茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

計画停電はいつからいつまで?東電管内で初の電力需給逼迫警報発令にも節電要請のみ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

降ってわいたような話ですね。地震があって、ちょっと寒くなったと思ったら、政府が21日夜、東京電力管内の電力需給が22日に非常に厳しくなるとして、初の「電力需給逼迫(ひっぱく)警報」を発令。昨日が春分の日ですよ。それが22日朝から節電に協力するよう企業や家庭に呼びかけ、16日に発生した福島県沖を震源とする地震で一部の火力発電所が停止している。又、荒天で太陽光発電も見込めない。そこへ気温の急低下のためエアコン暖房需要の増加が見込まれるためという。東電の「計画停電の具体的な準備はない」との説明に、ただ納得するしかないか。…脱帽!沈黙、暖房なんかつけてない。パソコンを消して寝る。コンセントも抜く。他には…

Sponsored Link
 

計画停電はいつからいつまで?東電管内で初の「電力需給逼拍警報」発令にも、当面は節電要請のみ?

あなたが国会議員でいる内に扇動すべきだった。と言ったら誉めすぎでしょうね。「もはや」とか、すでに…というからにはかって予備電源がどこかにあったのでしょうか。なぜ、無くなった?その原因は?今から備えられないのか?

計画停電の可能性と言うか、危険性は?計画停電にしないためには、とりあえず「22日(火)~晴天になる25日(金)」まで節電に勤めるしかないようですね。すぐに供給できる所がない。取り敢えず他の電力会社から融通して貰う。しかし、何時もこれでは限界があります。根本的解決策にはならない。

3月26日(土)~30日(水)まで、また雨模様です。暖かくなる日まで我々は努力を続けなくてはなりません。「東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城」の1都7県の皆さま!住むところを間違えたようです。今後は、一極集中を避けましょう。あれ!あと一つは何処だ?東電パワーグリットの管轄って?静岡!山梨?気の毒に…。

具体的な準備はない!って本当か?「地震で火力発電所が故障し悪天候で太陽光も発電できず、他電力から融通を受けてもなお電気が足らない状況らしい…す。供給を増やす術がないのであとは需要を減らすしかありません。節電という少しの不便が計画停電という著しい不便の回避に繋がります。どうか東京電力エリアの皆様には節電へのご協力をお願いします。」との事ですから、まったくやむを得ないのだが…。得心が行かない。

予備電源って、結局バッテリーに充電しておくしかないって事ですかね。何で止めてしまったんだろう?愚かな…

結論:結局、電力の自由化が根本原因のようですね。自由化となれば、「需要と供給」の関係で決定されてしまいますから、今年は暖冬だ。と思えば、需要はこれくらいだろうから供給はこの程度で良いだろうとなる。地震が起きて、東北電力や中部電力から融通してもらう事なんか、想定外の事と片付けられてしまうのか。

 

芸がないというか。いや、脳がない。能がない。地震もあるだろうし、荒天が続くともう危ないのは想定内じゃないのか!何という甘さ…

東日本大震災の後を受けて電力の自由化や発送電分離が定められたのでは?この11年間何を見据えて計画を立てていたのだろうか。芸が無さすぎるとしか思えない。ちょっとした地震でこれでは?これから先はどうする?又、節電要請のみ!

突然、停電になるとこうなる!

https://twitter.com/_hiro_japan/status/1504452946150318080

突然の停電に備えて充電する。

素直に失敗を認めて出直して欲しいというのが偽らざる心情…

https://twitter.com/ginozafarm001/status/1505892540146683908

その他、ツイッターの声・反応

原発再稼働陰謀論か。一驚、いや一興に値するかと…。

我ながら、能がないなぁ~と痛感する。思い至るが…

https://twitter.com/2015_maichi/status/1506035053263929344

すべてウソだったと信じたい。けど、白日夢では済みそうもない…かと。

まとめ

我が家には旧式の反射ストーブ(1台だけだが…)がある。これで計画停電を乗り切れるな。石油ファンヒーターばかりじゃ危ない。突然の停電は防げないけど…計画停電には備えられる。

備えあれば患いなし。ウクライナの様にミサイルが飛んできたわけでもないのに、東京の右往左往ぶりが疎ましい。ブラックアウト!パンデミックの後に第三次世界大戦と…そして、ブラックアウトか。

部屋の暖房が20℃!…なんて贅沢だ。キチンと厚着していれば18℃で十分だろうに…。我が家ではそうしているが…

 

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2022 All Rights Reserved.