丸佳浩が巨人へ移籍を決断!やっぱり金か?広島ファンが泣いてるぞ

   

 

プロ野球広島から国内フリーエージェント(FA)宣言した丸佳浩外野手(29)が巨人へ移籍を決断した事が、30日、関係者の取材で分かった。

 

Sponsored Link
 

丸佳浩選手の決断~やっぱり巨人か!金か?

 

2年連続でセ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた丸は、広島から4年連続総額17億円とみられる条件で残留を望まれたが、原辰徳監督も同席して交渉を行った巨人の強い熱意に応じた形で決着した。

 

報じられている条件は破格で、巨人は5年契約で総額35億円、ロッテは6年30億円を提示したといわれる。やっぱり金か!丸よ、広島のファンは泣いてるぞ。

 

広島カープにとっては、金本知憲氏や新井貴浩氏以来となる生え抜きの長距離砲。そんな「カープの顔」が流出することにファンは強い危機感を抱いており、「出て行かないでほしい」と祈るように状況を見守っていた。

 

去就が注目されるなか、結局、丸選手が選んだ球団は巨人。30日、広島の本拠地マツダスタジアムで「野球人として環境を変えて一から勝負したかった」などと理由を説明し、移籍を表明したのだった。

 

4年連続で優勝を逃した巨人には朗報だが、広島とロッテはまさに悲報である。とくに大きな戦力を削がれ、同一リーグの敵となってしまったカープファンには、大きな動揺と衝撃を与えている様だ。大リーグに行くなら、ともかくだけど巨人じゃなぁ・・・嘆きは分かる。

 

一部カープファンから猛烈な怒りの声や、「悲しい」「仕方ないけどやりきれない」など、落胆者が続出している様だ。家族のためとか、色々言っていても結局、「金」か!熱烈なファンから見たら、そうとしか思えないだろうが、倍額の4億円だぞ!2億円じゃ、やはりやってられないよ。
誰だってそりゃ、条件の良い方に流れるに決まっている。

 

しかも、丸の妻は中学の同級生。
来年は小学校に上がる子もいるらしい。
所属球団をコロコロ変えるのには抵抗があったらしいが、やはり関東出身だし巨人に入ったのは正解だろう。

子供の頃から巨人ファンだったらしいし、特に松井秀喜のファンだった丸には憧れの球団だったはずだ。父親は阿部慎之助のファンだと言うし、無理はない。

 

丸選手のプロフィール

 

国籍  日本
出身地 千葉県勝浦市
生年月日 1989年4月11日(29歳)
身長177 cm
体重  90 kg
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手(主に中堅手)
プロ入り 2007年 高校生ドラフト3巡目
初出場 2010年9月12日
年俸 2億1,000万円(2018年)

タイトル 盗塁王 1回 (2013年)

最多安打 1回(2017年)

 

千葉経大付高から、2008年に高校生ドラフト3巡目で広島に入団し、走攻守3拍子そろった外野手として活躍。

11年目の今季はリーグ2位の39本塁打を放ち、最高出塁率のタイトルを獲得するなどして、チームを球団史上初のリーグ3連覇へ導いた。この選手の抜けた穴は、とてつもなく大きいだろう。

 

すぐには穴は埋められまい。自前の選手が育つまで時間がかかるはず。誰がすぐに埋められるだろうか?

 

年度別の成績を見ても分かる様に、年々成長していっている。

何処だって、獲得に動くに決まっている。

 

Sponsored Link
 

FAで巨人入りした選手は、これで26人目!

 

小笠原道大氏以来の大物ですね。確か小笠原選手も千葉県出身でした。FA制度が導入されてから巨人入りした選手が最も多い。以下の様・・・多種多彩!

 

26人は12球団トップ。以下、ソフトバンク(13人)阪神(11人)DeNA(9人)中日(7人)オリックス(6人)ヤクルト、楽天(4人=楽は浅村含む)西武、ロッテ(3人)日本ハム(2人)広島(0人)。

 

FAで巨人に移籍した選手は以下の通り。

93年 落合博満内野手(中日)

94年 川口和久投手(広島)

94年 広沢克己内野手(ヤクルト)

95年 河野博文投手(日本ハム)※川辺忠義

96年 清原和博内野手(西武)

99年 工藤公康投手(ダイエー)

99年 江藤智内野手(広島)

01年 前田幸長投手(中日)※平松一宏

05年 豊田清投手(西武)※江藤智

05年 野口茂樹投手(中日)※小田幸平

06年 小笠原道大内野手(日本ハム)

06年 門倉健投手(横浜)※工藤公康

09年 藤井秀悟投手(日本ハム)

96年 清原和博内野手(西武)

99年 工藤公康投手(ダイエー)

99年 江藤智内野手(広島)

99年 江藤智内野手(広島)

01年 前田幸長投手(中日)※平松一宏

05年 豊田清投手(西武)※江藤智

05年 野口茂樹投手(中日)※小田幸平

06年 小笠原道大内野手(日本ハム)

06年 門倉健投手(横浜)※工藤公康

09年 藤井秀悟投手(日本ハム)

11年 杉内俊哉投手(ソフトバンク)

11年 村田修一内野手(横浜)※藤井秀悟

13年 片岡治大内野手(西武)※脇谷亮太

13年 大竹寛投手(広島)※一岡竜司

14年 金城龍彦外野手(DeNA)

14年 相川亮二捕手(ヤクルト)※奥村展征

15年 脇谷亮太内野手(西武)

16年 山口俊投手(DeNA)※平良拳太郎

16年 陽岱鋼外野手(日本ハム)

16年 森福允彦投手(ソフトバンク)

17年 野上亮磨投手(西武)※高木勇人

18年 炭谷銀仁朗捕手(西武)

18年 丸佳浩外野手(広島) (※は人的補償選手)

 

これだけ、獲得して優勝出来ない巨人がおかしい。
何人が活躍出来ただろう?
よっぽどコーチが無能なのだとしか言い様がないな。

何しろ自前の選手を育てられないのだから・・・
今年も獲得(悪徳?)し過ぎてダメになる感じがするなぁ~~(笑)

丸選手も何年持つかな?今年がピークじゃないの?
後は下降線とか!・・・
とにかく選手獲得が場当たり的過ぎる。

長期的視野・大局的俯瞰なしの状態!
これじゃ、ダメでしょう!

 - 未分類 ,