茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

7/24日の全国一斉花火プロジェクト〜はじまりの花火〜東京の会場はどこか予測!?

2020/07/25
 
この記事を書いている人 - WRITER -

7月24日(祝日)、本来であれば、今日は「東京オリンピック2020」の開会式が実施され、世界中から一流のアスリートが東京に集い、華々しいスポーツの祭典が幕開けとなるはずでした。
しかし、残念ながら新型コロナ感染拡大の影響で、来夏までオリンピックは延期となりました。
そこで、公益社団法人青年会議所(JCI)では~「あたらしい⽇本がはじめる⽇」~と位置づけ、開会式に代わって人々を励まし、新たなスタートを切るための~「はじまりの合図」~になるようにと、全国一斉花火プロジェクトの実施を決めました。
47都道府県で一斉に花火の打ち上げを行い、3密を避けるために、実施場所は非公表。
全国約120カ所にて、20時から約1分半の打ち上げが予定されています。
東京の会場はどこになるのか、予想してみました。

Sponsored Link
 

7/24日の全国一斉花火プロジェクト〜はじまりの花火

今時、大胆で前向きな発言だなぁ~と妙に感心させられました。武山祐樹氏の言…。

同プロジェクトの実行委員長であり、東北地区の常任理事を務めるJCI仙台の武山祐樹氏は「新型コロナウイルス感染症によって、日本中が生活や仕事に困窮し、イベントや事業も軒並み中止・延期となりました。このコロナ禍という状況が今後も続く中で、私たちのライフスタイルも否応なく大きく変化することが求められています」と話しています。

「禍を転じて福と為す」を地で行くような企画ですね。飾ったり装ったりすることなく、ありのままの姿を体現しながら、見事にコロナ禍後の世界のあるべき姿を表現しているかと…。

武山祐樹:FaceBook

40代の司法書士さんでしたか。やはり、発想は若くないとダメですね。
GoToトラベルを強引に推し進めた長老たちは、皆60代~80代…?

 

コロナで鬼籍に入る(いる)べき人間達かと…。

 

国民に自殺行為を強いるようなものですよ。
「爪の垢を煎じて飲む」で頂きたい。

「来年に延期されたオリンピック・パラリンピックや、コロナ禍での新しいライフスタイル・活動に向かって、日本中がポジティブな気持ちを持って、一歩を踏み出す切っ掛けとなる事業を行う必要があると考え、本事業の立案に至りました」と、同プロジェクトの背景を力強く語っています。

「全国一斉花火プロジェクト〜はじまりの花火〜」は、全国47ブロック協議会、全国各地のJCI、日本JCシニア・クラブ、全国の花火業者が連携して行う、大規模なプロジェクト。約120カ所で同日同時刻に花火を打ち上げるという、過去に類を見ない試みとなるが「チーム全体の士気も高まっている」と武山さんは話す。

今年は、ほとんどの花火大会が中止・延期に追いやられ、花火業界全体が苦境に立たされています。そんな中で行われる同プロジェクトには、各地のJC現役会員・OBの花火事業者が中心となり、47都道府県それぞれの地域で活動する業者が参加しています。

 

心意気や意気込みが伝わってくるかのようです。3密(密閉、密集、密接)を避けて、マスク着用の上、ソーシャルディスタンスの確保、咳エチケットの遵守を心がけて、こそっと出かけたいものです。

詳細情報

■「全国一斉花火プロジェクト〜はじまりの花火〜」
開催日時:7月24日(金・祝)20時頃※約1分半の打ち上げを予定、雨天・荒天時は中止の場合あり
開催場所:全国47都道府県各所(各都道府県で1~2カ所を予定)予定

■JCI日本公式HP:http://www.jaycee.or.jp/

花火大会2020

東京の会場はどこか予測!?

東京は3~4か所で花火が打ち上げられるそうです。
外れたら、ご免なさいです。勘弁して下さい。予測は極めて適当です。

何しろ、場所は非公表なのですから…。

先ずは、
①お台場海浜公園
②神宮外苑
③明治神宮野球場
④墨田区の川開きと同じような感じで…

⑤隅田川→去年は95万人の人出、しかし、今年は中止と出ていましたから、あまり自信はありません。悪しからず…。

https://abema.tv/now-on-air/abema-news

他には、練馬区の豊島園辺りかと…この辺で止めておきます。
あまりいい加減な事を言って期待されても困りますから…適当に。

ツイッターの声・反応

Sponsored Link
 

7/24日の全国一斉花火プロジェクト〜はじまりの花火~まとめ

まぁ、せいぜい、近場の花火大会を見に行くぐらいで済ませ、遠出はしない方が賢明かと…。

 

GoToトラベルなんてキャンペーンにつられて遠出…しかたが最後ですよ。
出来れば、オンラインで済ますとか…味気なくても仕方がない。

 

後は、遠くから眺めるしかない…これが一番ですよ。
今年は、そんな年です。

 

2~3年は諦めるしかない…?
何しろ、政府が無為無策な上、利権がらみなのですから、自分の身は自分で守るしかない。

追伸

日本青年会議所が企画した花火大会でしたが、場所の予想は見事に外れました。
東京では多摩川で上がったようでしたが、全然わかりませんでした。(1分半では無理。)


来年こそ夏の夜空を彩る花火を見に行きたいです。
しかし、よほどの僥倖に恵まれない限り、来年の東京オリンピックは中止でしょう。

 

狙い目通りに日本を覆っている閉塞感が少しでも和らぎ、日本が新しく生まれ変わるきっかけになれば良いのですが…願いは叶わない…かと。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.