茹でた後、つるんと一皮剥ける様な爽快感をお届けしたいです。

小室圭のいじめで「高校中退・引きこもり」になった…本当?他にも小室家のタブーな話

 
この記事を書いている人 - WRITER -

もはや日本中が注目していると言っても過言ではないぐらい話題になっているのが秋篠宮家の長女・眞子さま(29才)と小室圭氏(29才)の結婚問題かと。眞子さまが「お気持ち文書」を発表し、秋篠宮さまが11月30日の会見で「結婚を認める」と述べられたことで、結婚への道筋は一応整いました。しかし、小室家を巡る状況に新たな疑惑が…「週刊文春と女性セブン」の記事が発端となって…問題発生。まずは圭氏本人のいじめ疑惑と圭の父親と父方の祖父が自殺した件について関係者の口から真実な話が出始めたという点です。どちらも小室親子の人間性という点につき深い懸念を抱かせるものです。できればこういう親子とは親戚関係になりたくないというのが、世間一般の常識ではないかとさえ…。ましてや、皇室の系譜に連なる一族になるなどということは…

Sponsored Link
 

小室圭のいじめで「高校中退・引きこもり」になった…本当?

次から次へとよくいろいろな問題が噴出してくる親子だなぁ~というのが率直な感想です。小室圭が沈黙を続け、放置すればするほど問題が深刻化。国民の祝福する声が遠のく感じがします。でも、そんな世間の批判などには絶対にへこたれない…それが小室親子の信条かと。

選ばれし者、もはや特権階級に所属。何ら婚約者(?)としての説明責任を果たさず、唐突にアメリカへ留学し弁護士資格を取得して、日本国内での批判する声が沈静化するのをひたすら待っているかのような態度でしたが、そうは問屋が卸さなかった。化けの皮がどんどんはがれてゆく。

 

今度の新たな疑惑は小室圭自身のいじめ疑惑!今までは母親佳代の借金問題が原因で、結婚が延期となっていましたが、元婚約者・X氏が、週刊現代紙上で「今後一切、返済を求めない」と発表したことで一応の決着を見ました。

 

しかし、今度は小室圭氏自身の問題です。これはしらを切り続ける訳にはいかないでしょう。事実でないというなら、リモートでも何でも結構。海の向こうの彼方から「私は無実だ!」「週刊文春のでっち上げだ!」と叫ぶべきでしょう。10年以上も昔の話だから時効だ!と…また逃げる?

 

眞子さまと国際基督教大学(ICU)で同級生。「湘南江の島 海の王子」にも選ばれた好青年の印象が悉く崩れてゆく印象ですね。たかが、「週刊誌のガセネタ記事」と一笑に付してしまってよいものでしょうか。いや、ここは正念場だと思いますよ。

もう、お母さんの問題ではないのですから。学費問題云々は母親があくまでも当事者だった!しかし、今度は「あなた自身の問題」で、言わば、自分の人間性が問われている問題!ホントに中高一貫のカナディアン・インターナショナルスクール(CIS)に在学中、5人組の一人として、5人がかりで特定の女子生徒1人をイジメたことなどなかったと声高に証明・釈明しないと…。

 

Aというクラスのボス的存在の男の傍らで、文春の記事では小室圭=「KK」は「補佐役」となっていましたが。クラスにはよく居ますよ。そういう「腰巾着」が…。仲間と吊るんでは抵抗できない一人の弱い人間をイジメて喜ぶ…。最低な腰巾着が!教師が日本語が分からないことを隠れ蓑に…

 

自分の存在価値を他人をイジメることでしか表現できない卑怯者がいますよ。どこにでも…でも文春の記事が「名誉棄損」だと主張しないと…4年間もイジメてない。でっち上げだと!すれ違いざまにKKが「あ、ブタが通った。ブーブー!」と言ったことなど一度もない。ウソだと。面と向かって「ブス!」などと言ったことはないと!

