勢、5個目の金星!比嘉真美子と結婚! 約1000万円の婚約指輪!

   

Sponsored Link
 

スージョと呼ばれる相撲好き女子たち!

近年、誕生!「相撲女子」の略称。大相撲ファンの女子のこと。
「カープ女子」「セレ女」「歴女」などに連なっている。
一部の好角家からは「スモ女」「土俵ガール」といった呼び名が出ていたけど、受けませんでしたね。今では「スージョ」の名称で定着してます。

相撲取り「勢」と:女子ゴルファー「比嘉真美子」の結婚

大相撲の元関脇で東前頭2枚目の勢(31)=本名・東口翔太=と女子ゴルフで国内ツアー4勝の比嘉真美子(24)が今秋結婚することが26日、わかった。2人は2015年に知り合い、17年6月に婚約。2人の誕生日である10月11日に婚姻届を提出する。挙式の日取りは未定。現在賞金ランク3位の比嘉は競技を続けるが、将来は独立して親方となる意向を持つ勢を、おかみさんとして支えていくことになる。

彼女らは相撲の何に引かれているのだろうか

近頃よく耳にするようになった「スージョ」と称される相撲好き女子たち。大相撲の盛り上がりとともに、実はプロゴルフ界でも相撲女子が増殖中だ。近年の本場所会場には不動裕理、比嘉真美子ら定番スージョのほか、森田理香子、渡辺彩香、アン・ソンジュ(韓国)に野村敏京、小林浩美会長をはじめとする協会役員の姿まで……。

比嘉は「ゴルフは1ラウンドにつき4、5時間プレーしているけれど、相撲は一瞬の勝負。だから違う魅力を感じますね。その一瞬にかける集中力だったり、気持ちの持っていき方だったり。自分の取組を前に土俵下で待っているときとか、すごく神経を研ぎ澄ませている感じが伝わってくるから、どんなふうに準備してるのか、気になります。朝稽古も2度ほど見学させていただいたんですが、とにかく痛そう、しんどそうだなあと。ゴルフは肉体的な衝撃はないから。私だったら体の痛みに耐えられないと思う。相撲を見ていてゴルフに生かせそうなことがあるとしたら、集中力のすごさですね」と話している。

一般のスージョはどうなのだろう?

他の競技に比べ、決着までの時間が圧倒的に短いのが相撲の特徴の1つです。
見た目的にはオシャレとは言えないスポーツになぜ心を惹かれるのか。
多くの女性に共通しているのは、力士たちに対して男性としての魅力を感じるらしいです。
女性の中には体格が良い、さらに言えば太っている男性に心を惹かれる人が少なからずいて、そういった男性が集まる相撲に関心を持つことがきっかけになるというわけです。
また力士の中にはイケメンの部類に入る人や、ゆるキャラ的なかわいらしさを持つ人、男らしくてワイルドな人など、色々なタイプの男性がいるので、自分のひいきの力士を作って応援するという楽しみ方ができます。さらに日本的な文化に関心があったり、ルールが極めてシンプルなので予備知識が無くても入り込みやすいといった点も、スー女になる理由として挙げられるみたいです。

他にどんな「〇〇ジョ」がいるのか?

他にも、あるわ・・・あるわ・・・
「山ガール」:かつての登山用品とは異なるファショナブルなアウトドア用衣料を身に着けて山に登る若い女性のこと。
「オリ姫」 :オリックスバファローズファン
「ゴリ女」 :ラグビーファン!このネーミングはトップリーグの強豪チーム
「サントリー」のチーム名から由来。サントリーの「サン」、太陽の"SUN"と巨人「ゴリアス(GOLIATH)」を合わせた「サンゴリ アス」。

チームロゴにも「ゴリラ」が描かれている。
などなど・・・数え挙げて行けば切りがないみたいです。

勢と比嘉との出会いは?

スランプ中に何げなく見ていたテレビで大相撲に興味を持ち、力士名鑑をめくっていたところ自分と同じ誕生日の関取がいた。それが勢だった。

「初めて会った時、なんかこの人と一緒になるかもしれないと思いました。この人と長いこといるかもしれないという直感がありました」という。結婚を決めた理由は「一生懸命守ろうとしてくれるところが伝わってきた。この方だったら、どんな時でも味方で守ってくれそうだなと思って」

ゴルフについては「自分が納得いくまでやめる気はありません」というが、将来的には相撲部屋のおかみさんになる覚悟もできている。「関取が親方になったりすれば、それは必然かな。将来を見据えたお付き合いになってきた時から、そういうことは考えてきました」

過去にもあった相撲取りと女子ゴルファーとの結婚
女子プロゴルファーのおかみ誕生となれば、元関脇・益荒雄に嫁いで阿武松部屋のおかみさんとなった奥村久子さん(53)以来。
白いウルフの異名で人気だった益荒雄と、ツアー優勝の経験はないが美人ゴルファーとして人気だった奥村は1990年に知り合った。その年に益荒雄は引退し、92年に年寄・阿武松を襲名。2人は94年の阿武松部屋の創設と同時期に結婚し、現在奥村はおかみさんとして阿武咲ら弟子たちを陰でサポートしている。
その前に比嘉は賞金女王になって、史上初の「女王おかみ」を目指す。

約1000万円の勢と比嘉との出会いは2015年夏場所。知人を通じて観戦に来ていた比嘉が、打ち出し後に会いたいとリクエストしたのが勢だった。それから友人らを交えて一緒に食事をするようになり、1年後の16年夏ごろから交際がスタートしたらしい。

