Warning: Use of undefined constant is_robot - assumed 'is_robot' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/antei5632/antei5632.com/public_html/wp-content/plugins/post-views/post-views.php on line 594
夢のコロナ撲滅薬【イベルメクチン】とは?大村智教授発見の放線菌から開発された薬!

勝手気ままに記事にしています。

夢のコロナ撲滅薬【イベルメクチン】とは?大村智教授発見の放線菌から開発された薬!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

人類の命運は、この薬に託されたといえるのでしょうか。オーストラリアの研究チームが発表した成果に世界中の関心が集まっています。しかも、この新型コロナ増殖に抑制効果のあった【イベルメクチン】という薬は、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授が発見した放線菌から開発されたものだというのですから、二重の驚きです。まさか、オーストラリアの名門大学の研究チームがウソ・デマの発表をするとは思えませんから、多分、本当のことかと!…本当なら今年一番の大朗報と言えるのでは…?コロナが撲滅できる…?日本人として名誉に思いますね。

Sponsored Link
 

夢のコロナ撲滅薬【イベルメクチン】とは?

調べて行くうちに面白い動画を発見しました。参考までに紹介します。多分、私のブログより面白いのでは?ちょっと大丈夫かな…?と思える表現がありますが…一見の価値ありと。

新型コロナウイルスの感染が世界に広がるなか、オーストラリアの大学が4日、アタマジラミ症などの寄生虫感染症の治療薬「イベルメクチン」が、新型コロナウイルスの抑制に効果があったと発表しました。

これは、オーストラリア南東部メルボルンのモナッシュ大学の研究チームが発表したもので、アタマジラミ症などに使われる抗寄生虫治療薬の「イベルメクチン」が、実験の結果、新型コロナウイルスの抑制に効果があったとしています。

「1回量のイベルメクチンで新型コロナウイルスの複製を48時間以内に止めることができました」(モナッシュ大学 カイリー・ワーグスタフ博士)

まだ、実験室、試験管の中での発見ですが、イベルメクチン投与新型コロナウイルスの増殖を止められた、即ちコロナを撲滅、消滅させられる可能性が発見されたということではないのでしょうか?

「イベルメクチン」は、2015年にノーベル医学生理学賞を受賞した大村智・北里大学特別栄誉教授が発見した放線菌から開発され、年間3億人の治療に使われる寄生虫による感染症治療薬で、オーストラリアなどですでに30年以上、使われています。モナッシュ大学では、今後、「イベルメクチン」の臨床試験を行い、できるだけ早期に新型コロナウイルスの治療薬として応用したいとしています。

 

大村智教授のプロフィール~放射菌から開発された薬!

大村 智(おおむら さとし、1935年7月12日- )は、日本の化学者(天然物化学)

北里大学特別栄誉教授

2015年ノーベル生理学・医学賞受賞ウィキペディア(Wikipedia)より』

経営者・教育者としての才能を発揮し、私財を投げうち基金を設立するなど志の高い人物。

生誕 1935年7月12日(84歳)
日本 山梨県北巨摩郡神山村(現:韮崎市)
居住 日本
国籍  日本
研究分野 化学
研究機関 山梨大学、北里大学
出身校 山梨大学学芸学部
東京理科大学大学院理学研究科修士課程
指導教員 丸田銓二朗、中西香爾、都築洋次郎
主な業績 ロイコマイシンの構造を解明
アベルメクチンの発見
イベルメクチンの開発
影響を
受けた人物
加賀美元男、マックス・ティシュラー
秦藤樹
主な受賞歴 日本学士院賞(1990年)
コッホ・ゴールドメダル(1997年)
アーネスト・ガンサー賞(2005年)
テトラヘドロン賞(2010年)
ガードナー国際保健賞(2014年)
朝日賞(2015年)
ノーベル生理学・医学賞(2015年)
ノーベル賞受賞者
受賞年:2015年
受賞部門:ノーベル生理学・医学賞
受賞理由線虫の寄生によって引き起こされる感染症に対する新たな治療法に関する発見

微生物の生産する有用な天然有機化合物の探索研究を45年以上行い、これまでに480種を超える新規化合物を発見し、それらにより感染症などの予防・撲滅、創薬、生命現象の解明に貢献。

 

主な業績
ロイコマイシンの構造を解明
アベルメクチンの発見
イベルメクチンの開発

 

天然物化学分野の研究に従事。アベルメクチンを発見し、それを基にイベルメクチンの開発に取り組んだ。イベルメクチンは抗寄生虫薬として活用されるようになり、寄生虫感染症の治療法確立に貢献。また、アベルメクチン以外にも、生涯にわたり170を超える新たな化学物質を発見している。これらの功績から、2001年には日本学士院の会員に選定され、2012年には文化功労者となっている。2015年には、日本人で3人目となるノーベル生理学・医学賞を受賞。

 

山梨県北巨摩郡神山村出身
5人兄弟の2番目の長男として、農家に出生。耕作や家畜の世話などの家業に従事していたため、高校卒業まで、勉強はほとんどしていなかった。しかし、後年農作業が勉強になったと述懐している

