堀ちえみがブログで舌ガン闘病を公表!ステージ4・私は負けません

   

 

タレントの堀ちえみ(52)が19日、自身のブログでがん闘病中であることを公表した。口腔がんでステージ4であることを告白し、「かなり厳しい状況です」などとつづり、治療に専念することを明かした。

 

Sponsored Link
 

堀ちえみがブログで口腔ガン闘病中を公表!ステージ4・私は負けません

 

堀は「2月4日に検査入院の際の、検査結果が出るという事で、それに合わせて、今後の治療方針を決める事に、なっていました。舌の生体検査の結果、口腔癌(左舌扁平上皮癌)と診断。そして左首のリンパにも、転移している事が判明。ステージ4との告知を受けました。かなり厳しい状況です」と自らの病状を説明。

 

「いろいろ後悔しても始まらない。ただ前だけを向いて、ポジティブに生きていこうと。私は負けません」と闘病への決意をにじませた。

 

堀は19日に入院し、22日に手術を受ける予定。手術は口腔外科と形成外科の合同チームで行われ、「舌の半分以上を切除。首のリンパに転移した腫瘍も、同時に切除します。切除した舌には、自分の皮膚の一部を、移植します」。

 

「先生方を信頼して、身を委ねてお任せしたいと思います」と12時間以上におよぶ大手術に臨む心境を明かした。

 

「力いっぱい闘って、必ず戻って来ます。そして再びファンの皆様の前で、歌が歌えるようになりたい」と復活を誓い、「その為にも頑張って、治療に専念させていただきます」と治療に専念することを報告。

 

「皆様にはどうか、温かく見守っていただければと思います。尚、当ブログは体調の良い時に、時々更新させていただきますね」とし、最後は「私は負けない!」と力強く締めくくった。

 

堀 ちえみのプロフィール

 

1967年(昭42)2月15日、大阪生まれの52歳。
81年、第6回ホリプロスカウトキャラバンで優勝し芸能界入り。

 

翌82年、「潮風の少女」で歌手デビュー。
“花の82年組”と言われる同期デビューの小泉今日子(53)、松本伊代(53)、早見優(52)、中森明菜(53)、三田寛子(53)、シブがき隊らとともに人気を博した。

 

83年放送のTBSドラマ「スチュワーデス物語」で、主人公の訓練生・松本千秋を演じ、「教官!」「ドジでノロマな亀」のヒロインを演じ人気に。劇中の台詞が流行語になるなど、一世を風びした。

 

87年、20歳の誕生日を迎えた直後、電撃的に引退するも89年に芸能界に復帰。現在はバラエティーなどで活躍中。

 

2005年には歌手活動も再開する。同期デビューの早見、松本とともに「キューティー★マミー」として活動したこともあった(堀は活動休止中)。
2017年には、都内でデビュー35周年の記念ライブを開いた。

 

プライベートでは、2011年12月11日に、一般男性と再々婚。
ともに2度の離婚歴があり、堀には4男1女、夫には1男1女がいるため、堀は7人の母となった。

 

2018年5月に、TBSの「爆報!THEフライデー」で2015年から国指定の難病「特発性大腿骨頭壊死症」を患っていることを告白。

 

同7月には、自動車運転中に後続車に追突され、負傷。頚椎捻挫と診断され、入院したことも告白していた。

 

Sponsored Link
 

堀ちえみが公表した舌ガンとは?過去にはケーシー高峰も復帰

 

舌がんとは、舌に発生するがんで、口の中に生じる口腔がんの中で最も頻度の高いもの。

 

典型的な初発症状としては、舌の両側の縁に硬いしこりができるが、初期段階では口内炎の症状に似ているため見過ごされるケースも多い。

 

舌の表面上の変化から生じることもあるが症状がわかりにくいこともあり、首のリンパ節の腫れなど、転移の症状が先に出ることもある。

堀の場合、まさにこの症状に符号していた。

 

治療法は、大きく分けて「腫瘍を切除する外科手術」「放射線治療」「化学療法」の3つの方法があり、それぞれの状態に適した方法が選択される。

 

芸能界では、タレントのケーシー高峰(84)が2005年にり患したが、完治し復帰を果たしている。

 

堀は過去にリューマチも患っており、色々な薬を飲んでいたと聞いている。
口内炎かと思い治療している内に、何と舌がんの診断結果とは!?
やはり分かりにくいのかな?口内炎って・・・

 

そして左首リンパにも転移しているなんて・・・
しかもステージ4とは!?

 

ついてないなぁ・・・
実に大変な人生を迎えている。
可哀想に。

 

無事に手術を終え回復すると良いですが・・・
7人の子供たちのためにも頑張って生き抜いて下さい。
祈っています。

 - 未分類