 

女生徒が椅子に着席すると声に出して「ドスン」と言ったりしてないと…記事の内容は陰湿なイジメを詳細に掲載しています。文春側は5人組の一人一人に取材を試みているようですが、被害者の話になると途端に歯切れが悪くなるようですね。

 

ここは一つリモートでいいから、アメリカから釈明しないと。何しろ、被害者の女子生徒はあなたがテレビに映ると「チャンネルを変えて!」と今でも泣き叫ぶそうです。中学、高校と4年間も苛め抜かれて高校一年生で中退し、2年間も引きこもり状態となったそうです。

 

今は連れ合いにも恵まれ、幸せな家庭を築いているそうですが心の傷は癒えていない。あなたの顔がテレビに映るたびに、情緒不安定になるとか。文春側はリーダー格のAにメールや手紙を送ったそうですが回答は無し。代理人の植芝直史弁護士にも書面で取材を申し入れたそうですが、回答なし。

 

こんな状況です。あなたがもう直に回答しないと…濡れ衣は決して晴れませんよ。どうして、こうもあなた方親子と出会う人はみな不幸になるのでしょうか。不思議ですね。まったく…

 

眞子さまはあなたを「太陽のような…」と形容していましたが、裏の顔はただの「疫病神」?眞子さまには、やはり人を見る目がなかった。表の顔しか見ていなかったかと。

他にも小室家のタブーな話…

他にも、もう一つ衝撃的な話があります。まず、圭氏の父親でもある小室敏勝さんの死。これは、マスコミでは既に承知された話でしたが、詳細は謎のまま…あえてマスコミも触れなかった…?

 

女性セブンが取り上げて詳細が明るみに出始めました。圭氏が小学生の頃、敏勝さんは横浜市役所に勤務していましたが、一時期体調を崩し藤沢市の実家に帰っていたそうです。再び自宅に戻って家族と生活することになった中で起こった悲劇ですが…

 

2003年3月5日、38歳の時に自宅近くの河川敷で焼身自殺したのです。よりにもよって焼身自殺とは穏やかではないです。小室圭が10歳の時で、私立の音楽大学附属小学校へ通っていた頃です。

 敏勝さんが自ら命を絶ったのは2003年のこと。敏勝さんが未明に自宅を出て行ったきり、戻ってこない。パジャマ姿にスリッパを履いたままの状態で、24時間以上がゆうに経っている。知人の協力を得て自宅周辺をいくら捜しても見つからない……。翌日、立川警察署から電話が入った。多摩川近くで見つかったという。敏勝さんは自殺を選んだのだ。

小室家の関係者によれば、敏勝さんは勤務先の部署異動によって希望の仕事ができず、上司との折り合いもつかないことに悩んでいた。さらに妻の佳代さんと敏勝さんの母親の間に嫁姑問題も発生し、間に入った敏勝さんは困り果てていた。

経済面での苦労➡圭氏にバイオリンを習わせていた(月謝と楽器代)
仕事がうまくいかないこと
嫁姑問題(佳代と敏勝さんの母親との仲が悪かった)

敏勝さん名義でマンションを購入し、佳代さんの両親(義両親)を住まわせていたといい、さらに義両親と一緒に住むため二世帯住宅を建てる計画まであったといい、経済的に大変だったようですね。仕事面でも勤務先の部署異動で希望の仕事ができなかったり、上司との折り合いがつかず悩んでいたとのこと。

あの佳代氏の風貌からすると、さもありなんという感じを受けますね。決定的になったのは、マイホームを建てる時だったようです。建築学科を出ていた敏勝さんはマイホームを建てるのが夢だった。

 

しかし、佳代が家具や内装になどに金をかけ過ぎてマイホーム建築が頓挫しかかってしまった。やつれた敏勝さんを見て、周囲は病院へ行くことを勧めたそうですが、「病院へ行かないのは本人の勝手」とばかりに、正月には佳代と圭の二人だけで実家に帰省。

 

