上白石萌歌はなぜ歌が上手い?生誕に秘密あり?姉の萌音も人気女優

      2019/05/16

キリンビバレッジ午後の紅茶のCMシリーズで驚くほどの美声を披露し、注目を浴びた上白石萌歌。歌はお姉ちゃんの萌音より上手いと評判で、容姿は双子かと見間違えるほど、そっくりな美人姉妹。二人とも歌が上手いのは生い立ちが影響しているらしい。今日はその歌唱力の秘密やデビューのきっかけを調査してみた。

Sponsored Link
 

上白石萌歌はなぜ歌が上手い?生誕に秘密あり?

上白石萌歌(かみしらいし もか)のプロフィール

本  名:同じ

生年月日:2000年2月28日(19歳)

出生地:鹿児島県鹿児島市

身  長:162㎝  体重 不明(非公開)

血液型:A型

職  業:俳優、ファションモデル、タレント

ジャンル:映画・テレビドラマ・舞台

活動期間:2011年~

著名な家族:上白石萌音(姉:女優・歌手)

事務所 :東宝芸能

公式サイト:公式プロフィール

 

主な作品

TVドラマ:「義母と娘のブルース」「3年A組―今から皆さんは人質です」

映 画  :羊と鋼の森

劇場アニメ:未来のミライ

舞   台:ミュージカル「魔女の宅急便」

テレビCM :キリンビバレッジ「午後の紅茶」

ジーンときますね。豊かな歌唱力です。実にのびやかで澄み切っています。

 

上白石萌歌の生い立ち

出身地は鹿児島だが、6歳の頃から3年間メキシコで暮らしたという。父親がメキシコにある日本人学校で日本語の教師をしていたため、家族でメキシコに移る。

母親は元音楽教師でピアノの先生。子供の頃から、いつも音楽に触れる生活を送り、自然と歌や踊り、詩を書くことが趣味の女の子へ成長したようだ。

 

6歳なら、だんだんと社会に触れる機会も増え、人格形成には非常に大事な時期。そんな時期にたくさんの環境の変化や刺激を受け、豊かな人間性が形成されたのではないか。

 

メキシコは明るく陽気な国民性で知られた所だし、気候も日本と違い各段に温かい。いや、はるかに暑く厳しいか?でもメキシコでの3年間の生活が幼少期の人格形成に大きな影響を与えたのは、まず間違いあるまい。

 

家庭環境に恵まれていたのは確かだが、あの美声や澄んだ歌唱力は努力しても容易に身に付くものではない。やはり天性の才能があったのだろう。才能+努力か!?月並みな表現・評価だな。我ながら文才のなさに呆れる。

デビューのきっかけ

2011年、第7回「東宝シンデレラオーディション」に応募し、当時最年少の10歳でグランプリに選出され、芸能界デビューのきっかけになったらしい。

 

この時のグランプリのオーディション参加人数はなんと、40,000人以上!これはホント驚き!

その後、ローティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルとして活動し、同年代の女性を中心に多くのファンを獲得。

 

2012年にはドラマ「分身」で女優デビュー。その後はドラマだけでなく、立て続けに舞台の有名作品で主演に抜擢されるなど、演技力を認められ精力的に活動中。

 

ミュージカルの舞台に立った時だろうか。彼女の歌や歌唱力に疑問符を付ける人が現れたのは・・・下手な訳はないのだが、やはりスタジオで録音する様な訳には行かなかっただろう。

 

逆に舞台をやって来た人の演技がドラマでは大げさ過ぎるという評判を良く聞く。それと同じで、普通に歌手として歌って来た人にとってミュージカルの舞台はもっと大きな声で

マイクなしで観客に伝えなくてはならない。これは、もう場数を踏むしかないだろう。

 

NHK『いだてん』にも出演~体重7㎏増加で役に臨む

上白石萌歌が24日、NHKで行われた放送中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)の会見に出席し、第2部に出演することが発表された。

第25回より「日本にオリンピックを呼んだ男」田畑政治(阿部サダヲ)が主人公の第2部となり、田畑とともに水泳で世界に挑む仲間たちを演じるキャストとしての登場となり、上白石は日本女性初の金メダリストである前畑秀子を演じる。

 

上白石は「私自身、初の大河ドラマの作品になります。毎日刺激がたくさんあって、すてきな方々に囲まれて撮影しております」と初々しくあいさつ。ややふっくらとした顔つきになっていたが「誰しもご存知の女性で、初の女性の金メダリストということで、3ヶ月前からトレーニングをしています。体型に説得力を与えるために7キロくらい増量して、心も体も近づけるように努力しました」と奮闘ぶりを明かした。

 

具体的な役作りについては「偶然にもひとつまえの作品(日本テレビ系『3年A組』)でも水泳選手を演じていて、役で言うと今回が3回目になるのですが、オリンピック選手は初めてでした。平泳ぎというものに本格的に向き合うと、すごく奥の深い泳ぎだとわかりました」と回顧。

 

「陸のトレーニングも同時進行でやっていて、水中2時間半、陸上を続けてやった日、次の日に全身が筋肉痛になって歩けなくなっちゃって…。増量とか日サロに行ったりして、なるべく前畑さんをうそなく演じられるように頑張りました」とアピール。

 

具体的な増量法については「体型から役を作るのは、今回が初めてでして、ただの増量っていうのだけではなくて、筋肉をつけるため。説得力をもたせるためにやりました。長期で長時間水の中にいなきゃいけなかったので、これだけハードな撮影だったら、これくらい必要だったなと、体力をもたせるための増量だったなと。いっぱい食べたりとか、筋トレしたりとか、夜中にナポリタンを食べたりとか、楽しかったです。(姉の上白石萌音は)『最近机の上に散らばっているお菓子の袋の量が違う』と言っていました」と報告。

 

若いだけあって、役作りへの情熱は凄い。オリンピックの水泳選手の体形は女子でも逞しいし、筋肉は半端ないがなめらかでのびやか。一目で柔軟性ありと分かる。筋トレは大変だっただろうけど、瘦せるより増量する方が確かに楽しかったに違いあるまい。

 

Sponsored Link
 

姉の萌音も人気女優

珍しい苗字でお分かりの様に、お姉さんは女優の【上白石萌音:もね】21歳。
二人とも双子か?と言われるぐらい良く似ている。そして可愛らしい美人姉妹。

姉の萌音は社会現象ともなった大ヒットアニメ映画【君の名は】のヒロイン役に抜擢され大ブレイク。

 

姉妹そろって同じ職業なので、何かと比較されることが多いだろうけど、今のところ仲が悪いなどという変な噂は聞こえて来ない。二人で切磋琢磨して高めあってゆけるだろう。もっと演技に幅が出て来るといいな。

 

お姉ちゃんの歌にも定評が高い。その一曲が下の「ハッピーエンド」

 

上白石萌音の配信シングル「ハッピーエンド」が、4月5日にリリースされた。配信開始から多数の音楽配信サイトでトップ10にランクインし好評を得ており、上白石が「私もまだ経験したことがないくらいの、ドキドキとキュンキュンが詰まっています」と語る、スウィートなラブソングだ。

 

姉妹そろって俳優で,歌でも周りの評価・評判が高い。これからが、ますます期待できる二人だ。両親の育て方が良かったのだろうな。きっと・・・

 - 芸能