結城海斗の出身中学校は?史上最年少で米大リーグと契約!

      2018/07/09

米大リーグ、ロイヤルズが大阪府在住で今春に中学を卒業した16歳の結城海斗投手とマイナー契約を結んだことが7日、分かった。中学野球の河南シニア時代にはシニアリーグの日本代表にも選出されたことがある長身右腕で、メジャー球団と契約した日本人選手では史上最年少になる。ロイヤルズは8日、大阪府内で正式発表予定。この話題について触れてみた。

Sponsored Link
 

結城海斗(ゆうき かいと)とは誰?

 【プロフィール】

生年月日:2002年生まれとしか、分からない。(誕生日不明)16歳

出身:大阪府

身長:187cm

体重:68kg

ポジション:投手

所属:河南リトルシニア(硬式)

利き腕:右投げ右打ち

学年:中学卒業

地元では「(シカゴ・カブスの)ダルビッシュ(有)2世」の異名を馳せているとか・・・

調べても、調べてもまだ全然情報がない。

知る人ぞ知る。

知らない人は知らない。

全国的にはまだ全く無名だ!

大谷翔平選手は高校1年生で147㎞を投げていたらしい。

これを彼は超えられるかな?

出身中学は?

これまたズバリ不明! 卒業した中学名も分からない程、まだ情報が少ない。

(判明次第追記)

河南リトルシニアとは平成元年4月に設立されたチームであり、卒業生には「高橋大樹外野手」などがいるようだ。

 
2017年にはリトルシニア全米選手権の日本代表にも選出されたのだとか。

高校進学の時期になると同時に大阪桐蔭高校履正社高校など関西を中心に様々な誘いを受けたそうだが、メジャー志向が強く進学せずにMLB挑戦を選んだという。

大した勇気だ、決断だ。

この行動力に期待したい。

ほとんど大多数の日本プロ野球選手が日本でのプロ野球経験を積んでから米大リーグに挑戦するというのに・・・

安全パイを取らずに行動をするのは偉い。

16歳で、いきなりメジャー挑戦とは・・・本当にすごい!

 

日本の高校へ進学していれば、甲子園をわかせたであろう逸材が16歳でアメリカでのメジャー挑戦を決めた。

これは何としてでも応援したい。

史上最年少、16歳で米大リ-グへ挑戦!

 
日本のトッププロが実績を残してからフリーエージェント(FA)などで移籍するのが大多数なのに、それを蹴っ飛ばしている。
大谷翔平選手がFAをまたずに移籍しただけでも偉いと思ったけど・・・

この子はマイナーからはい上がる覚悟を決めているのだから、もっと偉い。
すご過ぎ!

まだ、中学を卒業して4ヵ月しか経っていない。

野球の有名高校進学を蹴って16歳になったばかりだぞ!

 
中卒後、いきなりMLB挑戦というのは極めて異例中の異例だ!
聞いたことも見たこともない。

よく決心できたものだと感心する。

体重こそまだ軽いが、身長は187cmある。

体さえ出来てくれば、将来、大いに期待が持てる。

 
球速は、140㎞超え!スライダーもキレがあるらしい。

中学3年生の時には、もう140㎞超えの速球を投げていたというのだから、これもすごい。

大谷翔平選手(エンゼルス)の年俸:契約金231万5000ドル(約2.6億円)

この子は幾らで契約するのだろう?

こんな事、心配するのはゲスの極みか!

 
日本のプロ野球が1、2軍という二重構造なのに対し、米メジャーは完全にピラミッド型である。

全30球団がルーキーリーグから1A、2A、3Aというマイナーを傘下に持っている。

各球団に200~250人の選手が所属し、メジャー契約は40人で、うちベンチ入りメンバーはわずか25人だ。

結城投手もマイナー契約からのスタートで、渡米後は最底辺のルーキーリーグからの出発となりそうだ。

すそ野を広く持つメジャーの育成法は、とにかく実戦経験を積ませることに尽きる。

レベルに応じて振り分けられると、登板機会が得られ、その中で自分の課題を克服して自信を培っていく。

 
ロイヤルズは、編成トップを担うゼネラルマネジャー(GM)をデートン・ムーア氏が務める。

ブレーブス時代から選手育成に定評があり、16歳の長身右腕の育成手腕も注目される。

一方で、日本のプロとは違い、マイナーではトレーナーらスタッフが少なく、試合後の肩のケアなど自己管理の徹底も求められる。

日本ではアメリカでこの厳しい環境に二の足を踏み、日本のプロを経てからメジャーへ行くことが既定路線にもなっていた。

Sponsored Link
 

真っ白なキャンパスにどんな未来図を描くのか?

 
そんな常識をこの少年は蹴っ飛ばして行った。
若き右腕がアメリカでどこまで通用するだろうか!

大谷翔平選手を超える様な選手になってほしいな。

記憶にも記録にも残る選手になってほしい。

 
アメリカで野球殿堂入りするような選手に育つといいなぁ。

焦らず、じっくりと体力とスタミナを付けてタフな選手になってほしい。
英語だけは早くマスターしてアメリカ社会に溶け込めるよう慣れてほしいな。
ホームシックにもスランプにも負けるな!

 
昨今はサッカーばかりが注目されて、若干消化不良気味だったけど・・・

優勝が決まる前からワールドカップ大会にはもう食傷気味だった。

日本のベスト8進出などどうでもいいやと思っていた。

(サッカーファンの皆さん、ごめんなさい。笑)

 
これで楽しみが又一つ増えた。

相撲と野球ばかりで育ってきた「おじさん」達世代にとってはやはり相撲と野球は切り離せない娯楽なのだ!

 - 未分類