東京モーターショー2019が130万人超の訳?展示刷新が奏功?

   

東京ビッグサイト(東京都江東区有明)で開催された「第46回 東京モーターショー 2019」が11月4日、10月24日~11月4日の会期を終えて閉幕した。日本自動車工業会は11月5日、10月24日~11月4日の12日間の会期で開催した「第46回 東京モーターショー 2019」の総来場者数を130万900人と発表。100万人超は2007年以来。1991年の201万人をピークに、前回の2017年には77万人にまで減少。東京ビッグサイトに会場を移してからの記録では2013年開催の90万2800人が最多となっていた。

Sponsored Link
 

東京モーターショー2019が130万人超の訳

20191023 開幕

 20191025 プレビューデー

 20191025日~114 一般公開日

今回は国内外から多くの来場者があったといい、特に14歳以下の来場者の割合は、前回比で約7割増加(速報値)したという。

東京モーターショー 2019では「OPEN FUTURE」をテーマに、未来のモビリティ社会を体感してもらおうと総勢192の企業・団体が参加。業界を越えて「クルマ・バイクのワクワクドキドキ」に加え、「未来の暮らし」「未来の街」にまで出展領域を広げたという。

会場も有料エリアとなる東京ビッグサイトの青海・西・南展示棟に加えて、無料エリアのメガウェブ、シンボルプロムナード公園など規模を拡大して開催。

オリンピック・パラリンピック等経済界協議会やNEDOなど、62の企業・団体と連携して主催者シンボルイベントとしてMEGA WEB会場で開催した「Future Expo」には約50万人近くが来場したという。

 

ショーを主催する自動車工業会 会長の豊田章男氏が目標来場者数を100万人と掲げて、東京ビッグサイトの青海展示棟と西/南展示棟の有料エリアに加えて、MEGA WEBの「FUTURE EXPO」やシンボルプロムナード公園の「OPEN ROAD」など無料エリアを用意。

 

「Out of KidZania in TMS2019」といったファミリー向けコンテンツなども展開された。

 

「キッザニア」と初コラボした全11の職業体験プログラムには約1万人の子供が参加。そのほか、乗用車や2輪車の最新モデルの試乗に加えて、超小型モビリティ・パーソナルモビリティ・電動キックボード、先進安全技術や次世代自動車、自動運転の体験試乗などの試乗体験型プログラムの体験者数は過去最高の約2万9000人を数えているという。

 

目標としていた来場者数100万を突破した今回の東京モーターショーについて、自工会会長の豊田章男氏がコメントした。コメント全文は以下のとおり。

豊田章男氏のコメント

第46回東京モーターショー2019が無事に終了いたしました。お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。楽しんでいただけましたでしょうか。

これまで何度も東京モーターショーにお越しいただいていた方もいらっしゃったと思います。クルマやバイクを、ずっと好きでいてくださりありがとうございます。「今回はいつもと少し違うな……」と感じられたかもしれません。これから大いに変わっていく部分と、これからも大切にし続けていく部分とがクルマやバイクにはあります。変わっていく部分にもワクワクしていただけたならば…嬉しく思います。

初めて東京モーターショーにお越しいただけた方もいらっしゃったと思います。モーターショーに行ってみよう!と思っていただけたこと、先ずは、ありがとうございます。楽しいと思えるなにかに出会えたでしょうか?「来てみてよかった!」「楽しかった!」と言っていただけたなら嬉しいです。「また来たい!」と言っていただければ、もっと嬉しいです。

2020年、今回の会場のまわりはオリンピック・パラリンピックの選手村になります。そこでは、今回見ていただいたような未来のモビリティたちが走りはじめます。更に、その1年後の2021年には、次のモーターショーを予定しています。今回、見ていただいたモノたちが、これからの2年でどれだけ進化をするのか?皆さま、想像してみてください。

我々は、その想像を遥かに上回るようなモノを2年後のモーターショーで、また提案したいと思っています。皆さまの驚く笑顔を想像しながら、我々はもっと頑張って、ものづくりを進めてまいります。

もし今回、「楽しかった」「来てよかった」と思っていただけたなら、2021年の東京モーターショーにも、ぜひご期待ください。2年後、またのご来場をお待ちしております。

Sponsored Link
 

展示刷新が奏功

今回はてこ入れのため、新車発表が目玉だったこれまでの展示を刷新。

 

電気やITなど自動車以外の企業に積極的な出展を呼びかけ、顔認証による決済や、最新映像技術によるスポーツ観戦など、未来の生活が体験できるコーナーを強化して集客拡大を狙ったことが奏功したようだ。

 

また、トヨタの異例な展示ブースが話題沸騰だったという。
東京モーターショーに新車ゼロ!・・・という奇抜さ!

 

各メーカーの目玉となる様々な新車が出展。
ホンダの新型フィットやスバルの新型レヴォーグなど2020年にも登場する「市販前提車」が注目を集めた。

 

そうした中で、異彩を放つのがトヨタだったという。
豊田章男社長が、「このトヨタブースには、1年以内に発売するクルマはありません」と宣言したとおり、市販前提車が1台も展示されない異例のブース展開に。

 

しかし、トヨタにも当然、2019年から2020年にかけてデビューする新車は存在する。
Tjクルーザーやランドクルーザーなど国産メーカーでも随一の大物新車が間もなくデビューを控えている
なかでも注目度が高い“大物”が、以下に紹介する4台。

  • Tjクルーザーは「東京モーターショー2017」に参考出品した提案型SUVのプロトタイプ。市販バージョンは2020年6月頃にもデビューする方向でスケジュール調整を進めているという。

 

(2)ロッキーのトヨタ版

2019年11月5日に発表、発売する新型コンパクトSUVで名称は「ライズ」。
ダイハツからのOEM供給モデルでダイハツブランドの車名は「ロッキー」。

 

(3)新型ランドクルーザーは20208月発売へ

基本モデルのランクル300は2020年8月、ランドクルーザープラドは1年後の2021年8月にそれぞれフルモデルチェンジする見通し。

 

(4)新型ハリアーに新情報! 2020GW明けにも発売へ

ハリアーは2020年5月のゴールデンウイーク明けにフルモデルチェンジすると、このほど扱い店であるトヨタモビリティ東京&他のトヨペット店各社に伝えられているとのこと。

 

トヨタのコンセプトが受け入れられ、上級シフトしクオリティアップが図られることで、代替え需要がかなり盛り上がると予想しているようである。

 

トヨタ自動車が展示したものとして、他には10月11日に公表された「新しい時代の愛車」を具現化したコンセプトカー「LQ」。このLQは、2017年1月にCESで出展した「TOYTOA Concept-愛i」で表現した未来の愛車体験コンセプトを忠実に実現したもの。

米国で人工知能や自動運転、ロボティクスの開発を行なうToyota Research Institute(以下、TRI)と共同開発したAIエージェント「YUI」やSAEレベル4の自動運転機能を搭載。

 

今年もトヨタの快進撃が続きそうな気がしている

 - ニュース