関東地方に大雪の恐れ!9日(土)昼頃ピーク・東京23区も積雪?

   

 

気象庁は8日、日本列島の南側を通過する「南岸低気圧」の影響で、9日は関東地方の平野部で積雪の恐れがあると発表した。降雪は同日昼ごろにピークを迎え、東京23区でも多いところで5センチ程度の雪が積もる見込み。気象庁は路面凍結や交通の乱れなどに警戒を呼びかけている。

 

Sponsored Link
 

関東地方に大雪の恐れ

 

気象庁によると、伊豆諸島沖に発生する低気圧が勢力を強めながらゆっくりと東に移動して東日本の上空に寒気が居座るため、関東地方の広い範囲で雪が降る見通し。足立勇士予報官は「降った雪は溶けて凍る。雪がやんでも転倒などに注意してほしい」と話す。

 

8日は北海道地方に強い寒気が流れ込み、札幌市では平年より最高気温が9・7度低い氷点下10.1度を記録した。寒さや雪で線路のポイントが動かなくなるなど100本以上の列車が運休した。

9日(土)昼頃ピーク・東京23区も積雪の恐れ

 

9日(土)の関東地方は平野部でも雪が積もり、大雪となる所があるでしょう。雪の降りだしは、早い所で朝から。

 

昼前になると南部の広い範囲で雪が降り、北部にも一部、雪雲がかかりそう。海沿いのエリアでは雨になる所もあるが、全般に予想気温が低いため、夕方にかけておおむね雪のまま降り続く所が多いでしょう。

 

雪の降り方は予想に幅があるが、昼頃からは一時的に降り方が強まる可能性がある。このため東京23区など平野部でも雪が積もる所があるでしょう。

 

9日18時までの24時間に予想される雪の降る量は、多い所で、
関東南部の平野部、箱根~多摩~秩父 10センチ
関東北部の平野部、山沿い 8センチ

 

南部の平野部で特に降雪量が多く予想されているのは、千葉県北西部で10センチ。東京23区は5センチの予想。

 

道路に雪が積もったり、凍結したりすることも考えられる。

 

Sponsored Link
 

注意点は?

 

湿った雪が降るため、歩道に積もり始めるとベチャベチャして滑りやすくなる。階段や坂道などは転ばないよう、特に注意しましょう。

 

出かける時は滑りにくい靴を選び、荷物は背負えるようにするなど、両手をあけておきましょう。万が一、転んだときのために手袋をしておくとよさそうだ。

なお、関東地方の雪については、わずかな気温や湿度などによって予想が大きく変わることがある。できるだけ最新の情報を確認してください。

 

寒さにも要注意!

 

また、雪が降ることもあって、寒さがいっそう厳しくなる。気温は昼間も上がらず、むしろ夜明け前より日中の方が気温が下がる可能性もある。

都心や横浜の予想最高気温は2度。傘を持つ手がかじかむくらいでしょう。今シーズン最も寒い一日となりそう。雪対策とともに寒さ対策も万全にして下さい。

 - 未分類