河野景子が高血圧に!原因は離婚?トラブル息子?生放送MC復帰に

   

元フジテレビアナウンサーの河野景子(54)が1月30日にブログを更新し、かなりの高血圧であることを報告。元貴乃花親方の花田光司氏(46)と昨年10月に離婚したタレントの河野が4日放送のTBSの「名医のTHE太鼓判!」(月曜後7・00)に出演。高血圧を指摘され、1週間の改善生活に臨む様子が明かされた。

Sponsored Link
 

河野景子が高血圧に!

「【冬の高血圧】芸能人24時間血圧測定」と題しての放送。河野が番組で測った血圧は上が147、下が110で、正常値(上135、下85)より高めというまさかの結果に。

「高い…。すごく高い。どうしよう、すごく高い」と動揺する河野は「私ず〜っと低血圧だったんですけど、最近ちょっと高くなりつつある…」と告白。

 

ここで、MCを務める「アンジャッシュ」渡部建(46)から「ちょっとよく分かんないんですけど、最近何かありました?全然分かんないんですけど」と突っ込まれた。

 

すると、河野は「それ、関係あるんですかね?」。渡部は「どうなんでしょうね」と受け流した。血圧が急上昇する6つの行動のうち「朝に冷水を飲む」は朝一番で白湯を飲む習慣があるため該当しなかった河野。

 

高血圧を招いてしまうリスクをあげる6つの行動とは?

  • 朝に冷水を飲む
  • 熱いお湯に入る
  • 早食い
  • 防寒を怠る
  • 1人で歌い続ける
  • 気持ちが乱れる

以上の6つが危ないらしい。⑥の気持ちが乱れるについては、即ちストレスのこと。

 

「防寒を怠る」「冬なのに薄着」という項目について話が及ぶと「お相撲さんていつも薄着なんですよね。冬でも半袖半ズボンで。彼らは暑い、暑いって言ってるけど、気を付けなきゃいけないんですね」と“おかみさん”の顔をのぞかせる場面もあった。

 

だが、血圧を急上昇させる「ストレス」についての話になると「ストレスの中で生活している」「ストレスがない時は家で1人でいる時ぐらい」「ストレスが多かったので…」と次々に愚痴が飛び出し、マネジャーから「やめときましょう、この話は」とストップが。この時、最高血圧は164まで急上昇してしまっていた。

 

これには渡部が「いや、ちょっと待ってください。なるべく僕は触れないようにしようと思ったら自らもう我慢できなくなっちゃって。ちょっと!」ツッコミ。

 

河野は「あの瞬間、上がったんですよね」と笑顔で振り返った。
「低くしたいです。正常に戻したいです」と懇願する河野に、医師から加熱することで血圧を下げる作用を持つにんにくを勧められ、1週間にんにく料理を積極的に摂ることに。

 

すると、147/110だった血圧が139/89と正常値まであと一歩というところまで落ち着いた。「にんにく恐るべしですね」。河野はそうしみじみと振り返っていた。

 

高血圧の原因は離婚?トラブル息子?

河野が「年齢やストレスでも、血圧あがるんですって」と妙に納得していたのが気にかかるが、インタビューで元貴乃花親方の花田光司氏との結婚生活のことについて触れられると、一気に血圧が上昇。

 

これについて河野は、自分から「ストレスですね、ストレス」と語り、結婚生活においての苦悩を漏らしていた。

 

ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されることで、その働きによって血管が収縮して血圧が上昇する仕組みらしい。

 

そんな河野は、自身のブログでも今回の番組について触れていた。

河野景子氏のブログより(1月30日)タイトル「収録」

TBS「名医のTHE太鼓判!」の収録に行って参りました

久しぶりに会う山瀬まみちゃんや彦摩呂さんに『景子さんお帰りなさい!』と声をかけてもらい、温かい気持ちになったのでした〜爆笑

今回のテーマは《 血圧 》

これまで低血圧だと思っていたのに、久しぶりに計測したら、な、な、なんとかなりの高血圧!!

年齢やストレスでも血圧あがるんですって。

にんにくを 一週間食べ続けると血圧が下がる!という実験をやらせていただきました。

出張先のお弁当にも、会食の時も、事務所でのクイックランチでも、なんにでも にんにくオイルをかけて〜〜。
それで、ちゃんと血圧が下がったんですよ^_^

え?
ニンニクオイルの作り方って??

