菊池雄星の最新ニュース・ヤフーによれば病没した父の葬儀に出ず登板志願

   

マリナーズ・菊池雄星投手(27)の父・雄治さんが31日に死去した。球団が30日(日本時間31日)、発表した。59歳。がんで闘病中だった。前日29日(同30日)のRソックス戦(シアトル)に先発し、初勝利こそ逃したが、6回3失点と力投。試合終了から数時間後に、雄治さんは静かに息を引き取ったという。

Sponsored Link
 

菊池雄星の最新ニュース・ヤフーによれば・・・

菊池は21日に東京ドームで行われたアスレチックスとの開幕第2戦でメジャーデビュー。29日にはレッドソックス戦で本拠地&米国デビューを果たし、6回3失点(自責2)でメジャー初勝利の権利をもって降板したが、抑え投手が九回に逆転弾を許したため、勝敗はつかなかった。

 

菊池のコメントは以下の通り。

「本日、かねてより病気療養中であった父・菊池雄治が永眠いたしました。

生前、父は私に野球に専念し、そのままチームの勝利のために頑張って欲しいと言っていま
した。私は父の願いに敬意を表し、全力で頑張り、残りのシーズンを父に捧げたいと思っています。

この件に関しては、以上が私の唯一の声明になりますが、野球に関する質問は引き続き3月31日の日曜日から受ける予定です。

私の家族へのご配慮に感謝申し上げます。

「菊池雄星」(原文ママ)

菊池は、自分が15歳の頃から夢見ていたメジャーデビューを見届けて旅立った父親のため、次回登板の4日(日本時間5日)、敵地でのホワイトソックス戦で初勝利を目指すことにしたという。

 

マリナーズの菊池雄星投手は亡き父との約束を守り、訃報を受け取った翌朝の3月31日(日本時間1日)もシアトル本拠地Tモバイル・パークでいつもと同じように体を動かしていた。

病没した父の葬儀に出ず登板志願~癌で死去した父の遺言守る

日曜日のデイゲームで試合前のチーム全体練習がなかったため、誰もいないフィールドで菊池は通訳兼練習パートナーのノバック氏と15分ほどキャッチボールをした。昨夜遅く、球団広報から出された父の訃報のプレスリリースには、以後一切、報道陣からは野球に関する質問しか受け付けない旨が記載されていたのは、辛い気持ちを振り切ってアメリカに残ることを決意した表れと思われる。

 

一夜明けて菊池は記者団に、「今の僕に必要なのは勝ち星よりも、マリナーズの監督、コーチ、選手、そしてファンの皆さんに、ピッチングを認めてもらうというか、受け入れてもらうという方が、勝ち星以上に必要なことだと思う」と話した。何よりも今はそれに集中したいと前を向いた。

 

心中は如何ばかりかと察するに余りあるが、確かに今は父親の葬儀に参列し、祈るばかりが親孝行ではないだろう。シーズンは始まったばかり。ここで1週間も『忌引き』で日本に戻ればどんなに若く、元気でも以後の試合に支障を来すのは目に見えている。

 

疲れは残るだろうし、練習しないツケは後半に必ず現れてくるはず。日米は距離的に離れ過ぎている。もっと近ければ葬儀に参列して大丈夫だろうが、飛行機で1日かけて帰国し、体を全然動かさずに米国に戻ればどんな結果が待っているか、父親も良く分かっていたはず。小さい頃からの雄星の育て方を見れば、自分の葬儀に参列する事など望むまい。雄星のメジャー初勝利を誰よりも待っていたはずだ。

 

はっきりとした遺言がなくとも普段から、そんな話は家族でしていたはずだ。ここで休めばどういう結果になるか。結果かは火を見るより明らかだ。踏みとどまるしかない。墓前に詣でるのはシーズン後、勝利数を報告する事に尽きる。

 

父親の雄治さんは以前から「何をやっても無駄にならない」という方針を子供に貫いた。雄星にはバレーボール、水泳、ピアノなど多くの習い事を経験させた。小3で始めた野球もそのうちのひとつだった。

 

メジャー挑戦かNPB入りかで悩んだ高3の秋は、口を挟まずに息子の意見を尊重した。1月のマリナーズ入団会見にも姿を見せた。だが、体調不良で雄星がメジャーのマウンドに立って勝利する姿をその目で見ることは叶わなかった。さぞ無念な思いだっただろう。

Sponsored Link
 

サービス監督の思いは?

サービス監督はこの訃報を知り、菊池を監督室に呼んで話をしたらしい。その際、菊池は「自分にとって正しいことは、(葬式に帰国せず)ここに残ること」であり、それは「何かあった場合には、そうすることを父と話し合っていた」と言ったという。

監督室の壁にはホワイトボードが掛けられており、そこには既に決まっている両チームの先発投手名が書き込まれている。菊池はそのホワイトボードの4日木曜日の箇所に書かれた自分の名前を見上げて、「僕は木曜に投げます」と監督に言ったそうだ。

 

サービス監督は菊池の発言をどう思っただろうか?家族をまず思いやる事が第一で、登板をせずに帰国する選手が大リーグには多いはず。ここで菊池が日本に戻りたいと言えば止めはしなかっただろう。あえて踏みとどまり登板を志願した菊池!

 

メジャーでの初シーズンを亡き父に捧げると決意した菊池の次回登板は、4日(日本時間5日)、敵地シカゴでのホワイトソックス戦だ。決意のほどの投球を見せることが出来るだろうか?勝負師の真価が問われる一戦だな。本当の男になれるか?

 - 未分類