茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

小林麻耶/グッとラック!降板の理由&いじめはあった?所属事務所と契約終了の訳?

2020/11/13
 
この記事を書いている人 - WRITER -

小林麻耶が突如、渦中の人になった感じですね。12日、TBSは「グッとラック!」(月~金曜午前8時)の木曜コメンテーターを務めるフリーアナウンサーの小林麻耶(41)の同番組降板を発表。「小林さんと番組との間で日程的に合わないことがあり…、番組を降板した」と説明しています。しかし、小林自身のYou Tubeでは「降板を通告された。いじめがあった」などと終始、笑顔で説明。両者の説明には明らかに隔たりがある。又この後、所属事務所の生島企画室の公式サイトには「2020年11月12日をもちまして、弊社所属小林麻耶とのマネジメント契約を終了することと致しました」とのコメントまで…一体、何があったのか。11月の月半ばに、降板と契約終了とはどうみても尋常ではありません。そこで、三者三様のコメントを調査してみました。

Sponsored Link
 

小林麻耶/グッとラック!降板の理由&いじめはあった?

小林麻耶はこの日、木曜レギュラーの「グッとラック!」生放送を欠席。同日早朝6時には自身のYouTubeチャンネルに動画をアップし、番組側から降板を通告されたことを明かしていたというので、さっそく「コバヤシテレビ局 」を検索して、調査開始。

聞き始めて、すぐ感じたのはつまらなさそうな動画だなぁ~ということ。スマホを片手に喋り出すのはいいけれど、まず聞き取れない、ボソボソ喋りだして10分後ぐらいに問題発言が、…

動画には「あきら。」の芸名でタレント活動する夫、國光吟(37)とともに登場。途中で「皆さまにご報告があります」と笑顔で切り出し、「きのう午前中に突然、番組の降板を言い渡されて、きょう番組に出演できないことになりました」と報告した。

番組を休んだ理由を上記のように「降板を言い渡された」…これは無断欠席ではない?

ロケすっぽかしの理由についても、

ファッションコーナーのスタッフさんからいじめを受けていまして、それに耐えられずに、今週の火曜日にあったロケに行かないと決断したんです。

しかし、終始笑顔というのが摩訶不思議というか、…違和感ばかりが漂って!本当のことをしゃべってない?笑いながら降板報告はないかと…。泣くのをこらえていた…?う~ん、分かりません。

いじめから守って下さらなかったイイオ社長、そして、番組降板を突然、言い渡し、今日、生出演をさせないという判断を下されましたマサキさん、ありがとうございました。

ホントのことなんですかね?「いじめがあった。降板を言い渡された」…などなど。

https://twitter.com/sss_star_star_/status/1326702316230119424

TBSは、どっちも否定していますが、今更「番組と日程的に合わなくなった」などと、今更こんな取って付けた様な理由を信じる人はいないでしょうね。さぁ~て、これだけの調査ではどちらの言い分が正しいのか、判断しかねますが…。

TBS関係者は「番組やファッションコーナーを担当しているスタッフたちの認識では、イジメなんてなかった。むしろ小林がワガママを言うことが多く、10日以前にもロケが成立しないことが何度かあり、問題になっていた」というのですが…。

今回の一件が表沙汰になる前にも、「事務所を辞める・辞めない」「番組を降板する・降板しない」で小林と事務所の間でもめており、番組降板となりかけたこともあったという。「『グッとラック!』のプロデューサーが事務所と小林の間に入って、円満に事が進むように骨を折っていました。一時は小林も態度を軟化させ、これまで通り番組を続けるということで話はまとまったはずなのですが、10日のドタキャンが決定打となりました」(制作会社関係者)

所属事務所と契約終了の訳?

生島企画室の生島ヒロシってTBS出身ですよね。そのTBSともめたら、かばって呉れる様な事務所とは思えませんね。大したタレントがいないのだから、TBSとのパイプは切れないでしょう。

生島企画室

慎重に協議を重ねてきたとありますが、今日の降板で今日の契約終了とのコメント発表では、あまりに急すぎてつじつまが合わないのでは?…それともホントに庇いきれなくなった?

 

やはり、まともな辞め方ではない!…相当な闇がある!?事務所側は12日の番組を無断欠席したのでマネジメント困難と判断したというのでしょうか。これは事実上のクビ!そうせざるを得なかったほどのことが積み重なった結果!…コメントからだけでは読み取れません。

ツイッターの声・反応

https://twitter.com/Performethods/status/1326696776502370304

https://twitter.com/8wbDQ1aR0p0PHaR/status/1326765338478981121

Sponsored Link
 

小林麻耶/グッとラック!降板の理由&いじめはあった?…まとめ

バイデンを批判し、トランプ支持を主張したのが降板理由。これを支持する説が一番多い。しかし、少々深読みしすぎの感じが…?また、いじめがあったとしてもそれだけで辞めますかね。いつからそんなにか弱い女性になったのか。

 

10月29日の放送回では、立川志らく(57)が「母親がいないとね、子どもにとっては不幸なこと」などと発言。これが降板理由とする説が二番目?あり得ない。

 

小林は「母親がいないと不幸だっていう風におっしゃったのは、私はそういう風に思いません」と反論。瞬く間にネットニュースなどで取り上げられ、議論を呼んでいたそうなのですが…。この時も目を潤ませていたとか…

 

その後、ブログで『覚悟を決めて言いました』と思いを説明。しかし、その想いとは裏腹に心無いコメントも寄せられていたのか、今月に入ってからコメント欄を閉鎖。このあたりの心境の変化というか、帰するものがあった…?

 

ですが、結果的に〝イジメ犯〟扱いされてしまったので、TBSの現場では『またか…』と怒りを通り越して呆れているらしい…局上層部はかなり怒っていて、今後、小林の起用NGは共通認識となっているとか。

 

無断欠勤や旦那さんが番組制作にまで口をさしはさんでいたのが、事実ならTBSを出禁になっても仕方がないことかと。社会人としての常識を欠いていたのだから、突如降板させられるのも、避けられないほど酷かった?…しかし、やはり腑に落ちないのですね。

 

動画が最初中途半端な状態で終了したことから、小林を心配する声もネット上で広がっています。

《小林麻耶さんはしばらくメディアから離れてゆっくり静養されたほうがいいと思う。》
《泣きそうなのを誤魔化す為に笑ってるように見えた 麻耶さんずっと笑わなくても大丈夫ですよ。楽に生きてねって言ってあげたい》
《笑いながら降板報告って何か異様な感じがするんですが…大丈夫ですか?》

今年6月には占い師としての道も歩み始めていた小林。しかし、あまり精神世界に傾倒すると、世間の常識から遊離してしまう危険性を感じます。一部に心配する声もありましたが、多くは批判的な意見ばかりが…男も女もつくものがつくと変わってしまうのか。

 

職業不詳の元ダンサーと結婚して、一度は引退したのに、すぐ又芸能界に復帰して…同じ元TBS出身の生島企画室に拾ってもらった。その恩を仇で返した…?だから、信用できない。もともとコメンテーターには向いていなかった?…等々、批判が強い。

 

元TBSのアナウンサーなのに、古巣に戻れる可能性はもうない!…ということですかね。このままテレビ界から消え去ってしまうような感じが…いや、それでも構わないというぐらい私は彼女に注目していませんでした。こんな所が大多数の意見なのでは?

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.