それは、番組をご覧ください!

他にも 血圧が上がらないための注意点など為になることが沢山です!!

年を重ねることでいろんな変化が出てきますが、上手に対処して健康な体で元気に頑張りたいですね

 

TBS「名医のTHE太鼓判!」は、
2月4日(月) 19:00〜20:00の放送です

河野景子 #河野景子オフィシャルブログhttps://ameblo.jp/keikokono/entry-12436130150.html

河野は効果が出たのでかなり気に入ったようだった。

 

河野のストレスといえば、元貴乃花親方の花田光司氏との離婚問題だけではあるまい。靴職人でタレントの長男・花田優一の名前も思い浮かぶ。これまでの報道を振り返ると、靴の納期の遅れ以外にも、さまざまトラブルを起こしていた。

 

昨年8月にはタレントの板野友美似の美女と不貞疑惑、9月には女優の吉岡里帆の弟が弟子入りしましたが、クレーム処理ばかりやらされたとして、3カ月ほどで辞めてしまった。

 

11月には所属事務所が契約解除、12月には両親に続き、自身もスピード離婚。さらに1月29日の『女性自身』では、前所属事務所との金銭トラブルも報じられた。

 

昨年6月にイタリア・フィレンツェで開催されたメンズファッションの祭典『PITTI IMMAGINE UOMO』に出展した際、花田に頼み込まれた前事務所は2千万円近くの費用を肩代わり。

 

結果的に水の泡と消えてしまったが、契約解除後、この件について、花田から謝罪の言葉は何ひとつないそうだ。毎月のようにトラブルが報道される愛息子・優一を見ていれば、河野もストレスが蓄積し、血圧も上がって当然でしょうとある芸能記者は語る。

 

しかし、番組では河野は血圧が下がるという「にんにくオイル」を1週間続ける実験に参加。出張先の弁当、会食、事務所のクイックランチなど、なんにでもにんにくオイルをかけた結果、見事に血圧が下がったという。

 

結果は良かったが、今後も長男のトラブルが続けば、河野の“にんにく臭”も消えないだろう。それで、今回の生放送のMC復帰が務まるのか。

生放送MC復帰~フジ退社以来25年ぶり

河野景子が、フジTV局のバラエティー「グレイティストTVショー~ブラウン管が生んだスターたち~」(3/25~29日午後3時50分)の27日放送で、94年1月の退社以来25年ぶりに生放送のMCを務めることが21日、判明。

同局60周年特別企画で、5日連続でテレビから生まれた60年間のスターにスポットを当てる。河野は88年に同期入社のフリーアナウンサー八木亜希子(53)とコンビを組む。(下の写真:1988年同期入社の“花の3人娘”の内の2人)

左側の「有賀さつき」は2018年1月30日、卵巣癌で病没(享年52歳)

フジTVもよほど目玉商品に飢えているらしい。なりふり構わずという感じがする。

 

元貴乃花親方の花田光司氏(46)と昨年10月に離婚後は、タレント活動を活発化させている河野は「60周年という節目に、育てていただいたフジテレビに出演させていただくことは本当にうれしい。しっかりものの八木さんが一緒なので心強いです。新人アナウンサーに戻ったつもりでカメラの前に立ちますので、温かい目でご覧いただけたらうれしいです」。

 

八木は「2人で司会を務めるのは会社にいた時以来。並ぶだけで照れちゃいますが、とにかく一緒に楽しめたら。笑い上戸の彼女を、いっぱい笑わせたいです」と話しているが・・・果たしてどうなるか?

 

同番組では日替わりで、フジテレビ歴代人気アナがコンビを組む。25日は高島彩(40)中野美奈子(39)の「めざましテレビ」、26日は加藤綾子(33)椿原綾子アナ(33)の「08年入社同期」、28日は木佐彩子(47)内田恭子(42)の「スポーツキャスター」、29日は小島奈津子(50)西山喜久恵アナ(49)の「92年入社同期」のコンビが登場する予定。

Sponsored Link
 

ネット上の声・まとめ・私見

調べて見たら、辛辣な意見が多いのに驚いた。

 