また、この頃佳代氏は「運命の人」と呼ぶ男性に会い、圭を含めた3人で新春ドライブも楽しんでいたそうです。この男性、実は敏勝さんの幼なじみの1人だったとのこと。敏勝さんが行方不明になった時はこの男性も一緒になって探したそうです。旦那の幼なじみと不倫のような関係になっていたんですかね。

 

そして、息子・敏勝さんの死から1週間後、祖父・善吉氏の自殺…これも極めて不自然です。夫が行方不明になった段階で、佳代は義祖父を突然、罵倒したとか。「小室は死んだ。みんなあんたたちのせいだ」と怒鳴ったそうなのですが、尋常な話ではありません。

 

行方不明の段階で、なぜこうした突拍子もない話ができるのか。佳代は事情を知っていたようなのです。祖父は息子の葬式後、自殺しています。佳代は本当に悲しみに暮れたのでしょうかね。あまりに不自然です。

この後、祖父・善吉氏の死により孫の小室圭が代襲相続しています(かなりの額だった!)が、この時、夫の弟と相続の話を交渉したのは暴力団にも関係のあった知人男性だったそうです。しかし、相続が終了すると同時に、佳代のほうから一方的に絶縁を申し出たそうです。

 

その後は、彫金師の男に入れあげたり、碌なもんじゃなかったみたいですね。この間に祖母も亡くなっています。自殺だと言われていますが、1年間で息子とその両親の3人が自死するなんて、あり得ない話です。小室家の墓には、今3人が眠っているのですから。

 

小室親子は命日に、きちんと父親の墓に詣でているのでしょうか。そう言えば、この後、彫金師の男も不審死を遂げています。持病があったそうなのですが、詳細は良く分かりません。ここまで書いてきて嫌気がさしてきましたので、もう辞めます。

 

なぜ、この親子と出会う人々の悉くがここまで不幸になってゆくのか、私にはまったく解せません。呪われた親子としか思えませんが…。尋常な人生の歩み方ではありませんよ。金への執着心や上昇志向が半端じゃありません。

 

人をトコトン不幸に貶めてまで、この親子は自分らだけが恵まれれば人生、大成功だと思っているようです。お近づきにはなりたくない。こんな親子が皇族に…親戚になる。異常だな。

Sponsored Link
 

ツイッターの声・反応

小室佳代の周りでおかしなことばかりがおきている。これは、一体何?…追及すべきでは?

小室圭のいじめで「高校中退・引きこもり」になった…本当?他にも小室家のタブーな話

自由恋愛を貫いて、ご一緒になられた秋篠宮殿下!だから娘の結婚に反対できない。これは情けない。他の皇族の方々はホントに以下の様に思っているのでは…

皇族への尊敬の念が薄れてしまいますよ。このままでは…当然、秋篠宮殿下への風当たりも強まる事でしょう。こんな結婚に1.5億円以上の税金が注ぎ込まれることに国民の反発はいやが上にも高まります。軽視できない風潮になって来たかと…

自分の娘も説得できない様では世紀末の様相を来しています。…ですよ。

一番懸念しているのは、結婚後、用済みになったら親子で邪険にすることですかね。まさか、又自殺に追い込む!まさか!でも、眞子さまって、佳子さまほど美人じゃないから心配…なのですよ。

今、二人の結婚に賛同している国民は何人いるのだろうか。妬みなどではなく、心底心配になって来た。本当に大丈夫なのだろうか?老婆心ながら…嫌な予感が…去らない。

 

でも、多くの国民が懸念していることが、多分現実のものとなるでしょうね。この親子は自分らを利するものはトコトン使い倒し、不要となったらポイと捨てる。二人は一卵性双生児かと。いつもの手段で…一時金と皇室の身分を使い倒したら…お終いにする。

 

眞子さまと佳代は絶対に合わない。断言できる。嫁姑問題がおきたら、圭は絶対、佳代に味方する。決まりかと…。それから臍を嚙むでも遅い…。

この記事を書いている人 - WRITER -

コメントを残す

Copyright© うずらのたまご , 2020 All Rights Reserved.