茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

突撃系YouTuber猪原直樹が被告宅へ住居侵入で逮捕!他にはどんな迷惑行為を?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

神戸市須磨区の教員いじめ事件の加害者の元教諭宅に侵入したとして、須磨署は8日、大阪市西成区転嫁茶屋3,自称フリーターでYouTuberの猪原直樹(いのはら なおき:36歳)を住居侵入容疑で逮捕しました。また1人、迷惑行為を繰り返していたユーチューバーが警察の逆鱗に触れ、あっけなく逮捕された次第です。「警察には捕まりません」と豪語していた猪原容疑者でしたが、日本の警察はそう甘くはなかったということ。猪原容疑者とはどんな人物なのか、顔画像や年齢、勤務先などをちょっと調査してみました。

Sponsored Link
 

突撃系YouTuber猪原直樹が被告宅へ住居侵入で逮捕!

猪原容疑者は、ユーチューブ(現在は削除)のコメント欄で、「捕まる前に撤退しますので、ご心配には及びません」と再三にわたって豪語していたそうですが…すべての努力は水泡に帰した様。

 

兵庫県警関係者によると、猪原容疑者はフリーターを自称しているが、実際にはアルバイトもせず無職に近かったそうで、ユーチューバーとしては2016年、アイドルを応援するチャンネルで活動を開始。乃木坂46、欅坂46(現櫻坂46)といった坂道系を追い求めるオタク活動が中心だったというのですが…

 

その後にゲーム実況チャンネルもつくっているが、どれも広告収入を得られるほどの成果にならず、19年に始めたのがこの突撃チャンネルだったということです。

 

逮捕容疑は2020年11月8日、神戸市須磨区の市立東須磨小の教諭だった男性宅敷地内に侵入したとしているが、同署によると「インタビューしたいと思った」と供述しているとか。猪原容疑者は男性宅のインターホンを押し、庭に入って男性に呼びかける場面をビデオカメラで撮影。

 

自身のユーチューブチャンネル「突撃体験ナオキアンビリーバボー」に投稿。県警が視聴者からの情報提供を受けて投稿者を調べ、猪原容疑者の関与が浮上した次第。教員いじめ事件は19年10月に発覚。

 

男性教諭へのいじめで元教諭らが市教委の懲戒処分を受けたが、ネット上では加害者への過激なバッシングに発展していた。猪原容疑者は、いじめの加害者だった別の元教諭宅にも「突撃」していたとみられ、同署はパソコンやカメラを押収して調べている。まだまだ余罪が出てきそうな気配。

Sponsored Link
 

第二のへずまりゅう?又はその弟子?…警察の見解は?

別の警察関係者は、こうした過激化するユーチューバーを「見逃すつもりはない」と話しているそうです。

「あの連中がやっとるのは正義でも何でもない。弱い立場の人間を虐げてその様子を面白がるか、叩いてもよさそうな奴を見つけて吊し上げてるだけで世の迷惑や。犯罪行為まで平気でするような奴らをのさばらしといたらあかん」

正論ですね。YouTubeをみた視聴者からの指摘で、いづれこうした犯罪行為が暴かれるのは時間の問題です。何しろ、証拠の動画が現に存在しているのですから、言い逃れる術がありません。

 

自業自得です。同情する人などほとんどいないのでは!…と思われます。しかし、犯罪行為になる様な突撃系や迷惑系の極端なYouTubeは論外としても、もっと晒されても良い?…のでは!…。

 

などと思ってしまう不愉快な人物らが多くいるのは確かなようです。例えば…いや、やめときます。

他にはどんな迷惑行為を?

直近では、小室圭さんや、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)罪に問われている飯塚幸三被告の自宅に押しかけたとする動画を撮影し、投稿していたそうです。

 

インターホン越しに罵倒(ばとう)したり、「直接乗り込んでやるよ」と脅迫じみた言葉とともにオートロックをすり抜けてマンションの敷地内に無断侵入し、玄関ドアの開錠を試みたりする動画も見つかっているというのですが…。

 

「加害者さらして稼ぐ」…猪原容疑者は16年にユーチューブ活動を始め、当初はアイドルグループを応援するチャンネルを運営。プロフィール欄には「アラサー坂道アイドルヲタおじさんの活動日記です」と書かれていた。

 

しかし、チャンネル登録者数は500人ほど。17年にはゲーム実況チャンネルも開設。19年に「突撃系」のチャンネルを始め、渦中の人物の自宅などに押しかける動画を投稿するように。

 

当初は「激辛カレー」で「FC契約解除されたコンビニ店へいってみた」と話題となった食べ物、場所のリポートだったが、木下優樹菜で話題になったタピオカ店、事件現場、池袋暴走事故を起こした〝上級国民〟の自宅などを訪れるように…。

 

「加害者さらして稼ぐ」と公言しており、広告収入が目的とみられ…こちらの登録者は約6000人。同じような突撃系・迷惑系YouTubeを真似して投稿し、今『ヤバい』と震え上がっている自称ユーチューバーはまだまだいる?

 

思い起こせば、墓地で卒塔婆(そとば)を振り回すなどしたとして、山口県警防府署は2020年12月3日日、ユーチューバーの川西康司(こうじ)容疑者(28)を礼拝所不敬容疑という珍しい罪で逮捕したという事件が、まだ記憶に新しい。

視聴を稼ぐために、こうした常軌を逸した行動を繰り返していれば、いつか天罰が下るかと…もって他山の石となす…とはならなかった。警察も叩きやすい奴は良く叩くんですよ。これでもかというぐらいに…。用心しましょう。

ツイッターの声・反応

https://twitter.com/CHAPEP_Z/status/1358792080693153798

無事逮捕!…というタイトルがいいですね。ということは皆が待ち望んでいた?

オタク活動ぐらいで終わっていればよかったのに、取り返しのつかない愚行を…犯罪を!あ~

Sponsored Link
 

突撃系YouTuber猪原直樹が被告宅の住居侵入で逮捕!他には…まとめ

しかし、いじめ事件で当の本人・被告がもう住んでいない住宅に押しかけて喚き散らすとは…いかにも間が抜けていて、救いがたい。

 

へずまりゅうの様に心を入れ替えて更生中だというのに、子供らに居場所を特定され、まだ晒し者にされているという惨めさを良~く噛みしめた方がいいのではないかと…。

 

YouTuberはもうレッドオーシャンですから、これも良~く考えてブルーオーシャンを探すという地道な戦略を練った方が間違いないかと。二番煎じで食べていけるほど世の中は甘くない。

 

世の中は三日見ぬ間の桜かな!というぐらいテンポが速いのです。今度は自分の顔や姿がさらされて街中を歩けなくなるという因果応報に陥る。でも、飯塚幸三宅突撃!…う~ん、やはり許されない。

 

小室圭宅侵入!➡しかし、どんな因果応報がこの被害者親子に下るのか?けだし見もの!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2021 All Rights Reserved.