「毎日、にんにく食べたらアナウンサーの仕事できないよ。」

「この元家族3人の姿をTVでみせられると血圧が上がる。」

「元力士・元アナ・元靴職人」の御三方、頼むから2~4年 TVで顔をみせないで。」

 

「そんなことは医者に聞いたら?それより長男なんとかしたら?テレビ出ても都合の悪い質問されてもうまくはぐらかすし。見ててむかつくねん、あんたの息子は。」

 

「離婚して良かったね!合わないからね!レベルが合いませんでしたね!もっと知的な人と再婚して下さい!」

「この人が映っているのを見た途端、チャンネル変えた。生活があるから、仕方ないんだろうけどね‥。」

 

「っていうか…バラエティでのはしゃぎっぷりが不快。この人は結局華やかな場所が好き。前に前に出たい人。」・・・などなど。

 

あまり、河野景子に対して好意的な意見はないなぁ。どうも相撲部屋の“おかみさん”としての評判も今一だったし、離婚した途端に「告白本」は出すはで小首を傾げたくなる言動が目立つ。

河野景子の著書「こころの真実」(世界文化社)についてデイリー新潮などが報じているが、出版に際して元貴乃花が抱いていたというやきもきは杞憂に終わった様子であるらしい。同著は離婚騒動などへの踏み込みが鈍く、弟子の名前もほぼ出てこないという。

初版1万7千部で、すでに3刷を予定しているそうだが、肝心の中身には相撲担当記者も首を傾げる。

「目を引いたのは、景子さんがストレスで円形脱毛症になったり、壁に頭を打ちつける“自傷行為”に走ったりしたという記述くらい。

貴乃花がテレビで“円満離婚ではない”と発言したのに対して、むしろ“私はそう思っていません”“夫婦でありながら同志、戦友のような存在”と持ち上げるなど、全編を通じて言い訳と綺麗事に終始している印象です」と語る。

 

離婚や数々の騒動についても「踏み込み」は鋭さに欠ける。しかも、「義兄に当たる若乃花にはわずかに触れる程度で、義母の憲子さんや義姉だった美恵子さんに至っては名前すら見当たりません」(同)

 

さらに奇妙なのは、相撲部屋の女将を「お母さん的な役割」としながらも、弟子の名前がほとんど出てこないことだ。ちなみに、元横綱・日馬富士から暴行を受けた貴ノ岩への言及も皆無。

 

両親を亡くした貴ノ岩にとって景子さんは「日本の母」だったはずだが……。一方、昨年の九州場所を制した貴景勝だけは6ページに亘って取り上げている。

 

この点、景子さんに質すと、「貴景勝について書いたのは、あの子の番付が一番上だったからです」

 

確かに、元貴乃花部屋出身力士のなかでも貴景勝の関脇は最高の番付で、稀勢の里が引退した今、日本人横綱への期待も高まる。とはいえ、他の弟子たちはどう受け止めるだろうか。

 

「綱取りがなれば“貴乃花部屋の元女将”に加えて、“新横綱を育てた元女将”の肩書も手に入る。それもテレビでの仕事に繋がります」(先の記者)

 

要するに、彼女のテレビ業界における「番付」は貴景勝の活躍次第。トラブルを起こした他の弟子については「かわす」が勝ちというわけらしい。単に金儲けのためだけに書いた本という訳か!

 

もう、どうでもよくなってきた。やはり、親子三代に渡って離婚する家系って、どこかおかしいのでは?
そして、元貴乃花親方の兄・花田 虎上はなだ まさる、本名:花田 勝、48歳)も離婚経験がある。
どこか、おかしいよ。この人達・・・
どういう育てられ方をすると、このような家系になるのか?
不思議だ。訳が分からない。
確かに、もうTVであまりお目にしたくない方々達ばかりだ。

 

兄の花田 虎上(1971年1月20日 生まれ)は、元大相撲力士で第66代横綱の3代目若乃花、実業家、タレント、スポーツキャスターの肩書を名乗っているみたいだが、この吾人もどうでもいい感じ。

 

要するに、もう見飽きたのだ。旬でない方々ばかり。
TVから消えてほしいというのが、私の本音。大多数の皆もそう思っているのでは・・・?
まぁ、仮にTVに出て来ても私はまず視聴しないから、ホントどうでもいい。

 

まぁ、勝手にやって下さいとしか言いようがない。

 - 未分類