ペティ・ヴァカ・エルビスの出身国はどこ?バスケで性格が激変の理由

      2018/06/22

17日に長崎県大村市であった全九州高校体育大会のバスケットボール男子準決勝で、延岡学園高(宮崎)の留学生選手が審判に暴行した映像はツイッターなどソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で一気に広まった。SNSでは「どんな理由があっても暴力は許されない」「大男に殴られたりしたら、へたしたら死ぬ」などと多数のコメントが寄せられた。

殴った選手はペティ・ヴァカ・エルビス選手!

15歳 1年生 身長204㎝  体重:86㎏
出身地:コンゴ共和国 ポジション:センタ-

審判を殴るなんてことは高校バスケで聞いたこともありません。
漫画のスラムダンクでもあそこまでのことはなかったと思います。
スラムダンクは三井の事件や外での色々な喧嘩はありましたが、試合中に暴行などの行為は一切ありませんでした。

審判の怪我の具合や現在の容態は?

情報によると、審判は担架で運ばれ、そのまま病院へ搬送されたようです。
その後、手術が少しあったようで、口の中を10針縫う怪我を負ったとのことでした。
現在も治療中とのことで、ベッドで安静にしているのかと思われます。

たった一発の右パンチで10針も縫うなんて、高校1年生とは思えないほどの腕力です。
2m以上も身長がありますからそれだけ同時にパワーもあったのでしょう。
審判も早く回復して、また仕事ができるようになってほしいですね。

あるサイトには上記の様なコメントが載っていました。

そして、情報によると、選手は監督とともに、大村警察署に出向いて経緯を説明した後、審判の男性に警察署で直接会って謝罪したとのこと。

しかし、警察署ということは審判はもう歩ける状態ということですか。
報道が錯綜していますね。
それから審判の男性は、「今回のことでバスケを嫌いになってほしくない。」とのことで、被害届は出さないそうです。

学校側では、「最近この選手は元気がなかったそうで、今回の大会の後に一時帰国させて様子を見よう」
「もしかするとホームシックだったかもしれませんね。」と発表したそうです。
こんなコメントだけで良いのでしょうか?

しかし、これで許していいのですかね?

一連の報道やSNSでのコメントにある様に、いくら子供とはいえスポーツ中に人を殴るなんて誰に対しても許される行為ではありません。
しかし、被害届を出さない審判も審判です。
こんな理由で許すのですか?

審判をしているというプライドはないのですかね?
自分の審判行為に自信があるなら、子供とはいえ土下座さすべき行為です。
そして、しかるべき処分が為されて当然の事件です!

これは事件なのです!

こんな甘い行為ばかりで許しているから、暴力根絶が出来ないのです。
日大のアメフットボールの事件を彷彿とさせます。
監督やコーチの指導責任は当然、問われてしかるべきです。
周りの大人も黙って見ていてはいけませんね。
学校や協会や連盟も黙って見ていてはいけません。
処分を下すべきです。

ダメですね!

こんな事件をおこした場合ほどあいまいな処分で終わらせてはいけない。
これでは考えてもいなかった行為が、又どこかで起きるでしょう!
そして、又あいまいな処分のまま終わらせてしまう。

高校の時から外国人をスカウトする!

アマチュアスポーツ界では日本一になるために外国人をスカウトしてくるのが、もう常識なのですね。
いいんですかね?
こんな状態が常態化してしまう事が・・・どんな種目のスポーツでも、こんな事が・・・
外国人選手の登場が・・・日本で・・・アマチュアスポーツ界で当然の様に・・・勝つために手段を択ばない。
スポーツでスカウトしてまともな教育がその選手に出来るんでしょうか?
何か、釈然としません。

とにかく暴力行為に対しては毅然たる態度を取るべきです。
そうでないと悪循環が繰り返されるだけです。
どこかで、速やかに大人が毅然たる態度・行為・処分を示すべきなのです。
子供でもお仕置きは必要です!

バスケで性格が激変の理由

今年の4月から日本に来たようです。ホームシックにかかっていたのでしょうか?

言葉が通じず大きなストレスを感じていたのかもしれません。納得のいかない審判に苛立ちが重なったのでしょうか?

しかし、それで審判を殴っていいという正当性は出てきません。本国へ帰すべきでしょう!今後の公式試合に出場などとんでもない話です。学校もスポーツで外国人をスカウトするなら、それ相応の受入れ体制を整えるべきです。

良いお手本を示さなければどんな世界でもこんな事は通用しません。

 - 未分類