百舌鳥・古市古墳群とは?世界遺産登録決定!保存と観光の両立は?

   

アゼルバイジャンで開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会は6日、日本が推薦していた「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」(大阪府)を世界文化遺産に登録することを決めた。日本の世界文化遺産の登録は7年連続で19件目。世界自然遺産も含めた世界遺産は23件目となるが、陵墓が世界遺産になるのは初めて。

国内の世界文化遺産は昨年の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎県、熊本県)に続き19件目、自然遺産を含めた世界遺産は計23件目となるが、大阪府では初めて。 文化庁が同日発表した。

大阪初となる世界遺産の誕生に、登録に向けた活動を続けてきた関係者は、「人類の宝」と興奮は大きく喜びを分かち合った。

Sponsored Link
 

百舌鳥・古市古墳群とは?

今回、世界文化遺産に選ばれた百舌鳥・古市古墳群は、百舌鳥エリア(堺市)と古市エリア(大阪府羽曳野、藤井寺両市)に密集する古墳時代最盛期の4世紀後半から5世紀後半に築造された49基の古墳で構成

多様な大きさや墳形(前方後円墳や帆立貝形墳、円墳、方墳)があり、89基が現存する。
その内、保存状態の良い49基が選ばれた。墳墓によって権力を象徴する歴史的価値を有する。
うち29基は天皇や皇族などを葬る陵墓などで、宮内庁が管理している。

 

古墳群は、古墳時代の最盛期(4世紀後半~5世紀後半)に、当時の政治や文化の中心地の一つだった大阪府南部地域に築かれたもので、墳形も規模も多様なのが特徴。古墳群は大陸と結ぶ航路の発着地だった大阪湾に接する平野上に築造されており、内外に王権の強大さを誇示する狙いもあったとみられる。

 

古墳時代最盛期の4世紀後半から5世紀後半、大陸と行き来する航路の発着点だった大阪湾を望む場所に築造され、航路からの眺望を意識したとみられる。

 

両エリアの構成資産は、墳墓としては世界最大級:墳丘の全長486メートルを誇る前方後円墳の大山(だいせん)古墳(仁徳天皇陵)などをはじめ、大規模な前方後円墳が集中。百舌鳥地域(堺市)の23基

 

▽全長425メートルの誉田御廟山(こんだごびょうやま)古墳(応神天皇陵)など古市地域(羽曳野市、藤井寺市)の26基の計49基となる。巨大古墳の周りを中小古墳が取り囲み、被葬者の権力や身分の階層を示していると言われている。

49基のうち29基は歴代の天皇や皇后らの墓として宮内庁が管理する「陵墓」で、一般人の立ち入りが禁じられ、学術的な調査も制限されている。政府の推薦書で、大山古墳は「仁徳天皇陵古墳」、誉田御廟山古墳は「応神天皇陵古墳」などとなっているが、被葬者が学術的に確定していないとして、考古学や歴史学の専門家からは、地名に基づく名称で呼ぶべきだという指摘もある。

 

古墳群を巡っては、世界遺産の登録の可否を事前に審査するユネスコの諮問機関、国際記念物遺跡会議(イコモス)が今年5月、「傑出した古墳時代の埋葬の伝統と社会政治的構造を証明し、普遍的な価値がある」として「登録が適当」と勧告していた。

 

来年は、「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)の登録の可否が審査される予定という。

世界遺産登録決定!

「世界遺産」と「文化遺産」「自然遺産」の違いは?

◇世界遺産とは?
世界遺産とは、人類が共有すべき「顕著な普遍的価値」を有するとして、1972年のユネスコ総会で制定された国際条約「世界遺産条約」に基づき、世界遺産リストに登録された文化財や遺跡、自然環境などの有形の不動産の総称。

世界遺産は、各国政府が推薦する物件から、国際記念物遺跡会議(ICOMOS)の審査を経て、21カ国(任期6年)からなる世界遺産委員会の最終審議により世界遺産リストに収録される物件の指定が行われます。

 

1972年の国連教育科学文化機関(ユネスコ)総会で採択された世界遺産条約に基づき、普遍的な価値がある遺跡や歴史的建造物、自然環境を人類全体の財産として保護する制度。2018年7月時点で文化遺産845件、自然遺産209件、複合遺産38件の計1092件が登録されています。

 

◇文化遺産とは?

文化遺産とは、世界遺産の分類のひとつで、「顕著な普遍的価値」を有する建築物遺跡など社会の歴史のなかで長期間にわたって維持継承されてきた文化財で、「世界文化遺産」と呼ぶこともあります。

文化遺産は、2016年現在世界中で814件の登録があり、登録件数が最も多い国は47件文化遺産として登録されているイタリアです。

日本では、これまで以下の18件

  • ­法隆寺地域の仏教建造物(奈良県):平成5年登録
  • ­姫路城(兵庫県):平成5年登録
  • 古都京都の文化財(京都市,宇治市,大津市):平成6年登録
  • 白川郷・五箇山の合掌造り集落(岐阜県・富山県):平成7年登録
  • ­原爆ドーム(広島県):平成8年登録
  • 厳島神社(広島県):平成8年登録
  • 古都奈良の文化財(奈良県):平成10年登録
  • 日光の社寺(栃木県):平成11年登録
  • ­琉球王国のグスク及び関連遺産群(沖縄県):平成12年登録
  • ­紀伊山地の霊場と参詣道(和歌山県、奈良県、三重県):平成16年登録
  • 石見銀山遺跡とその文化的景観(島根県):平成19年登録
  • 平泉:仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群(岩手県):平成23年登録
  • 富士山 信仰の対象と芸術の源泉(静岡県・山梨県):平成25年登録
  • 富岡製糸場と産業遺産群(群馬県):平成26年登録
  • ­明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業(山口県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・鹿児島県・岩手県・静岡県) :平成27年登録
  • 国立西洋美術館本館(東京都):ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献:平成28年登録
  • 「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群:平成29年度登録
  • 長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産:平成30年度記載の18件が文化遺産として登録されていました。

今回これで、日本の世界文化遺産の登録は7年連続で19件目となりました。

 

◇世界自然遺産とは?

