新型痴漢とはなに?触るだけが痴漢じゃない!その驚きの手口とは?

   

今日のYahoo!リアルタイム検索で話題のキーワードを見ていたら3番目に「新型痴漢」の言葉が乗っていました。聞いたことない言葉ですし、インフルエンザじゃあるまいし、一体全体、痴漢に新型も旧型もあるのか?と不思議に思い、ちょっとその実態を調べてみました。世の中、確実に病んでいますね。先進国で、こんな満員電車って存在が許されるものなのでしょうか。

Sponsored Link
 

新型痴漢とはなに?触るだけが痴漢じゃない!

昔から、痴漢の定番と言えば満員電車の中で身動きできないのをこれ幸いに、女性にぴったりと張り付き、女性の羞恥心に漬け込み、身体を手で触ったり、自分の体を押し付けたりして己の性欲を満たそうとする卑劣な変態野郎のする行為だと思っていました。

ところが、実際に触るんじゃなくて、最近は以下のような変態行為をする輩が増えてきたらしいのです。
世の中、確実に病んでいる気がしています。

新型痴漢とは、

(1)息を吹きかける

(2)髪の毛や体臭を嗅ぐ

(3)見つめる → 女性の体を舐め回すように凝視するオッサン!

(4)電車の揺れに合わせて身体やカバンなどを押し付ける

(5)卑猥な言葉を発する・・・などなど

 

想像しただけで、実に気持ちの悪い行為ですね。
男だって、これらの行為をされれば、薄気味悪く感じるでしょう。

 

極めて異常です!
女性の場合なら、尚更でまず最初に恐怖心を感じるでしょう。
次には恥辱を味あわされる訳です。

 

一生、心に傷が残ることすらあるでしょう。
「息を吹きかけたり」「体臭を嗅ぐ」などして性欲を満たすなど、もうまともな人間のすることではないですから。

 

しかし、これらの行為って、女性にとってはなかなか痴漢だと断定するのが難しい場合があると思います。
直接手で触れるという分かりやすい痴漢の手口であれば、大声で被害を訴え安いでしょうが、偶然を装ってこれらの行為をされると、なかなか声を上げずらいのではないかと推測されます。

 

もともと痴漢など卑劣で恥ずべき行為なのですが、新型痴漢の場合はもっと狡猾です。
偶然を装って行われるだけに、まず証拠が残りません。

 

下らんことをやる輩がいるものだと呆れましたが、放置する訳にはいかんでしょう。
まず、勇気をもって女性が声を上げるしかないです。

 

その驚きの手口とは?

「見つめる」という行為だって、長時間に渡り、何度も行われれば実に薄気味悪いものです。

「電車の揺れに合わせて身体やカバンを押し付ける」行為だって、空いてる電車の中で、わざわざ近くに寄ってきて、何度もされれば偶然とは到底言えないでしょう。

直接手で触れるなどの手口であれば、多少なりとも証拠が残ります。
以前、自分の体に触って来た痴漢の手の甲に、マジックインキをつけ「この人痴漢です」と勇気を出して声を上げ、周りの乗客の力を借りて逮捕した事例を聞いたことがあります。

 

考えてみれば、昔からこういう輩「新型痴漢」は存在していた訳で、最近になって急に出てきた事ではないですね。
今まで我慢してきた女性がようやく声を大にして言い出し始めたというだけの事です。
主張し安い時代になって来たということ。

 

認知されてきたというと変な表現ですが、バレないだろうと高を括って破廉恥行為をしてきた連中は、そろそろ覚悟をしておいた方がいいでしょう。

 

新型痴漢は偶然を装い、異常な欲求を満たそうとする輩ですから、実に巧妙です。
しかし、偶然というのは何度も起こるものではないため、あまりに長い時間息がかかったり、明らかに匂いを嗅いでいると確信したら、勇気を出して直ちに直ちに助けを求めるか、鉄道警察隊に通報しましょう。

 

