幕があった。

マグロ電気!?…持論を展開するのは自由なんですが、もう少し考えてから発言しては?

同じくゲストで横須賀出身の天達武史気象予報士が昨今の異常気象について、「スーパー台風」のリスクが高まっている現状を伝え、「氷の結晶を台風の目に向かって落とす」「先に雨を降らせる」ことで台風被害を軽減する計画を紹介した。

ここまでは普通ですかね。

するとパーソナリティの羽田美智子が「台風のエネルギーを違うエネルギーに変えることはできないのかなって」と素朴な質問を投げかけると、小泉環境相が台風の風でも活用可能な「羽のない風力発電」や「波の力を使った波力発電」の開発が進んでいると明かした。

その流れで、小泉環境相は地元・神奈川県のマグロ漁の会社が行っている取り組みを紹介した。「マグロって遠くまで船で油を使って漁に出て、獲ったマグロを大量の電気を使って冷凍する。ものすごいエネルギーを使っているから『このままじゃ良くない』と言って会社の上に太陽光パネルを置いて、マグロ電気っていう」

この「マグロ電気」というワードに羽田美智子は「ん?」と反応。小泉環境相は間を置かずに、「マグロ屋さんで再生可能エネルギーを生みます、と。それでマグロ電気っていう形でがんばって、少しでも環境に負荷の低い形でマグロを消費者に届けようっていう取り組みも始まったんですね」と述べ、マグロ電気を一般家庭でも買えるか、という羽田美智子の質問には「これからですね」と答えた。

一族郎党みな太陽光発電の摩訶不思議?

「インパクトのあるフレーズで世間の関心を惹くのは小泉環境相の常とう手段。『マグロ電気』と聞くと、まるでマグロが発電しているかのように聞こえますが、実際は太陽光発電。

昨年7月にレジ袋有料化がスタートする際には、世間の反感もあったものの、今ではすっかりエコバッグが当たり前の時代になり、小泉環境相も鼻高々の様子。すでに自宅の電気は再生可能エネルギーに契約変更しているそうで、エネルギー政策にも力を入れていくでしょう」(政治部記者)

次期環境大臣に期待しましょう。ホント、進次郎が消えて良かった。このまま大臣をやらせていたら世界中から笑いの殿堂・ネタにされるだけでなく日本消滅の危機。太郎ドンと心中は正しい。

「石川や浜の真砂は尽きるとも 世に盗人の種は尽くまじ」。大盗賊、石川五右衛門の辞世の句だという。たしかに、盗人の種は尽きない。現代では、お金の借り手と貸し手をつなぐソーシャルレンディングが新しい犯罪の舞台になった。太陽光発電を掲げて、うその説明で投資家からお金を集めていた(株)テクノシステムの経営陣が逮捕された。その手口は、政治家を利用する詐欺師の常套手段だった。

東京地検特捜部は4月27日、太陽光発電関連会社、(株)テクノシステム(本社・横浜市西区、以下、テクノ社)の社長・生田尚之容疑者(47)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。他に逮捕されたのは、専務取締役・小林広容疑者(60)と専務執行役員・近藤克朋容疑者(53)。

 

「自然エネルギーには夢と希望がある」…長男の孝太郎がテクノ社CMの広告塔!

小泉純一郎元首相とテクノ社の生田社長の記事広告が、昨年8月24日と同9月4日の日本経済新聞に掲載された。小泉元首相といえば、筋金入りの「反原発」論者也。

 

自然エネルギーへの取り組み熱く語る生田氏に対し、小泉氏は、「すごいな、生田君の仕事は夢がある。私は、日本は世界最先端の自然エルギー大国になれると信じている。自然を我々の生活に生かす。その実現に向けて、ぜひこれからも頑張ってほしい」(2020年9月4日付)と手放しでの持ち上げ様。

 

親子そろって、皆ヤバいです。次男の進次郎セクシー大臣は、30年までに日本の総発電量に占める再生可能エネルギー比率を40%に高めると宣言したばかり。太陽光発電のテクノ社にしてみれば、小泉家は広告塔にうってつけだったという訳でして…。辞めて良かった!

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

我らがセクシー大臣!

ここはまだ確認していません。もう必要もないかな?

まとめ

このままできれば消えて欲しい。既得権打破などと威勢のいい事をいう奴らに限って、新しい既得権の親玉に収まっている。もう自民党と公明以外なら何でもいいのでは?…と思う。

日本は共産主義化などしないのだから怖がることはない。野党連合で何が出来るか。もう一度、いや何度でもやらせた方が良い。自民党を下野させないと、このまま日本は滅んでしまう。呆れて声も出ない。

言わせろ!吠えさせろ!周りは皆、無視を決め込む…か。マグロ電気と言うパワーワードやセクシー発言から、小泉ジュニアは鳩山元総理並みの人材なのかもしれないという意見もありました。

小泉進次郎「レジ袋有料化の次はマグロ電気!!!」→「ん?」→「マグロ屋さんで再生可能エネルギーを生みます」➡大概にしろ!!ばかめ!学歴ロンダリング…の…例えようがない。

いいやなぁ~!バカでも大臣が出来る日本という国は!…素晴らしい。いやいや…

やはり忘れてはならないか。歴史は繰り返す。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2021 All Rights Reserved.