自然遺産とは、世界遺産の分類のひとつで、「顕著な普遍的価値」を有する景観や地形絶滅危惧種の動植物の生息地など世界的に価値がある自然現象または地域で、「世界自然遺産」と呼ぶこともあります。

 

自然遺産は、2016年現在世界中で203件の登録があり、登録件数が最も多い国は12件自然遺産として登録されているオーストラリアです。

日本では­①屋久島(鹿児島県)、②白神山地(青森県・秋田県)、③知床(北海道)、④小笠原諸島(東京都)の4件が「自然遺産」として登録されています。

また、「世界遺産」には、「文化遺産」「自然遺産」いずれも登録基準を満たした「複合遺産」に分類されるものもあり、2016年現在世界中で35件の登録があります。日本には現在のところ「複合遺産」として登録されている物件はありません

 

日本の自然遺産の4つは以下の通りです。

①屋久島(鹿児島)面積約10,700ha  登録1993年

②白神山地(青森県・秋田県)面積約17,700ha 登録1993年

③知床(北海道)面積約71,100ha 登録2005年

④小笠原諸島(東京都)面積約7,900ha  登録20011年

世界自然遺産も含めた日本の世界遺産は23件目となります。

Sponsored Link
 

保存と観光の両立は?

今後参拝客の増加が見込まれるが、宮内庁は「世界遺産となっても皇室祭祀(さいし)が行われる『祈りの場』に変わりはない」と強調。

「墳丘内部への立ち入りを認めることはなく、保存管理に一層努力する」と静観している。
つまり、一般公開などあり得ないという態度で一貫しています。

 

アゼルバイジャンの首都バグーで行われた世界遺産委員会の会場に、登録決定の木づちが響いた瞬間、日本の代表団席で審議を見守っていた大阪府の吉村洋知事は、立ち上がって周囲の関係者らと次々に握手を交わしたという。

吉村知事は「遺跡の保存と観光振興は両立させる必要がある。国内外から訪れる人々のため、タワーや気球などを利用して古墳の全体像を見てもらう仕組みが必要だ」と強調した。

 

永藤英機・堺市長は「地域の宝として親しまれた古墳群が人類の宝となった」と喜びを語った。安部首相は6日、世界遺産登録が決定した事について「心からうれしく思う。世界の宝として、その魅力を積極的に発信し、次世代に引き継いでゆく決意を新たにしたい」とのメッセージを発表した。

 

しかし、陵墓は宮内庁が管理する皇室祖先の墓。
皇室典範では天皇と皇后、太皇太后、皇太后を葬る所を「陵(りょう)」、他の皇族の墓を「墓(ぼ)」と定める。皇族の墓である可能性が高い「陵墓参考地」を含めると計899に上る墓を宮内庁が管理している。

 

陵墓は皇室祭祀が行われる聖域として宮内庁が管理してきた結果、戦後の宅地開発から守られてきた経緯がある。
陵墓には「拝所」が設けられており、一般人も参拝が可能だ。宮内庁には「世界遺産登録がお代替わりと重なり、皇室の歴史に関心が高まる」と肯定的な見方がある一方、陵墓担当者は「現在も毎年被葬者の命日に祭祀が行われている」と説明。静かな環境と尊厳を守ることが宮内庁の役目とし、墳丘内部の立ち入りや一般公開は「墳丘の破壊につながり、今後も認めることはない」と明言する。

 

ただ、宮内庁には陵墓の保存管理に「地元自治体との協力は不可欠」とする声もある。昨秋、仁徳天皇陵で初めて、堺市とともに実施した堤での共同発掘調査を念頭に「他の陵墓でも可能な範囲で学術調査に協力していきたい」(宮内庁幹部)としている。

■宮内庁の坂井孝行書陵部長の話

「(登録決定は)喜ばしい。皇室の祖先のお墓としての『静安と尊厳』が損なわれないことを前提に、今後とも陵墓を含む世界文化遺産の保全に向けて必要な協力を行いたい」との談話を出した。

まとめ

「大山古墳?」と首をひねる人も、仁徳天皇陵のことだと聞けばうなずけると思う。墳丘長486メートル(最近、525メートルに上方修正)。最大の古墳として歴史教科書に出てくる前方後円墳である。

 

しかし近年、仁徳天皇陵という呼称はどうも不評らしい。
「大山古墳(仁徳天皇陵)」のように、その雄大さにちなむ地域での呼称と、管理する宮内庁の認定名との並列的な表記が多い。

 

理由は、以前とは違い、在位の時期と古墳の年代とのズレなどから、ここに仁徳天皇が葬られていると考える研究者はまずいないからだという。
では「誰の墓か」というと、それも断定するのは難しいらしい。

 

宮内庁が「皇室祖先のお墓」として、古墳群を近年の宅地開発から守り抜いて来たという功績は認めるとしても学術的には、もう少し研究者に古墳群への立ち入りを開放しないと呼称すら統一出来ない状況が続いてしまう。

 

一般開放はあり得ないとしても、個人的には「気球に乗って、空から古墳群を見てみたいなぁ~」という気持ちは非常に強くある。
テレビで、エジプトのピラミッド群を気球に乗って未明の空から眺めているシーンが忘れがたい。

日本でも実現してほしいなぁ~とつくづく思う。
くれぐれも事故だけはおこさないように~。

 - ニュース