マック赤坂が14回目の立候補挑戦・港区議に初当選!青天の霹靂?

      2019/04/24

2017年の東京都議会議員選挙を含め、国政選挙などに13回、立候補したマック赤坂氏(70)が、14回目の最後の挑戦で、21日投開票の東京都港区議会選挙で、当選が確定。開票はすべて終わっている。

Sponsored Link
 

マック赤坂が14回目の立候補挑戦・港区議に初当選

赤坂氏は「私は残りの人生のすべてをかけて今般の統一地方選、港区議会選挙に最後の挑戦をする決意をいたしましたことをここに表明します」と最後の選挙と覚悟を決めて立候補していた。深夜0時40分の段階で1144票を獲得し、34議席中30位で当選確実の一報が入った。

 

赤坂氏は「まだ、ちょっと信じられない。最終確定までは本当かな? という感じですけど当確…平成の最後にビッグニュースがきたね」と、14回目の挑戦で、初の当選確実に驚いていた。本日午前6時現在には、すべての開票が終わっており当選が確定。

 

マック赤坂(マックアカサカ)氏のプロフィール

本  名:戸並 誠

生年月日:1948年9月18日 (70歳)

出  身:愛知県名古屋市

出身校 :京都大学農学部卒業

職  業:実業家、政治活動家

団  体:財団法人人スマイルセラピー協会会長

活動拠点:東京都港区赤坂

政  党:スマイル党総裁

公式サイト http://ameblo.jp/smile-mac/

 

マック赤坂(マックあかさか、本名:戸並 (となみ まこと)、1948年9月18日 - )は、日本の政治活動家、実業家、民間セラピスト、美容研究家。一般財団法人スマイルセラピー協会]会長、スマイル党総裁(2016年7月31日投開票の東京都知事選挙には、無所属で立候補→あえなく落選)。

 

都知事立候補時の政見放送

自身の経歴に触れたときには、「命のビザで有名な杉原千畝の母校である愛知県立瑞陵高等学校を卒業したこと」と「商社マン・実業家として成功したこと」に言及。

 

そして、都職員の削減や都議を区議や市議が兼任する制度の導入、困窮者の救済を訴えた。しかし、政見放送の終わりに「私は実業家でございます。あのアメリカのトランプのように、異端児でございます。こんな異端児、どこにいたんじ? ここにいたんじ!」とギャグを言った。

 

彼の政治思想・行動原理には吉田松陰、三島由紀夫、陽明学、合気道、マハトマ・ガンディーの影響が色濃く表れている。また、弟子にはマック赤坂見附(宗寿人、2015年船橋市議選で落選)がいたが、2016年現在では、濱田雄馬が1番弟子となっている。

 

近年は政治活動だけではなくニコニコ超会議などのイベントへの参加や「マック赤坂人生道場」という自身の成功体験をもとにして、「いかに人生において成功するか」を伝える講演活動も行っている。(引用:Wikipedia:公式ブログ)

どんな人物像なのか?

愛知県名古屋市出身。貧しい家で育った。愛知県立瑞陵高等学校卒業、現役時に東京大学理科1類を受験するも、不合格。本人はこの件について「高校3年間Z会を利用したにも関わらず落ちた」と発言している。一浪して京都大学農学部に入学・卒業。

 

伊藤忠商事退社後にレアアースの輸入商社、マックコーポレーション株式会社を設立、同社社長となる。息子が1人いる。妻とは離婚し、現在はパイプカットをしている。

 

名前の「マック」は本名の誠(まこと)、「赤坂」は自身が好きな街の東京・赤坂が由来である。なお、「マック赤坂」という名前はスマイルセラピーのために、「スマイルが出るように」と本人が考案したものである。

 

なお、一連の政見放送の動画はニコニコ動画等の動画投稿サイトにおいてMADムービーの素材として使われることがある。本人も一部の動画の再生を呼びかけたり、「ネガティブからポジティブになるコラはウェルカムだ!」とTwitterで発言したりするなど、好意的に評価している。

 

また、精神科医である香山リカのペットの猫が2014年東京都知事選挙の政見放送時に、天使のコスプレをしたマック赤坂に釘付けになるという事態が起きたという。

 

また、マック赤坂の政見放送ではほぼ毎回、「10度 20度 30度!」といういわゆる「スマイルトレーニング」をしており、 本人はこれを「スマイル党の合言葉」とも称している。

Sponsored Link
 

青天の霹靂~本人の弁

マック赤坂氏は「スマイル党」を立ち上げ、2016年の東京都知事選や国政選挙などに立候補。政見放送に奇抜な服装で臨むなどして、常にネット上で話題を呼んできた。初当選に「まさか当選するとは思わなかった。驚きというか青天の霹靂(へきれき)だ」と語った。

 

2007年の港区議選以来、都知事選挙や参院選などに出馬したがいずれも落選。原点に戻った14回目の挑戦で1144票を獲得、立候補者54人中30位で議席を獲得した。

 

今回の港区議選では、公約として「老人・介護施設を3倍増」「毎月8日をスマイルデーに」などと主張。選挙期間中にツイッターで「選挙人生、今回の港区議選をもって最後とする事にしました。その間多くのご批判を頂きましたが同時に本当に多くのご支援も頂きました」とつぶやいていた。

 

ユニークな吾人が初心を貫徹され、初当選した。
おめでたい。ご活躍を期待します。
ホントに老人・介護施設を3倍増して下さいね。
そして、介護職員の増加・待遇改善に尽力して下さい。
最後のご奉公を見守っています。

 - 未分類