証拠がないだけに状況で判断する必要があるので時間が経ってしまうと立証することが難しくなります。
とにかく痴漢だと気付いたら、勇気を出して即座に行動しましょう。当面はそれしか解決策は見当たりません。

 

男性も痴漢と間違われないように、むやみに若い女性の傍には行かない方が身のためかもしれません。
しかし、満員電車の中では互いに避けようがないので難しいところですね。

 

Sponsored Link
 

ツイッター上の反応

まぁ~、ずいぶんと悩まされている女性が多いことに驚かされます。
個人的意見としてはまず「満員電車を失くすこと」これに尽きるかと思いますが・・・。
犯罪を生み出す温床ですから。

先進国と称しながら、こんな非人道的に混んでる車両に乗らなきゃならない日本って国は一体、なんなのでしょうか?
山手線に乗るたびにうんざりしています。

 

欧米で日本みたいに混んでる電車ってあり得るんですか?
誰か、教えて下さい。

痴漢行為は何罪?

痴漢は犯罪です。
でも、刑法上、痴漢罪という犯罪がある訳ではありません。
これは誰でも知っていることでしょう。

 

痴漢といえば、混み合った電車の中で異性の体を触るという行為がまず思い浮かびますが、広い意味でとらえると、もっとさまざまな行為が該当するとされています。

警視庁ホームページから引用すると、痴漢行為は次のような行為とされています。

(1)衣服や下着の上、あるいは身体に直接触れて、手で下半身や尻、胸、ふともも等を撫で回す

(2)背後から密着して、身体や股間を執拗に押しつける

(3)衣服のボタンやブラジャーのホックなどをはずす

(4)エスカレーターや階段などの場所で、スカート内をカメラやビデオで盗撮しようとする

 

このように、手で触るだけではなく、身体や股間を押し付けたり、盗撮したりすることも痴漢とされ、一般的には、公の場で相手の意に反して性的行為を行うこと、という定義がなされています。

 

痴漢行為が発生するのは電車の中だけではなく、いわゆる公共の場所すべてが対象となり、人気の少ない場所、暗い夜道などでも起こります。

刑法では、痴漢行為は「強制わいせつ罪」、「迷惑防止条例違反」、「公然わいせつ罪」、「軽犯罪法違反」、「器物損壊罪」といったさまざまな法律や条例で罰を受けることになるのです。

 

「新型痴漢」と言われる行為は、概ね「迷惑防止条例違反」「軽犯罪法」に該当するのではないかと推測されます。
しかし、あまりにしっこいと「強制わいせつ罪」に問われる可能性だってあるでしょう。

 

上記の(1)~(5)の行為を意図的に行っていると思うと、気持ちが悪い話ですよね。
新型痴漢を行う犯人は、直接触っていないのだから犯罪ではないと高を括っている所があるようですが、現実はそんなに甘くありません。

 

新型痴漢は触っていなくても異性が恐怖感を感じ、身動きができなくなった状態で己の性欲を満たすためにハレンチ行為に及べば厳罰に処される可能性だってあります。

 

卑劣な犯罪であることを十分認識すべきでしょう。
男性も注意した方が良いです。
なぜなら、卑猥な言葉を発すること以外は誤解を招きやすいものばかりだからです。

結論

新型痴漢と言われるものとして、

(1)息を吹きかける

(2)髪の毛や体臭を嗅ぐ

(3)見つめる

(4)電車の揺れに合わせて身体やカバンなどを押し付ける

(5)卑猥な言葉を発する・・・などなど

 

すべて立派に犯罪として成立します。
誤解されないよう、「冤罪」で痛い目に会わぬよう、男性側にも他人事ではないという意識が必要でしょう。

 

しかし、「満員電車をなくすこと」で、大部分解決できると思えるのですが・・・。
いつの話になるのでしょうか。

女性専用車両があるように、いづれ男性専用車両ができるというようなパロディーだけは辞めてほしいと願っています。
個人的には満員電車に遭遇しないよう早めに出勤していますが・・・。

 - ニュース