茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

ヤ軍・スタントンの筋肉が凄い!最高打球速度は何㎞?あわや田中将大の頭部を直撃で!

2020/07/06
 
この記事を書いている人 - WRITER -

動画を見ていた次の瞬間、思わず「アッ!」と叫んでしまいそうに…。

それほど凄い。スタントンが打ったピッチャー返しの打球が恐怖!軽く振りぬいたように見えるのですが凄い。

ピッチャーが打者に向かって勝負球を投げ終わった時、一瞬のスキができます。

自分の投げた球がストライクなのか、ボールなのか、ボールの行方を見定めにいってしまうからです。

しかし、勝負球なら無理はありません。

そこへ、このピッチャ返しの強烈な打球(テニスのサーブ並み!)、これじゃ避けようがない。

しかも、頭を直撃!田中将大選手は大丈夫だったみたいだけど…自力歩行していたから…。

これは怖いですよ。MLBキャンプ再開の初日だって!…田中将、よくよくついてない。

Sponsored Link
 

ヤンキース軍・スタントンの筋肉が凄い!最高打球速度は何㎞?…テニスのサーブ並みで199㎞超え!

とにかく、筋肉が凄い!2007年にマリーンズ入団後、2010年メジャー昇格、そして2017年ヤンキースに移籍。

マーリンズ時代の2017年には59本塁打を放ち、132打点で2冠に輝いたヤンキース軍のジャンカルロ・スタントン(30歳)

右投げ・右打ち・身長198cm・体重110㎏、が放った主砲級のピッチャ返しの打球が、とてつもなく凄かった。

2017年オフの話題をさらってマーリンズからヤンキースに3:1でトレード移籍したジャンカルロ・スタントン外野手。

米誌で鋼のような肉体を披露して話題ともなりましたが、MLB公式サイトが撮影風景の動画を公開しています。まずはご注目あれ!

MLB公式が公開したスタントンの凄すぎる筋肉!逞し過ぎるかと。

こんな体格の持ち主が放つピッチャ返しの打球の速さは、まず半端じゃないでしょうね。

フルスイングされた球が顔面にいきなり来たら…これは、もう恐怖以外の何物でもないかと…!

 

2017年のオフにヤンキースに移籍し、

1年目こそ38本塁打を放ったが、昨季は度重なる故障に苦しみ、わずか18試合出場で3本塁打に終わりましたが…。

やはり只者ではなかった。しかし、こんなことで話題になるなんて、とても残念です。

https://twitter.com/Giancarlo818/status/1270186177757188097

10年前の2010年5月の試合では、推定飛距離500-550フィート(約152.4-167.6メートル)の本塁打を放っているほどの怪物君。

スタントンの持つパワーは弱冠20歳にして既に抜きんでたものとなっていて、この男のパワーはとにかく並大抵ではないらしい。

こんな男の打撃を田中選手も練習で頭部を直撃…食らうなんて!ホントついていない、可哀そうに。

でも、これじゃよけようがないですよ。しかも、フルスィングじゃない。

当ててるだけで、アッと思った次の瞬間、打球がもう頭に来ている。

 

規格外のパワーを持つMLBを代表する大砲。

2015年以降の最高打球速度は123.9mph(約199km/h)→これはテニスのサーブ並み!

平均打球速度も97mph(約156km/h)となっており、MLBでもトップクラスの速さとなっているそうです

 

三振も多いが、変化球に対する間の取り方が上手く、失投を待ってスタンドに叩き込むパワーがあるのです。

2014年には37本塁打を放って自身初の本塁打王を獲得していますが、単にホームランを量産するだけでなく、飛距離のある特大の一発をよく放つ。要するに、いきなり観客の度肝を抜く超ド級のホームランを打つバッターなのです。

 

こんな男に、MLBキャンプが再開された初日にピッチャー返しの打球を、しかも頭部に直撃弾を食らうなんて!

田中将大も、よくよくついてない。

メジャーに行って、これでピッチャー返しの打球を何回、体に食らったのだろうか?

でも、頭部は初めてか?頑張れ!田中よ!ひるむな!

あわや田中将大の頭部を直撃で注目!

キャンプでの投球練習中に打球が頭部を直撃し、マウンドに横たわるヤンキースの田中(右)=4日

本拠地で再開したヤンキースのキャンプ初日に、田中がアクシデントに遭った。主力打者相手の投球練習で、この日の16球目をスタントンが打ち返し、ライナーが頭を直撃。田中は両腕で頭部を覆い、そのままマウンドに倒れた。スタントンも打席で頭を抱えて座り込み、ショックを隠せない様子。和やかな雰囲気が一変し、球場が静まり返った。  幸いにも病院でのCT検査で異常なしと診断され、田中は「患部に痛みはあるが、それ以外は元気」とツイート。

大リーグは投球練習でピッチャーを守るネットを立てないのですね。

日本の様にやればいいのに…。

投手防球ネット

打者はヘルメットをしたり、それもフェースガード付きだったりと、何かと守られているのに…これではピッチャーがとても危険です。

 

スタントだって、2014年11月の顔面直撃死球により負傷した患部を守るため、2015年シーズン以降はフェースガード付きヘルメットでプレーしているぐらいですから、いささか不公平かと…。

彼は守備も強肩で、守備範囲も平均以上のレベルを誇っています。
この大砲は、名門を2009年以来のワールドシリーズ制覇に導くことが求められていますが、今年は期待に応えられるのでしょうか。

ツイッターの声・反応

https://twitter.com/TeamUehara/status/1279551506610601984

https://twitter.com/BrandonGuzio/status/1279500601404071936

Sponsored Link
 

ヤ軍・スタントンの筋肉が凄い!最高打球速度は?~まとめ

日米で野球が再開され、これから楽しみと思っていたら、これですからね。

 

わざとやっちゃた訳ではないので、当てた方もちょっとへこむでしょうね。

やはり、投球練習の時はピッチャーの前に「防球ネット」を立てるべきです。

 

これがあるのと、ないのとでは危険度が断然違いますよ。

なぜ、アメリカでは採用しなのでしょうか。不思議ですね。

 

大した費用ではないのに…。

田中選手に恐怖感が残らねば良いのですが…頭だけに、今は何ともなくとも後が怖い。

しばらく安静にしていた方が…。しかし、この男!

年俸たくさん貰っている割には故障が多いかと…。

筋トレのやりすぎでは…?

 

パワーだけでなく、もう少し柔軟性を身につけないと、歳と共に故障が多くなってしまうのではないかと…?

少しは肩から力を抜けばいいのに、こんな恵まれた体をしていれば、フルスィングしなくとも、ハーフスィングでもホームランが打てると思うのですが…。しかし、やはり、超ド級のホームランが打ちたいのか?

 

普通にスピードだけで勝負できるはずだけど…。

マイク・タイソンはパンチも体重もヘビー級でパワーにあふれていたけど、スピードがフライ級以上だった!

 

フットワークも独特だったし…関係ないか!?

大谷翔平!こういう男をねじ伏せろ!

 

二刀流復活で、乗り越えろ!

君ならやれる。きっと勝てる!

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.