 

高校では、スキー部と卓球部で主将を務めるなどスポーツに熱中し、国民体育大会の選手にも選出されるほどだったという。

 

1954年、山梨県立韮崎高等学校を卒業後、山梨大学学芸学部(現:教育学部)自然科学科へ進学。大学では丸田銓二朗に師事し、クロマトグラフィーを習得したものの、成績は不振だった。1958年、山梨大学学芸学部自然科学科を卒業。

 

大学卒業後、理科の教諭を志したが、地元山梨での採用がなかったため、埼玉県浦和市(現:さいたま市浦和区)に移住、東京都立墨田工業高等学校定時制に5年間勤務し、物理や化学の授業で教鞭を執った。学業に熱心に励む高校生に心打たれ、もう一度勉強し直したいと考え、1960年、東京教育大学の研究生となり、中西香爾に師事した。

 

中西香爾の紹介で1960年、東京理科大学大学院理学研究科都築洋次郎の研究室に所属し、高校教諭として働きながら1963年、東京理科大学大学院理学研究科修士課程を修了。

 

大学院の修士課程を終えるのに2年ではなく3年を要したのは、大学院1年目で取り組んだ実験が、横浜国立大学の篠田耕三教授と同じテーマで先に論文が発表され、そこで、東京理科大学の森信雄講師の下、大学院2年目からオキシ酸分子内の水素結合を調べる研究に変更したためである。

 

1963年、文部教官として採用され、山梨大学の工学部発酵生産学科の助手となり、加賀美元男研究室でブランデーの製法の研究に従事。1965年、山梨大学を退官し、社団法人である北里研究所にて技術補として採用された。

 

小倉治夫の下で抗生物質を研究し、ロイコマイシンの構造を解明した。1968年、北里研究所での「Leucomycinに関する研究」により東京大学から薬学博士の学位(論文博士)を授与され、北里大学薬学部助教授に就任。

 

1970年には「ロイコマイシン、スピラマイシン及びセルレニンの絶対構造」により東京理科大学から理学博士の学位を授与されている。理学博士の学位取得後、20年間に渡り東京理科大学薬学部非常勤講師を務めている。

 

天然物化学分野の研究に従事。アベルメクチンを発見し、それを基にイベルメクチンの開発に取り組む。イベルメクチンは抗寄生虫薬として活用されるようになり、寄生虫感染症の治療法確立に貢献した。近年はガンの治療薬としても注目されているそうです。

 

社団法人時代の北里研究所においては副所長や所長を歴任し、研究所の財政再建に尽力するとともに、メディカルセンター(現:北里大学メディカルセンター)の設置を推進した。同法人の立て直しに道筋を付けるとともに、学校法人北里学園との統合を果たし、新たな「学校法人北里研究所」の発足に漕ぎ着けた。

 

教育分野では学校法人女子美術大学の理事長を2度にわたり務め、学校法人開智学園の名誉学園長を務めた。そのほか、自身のコレクションを基に韮崎大村美術館を設立し、その館長を兼任している。

 

座右の銘は「至誠天に通ず」
経営者としても、教育者としても、その才能を遺憾なく発揮されている。異色の才能の持ち主。
また、美術に造詣が深く、14年間にわたり女子美術大学理事長を務めた(2015年7月から同大学名誉理事長)
同大学に妻・文子の名を冠した「大村文子基金」を私費で設立。

 

女子美生の留学資金(女子美パリ賞・ミラノ賞)と美術活動費(美術奨励賞)を支援している。また、美術作品の著名な収集家であり、特に女性作家の作品収集に積極的で2007年に私費5億円を投じて故郷の山梨県韮崎市に韮崎大村美術館を建設し、1800点を超える蒐集作品と共に韮崎市に寄贈し初代館長を務めている。また、山梨県の科学技術の振興を目指して(社)山梨科学アカデミーを創設し、現在名誉会長を務めている。

ツイッターの声・反応

副作用の少ない寄生虫治療薬として【イベルメクチン】!期待が持てそうです。最も猫に投与するのは注意が必要のようです。やはり、副作用が…

https://twitter.com/horsegarden2011/status/1246963454470000640

https://twitter.com/COVID1948074643/status/1247107823613300737

Sponsored Link
 

まとめ

世界中で新型コロナの感染拡大が続いています。
収束の気配が見えません。

 

絶望的な状況が続いている中での最大な朗報ではないでしょうか。
新薬の開発が望まれていましたが、それが既に承認された寄生虫の薬・特効薬として有名であった【イベルメクチン】が特効薬として評判になろうとは、誰が予測していたでしょうか。

 

日本人として、誇りに思います。
世界に胸を張って良い出来事なのでは?

 

この薬がベトナムでは市販薬として、売られているなんて本当なのでしょうか。
臨床実験を重ね、コロナ撲滅薬として、普及してくれれば良いのですが…?

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© あすなろの木のブログ , 2020 All Rights Reserved.