人気と実力を兼ね備えたアスリート同士が愛を育んでいた。幕内力士の勢と女子ゴルフの比嘉が今秋結婚する。2人はサンケイスポーツの取材に、互いの誕生日である10月11日に婚姻届を提出することを認めた。

勢「縁があって出会わせていただきました。誕生日も一緒で運命です。これからも彼女を命を懸けて守っていきます」

比嘉「勢関とは誕生日が一緒で、出会う前から気に留めていた力士でした。初めて会ったとき、何かこの人と一緒になるかもしれないと思いました。付き合い出すころは前を見て、結婚を見据えていました」

2人が初めて出会ったのは2015年5月、比嘉が初めて大相撲観戦に訪れた夏場所(両国国技館)だった。共通の知人に紹介されてすぐに意気投合。勢がゴルフ好き、比嘉が大の相撲ファンということもあって、交流を深めてきた。

16年8月に交際がスタートし、1年後の17年夏に婚約。勢は人気ジュエリーブランド、ハリー・ウィンストンの約1000万円の婚約指輪を贈り「2人にとって特別な日。この日しかない」(比嘉)というバースデー婚を決めた。

勢は<勢翔太(いきおい・しょうた)> 本名・東口翔太。1986(昭和61)年10月11日、大阪府交野市生まれの31歳。194センチ、168キロ。小学3年時にわんぱく相撲で優勝したのを機に相撲を始める。18歳で伊勢ノ海部屋に入り、2005年春場所で初土俵。11年九州場所で十両昇進し優勝。最高位は西関脇、今場所は東前頭2枚目。真っ向勝負の取り口が多くの相撲ファンに支持され、そのイケメンぶりで女性の人気も高い。幕内通算261勝279敗(36場所)。敢闘賞4回。金星4個 得意は右四つ、寄り。

比嘉は<比嘉真美子(ひが・まみこ)> 1993(平成5)年10月11日生まれ、沖縄県本部町出身の24歳。161センチ、58キロ。11歳でゴルフを始め、2011年と12年に日本女子アマ連覇後、プロテストに一発合格。ルーキー年の13年にヤマハレディースなど2勝し、賞金ランク8位。14年後半シード落ちも経験したが、16年終盤からシード復帰。今季は1勝し賞金獲得額5989万円余りでランク3位。ツアー通算4勝。婚約直後の17年8月の「NEC軽井沢72」で4年ぶりの優勝を飾り、今季も3月に1勝。どん底の時期を支えた勢の存在があっての完全復活だった。

生涯の伴侶を得た勢も今年3月の春場所で11勝を挙げ、夏場所も8勝7敗と勝ち越し。7月8日初日の名古屋場所では16年夏場所以来となる三役復帰三役経験のある幕内力士と現在賞金ランク3位という、トップアスリート同士のビッグカップルが誕生。勢は年寄名跡の取得もメドが立ち、引退後は部屋持ち親方として後進を育てたいとの意向を固めている。比嘉は結婚後も現役を続け、賞金女王、メジャー大会制覇を目指していくが「持っている力を最大限に使って、彼を支えていければ」と、将来はおかみさんへの“転身”にも意欲的。二人三脚で部屋を切り盛りしていくことになる。

人気だけでなく三役経験もあるイケメン実力者の勢。春日山名跡を継承しており将来は親方として後進の指導にあたるが、まだまだこれから。刺激をもらいながら「幕内優勝を目指したい」と誓う。

初対面から予感あった

勢のハートを射止めた比嘉は、勢にひかれた点を「感情豊かなところとか。私自身が感情を爆発させることがあまりないので、自分と違うそういうところがいいと言う。勢も三役が狙える位置まで戻ってきた。

ハリー・ウィンストンの指輪とは?

高級ブランド、人気ジュエリーブランドであるハリー・ウィンストン
五大人気ブランドの一つらしいですね。
芸能人が購入する結婚指輪として注目を浴びている結婚指輪の1つです。
結婚指輪を購入されている芸能人カップルの例を挙げてみますと・・・
北川景子さん とDAIGOさん・・・山田優さん と小栗旬さん
安めぐみさんと東貴博さん・・・松嶋菜々子さんと反町隆史さん
東尾理子さんと石田純一さん・・・などなど・・・
有名なカップルが多いですね。

芸能界を代表する多くの芸能人にハリーウィンストンの結婚指輪が選ばれているのが良く分かります。

ティファニーより高級かも・・・
いや、これだけは人の好みかな?

今後の大相撲の行末!女子ゴルフ界は?

大相撲は昨年11月の九州場所、元横綱日馬富士の暴力問題で大きく揺れた。
結局、貴ノ岩を殴って頭部を負傷させた暴行事件が表沙汰になって、横綱・日馬富士が引退することになったが、

当の被害者側の貴乃花部屋では弟子の十両貴公俊(たかよしとし)関が付け人の力士に暴力をはたらいた問題で、これまた依然ゴタゴタしている。
その中で、最近では珍しく明るい話題となった。
発展の一つのきっかけになってくれれば良いが・・・

女子ゴルフ界では韓国の選手ばかりが優勝して、圧倒的に賞金を稼いでいる現状を何とか挽回してもらいたいと思う。

宮里藍も引退してしまうし、世界的に活躍できる若手がもっともっと台頭してきてほしいと願っている。

 - 未分類