藤井七段!連勝ストップ・順位戦で初黒星!師弟同時昇進ならず見送り

   

 

 大阪市の関西将棋会館で指された第77期名人戦順位戦C級1組で将棋の最年少プロ、藤井聡太七段(16)は5日、近藤誠也五段(22)に敗れ、順位戦でデビューからの連勝が18でストップした。藤井の師匠、杉本昌隆七段(50)はC級1組で船江恒平六段(31)に敗れたため、順位戦での32年ぶりの師弟同時昇級は3月5日の最終局に持ち越しとなった。

 

Sponsored Link
 

藤井七段!18連勝でストップ・順位戦で初黒星!

 

藤井七段は、現在C1では8勝0敗で、師匠の杉本昌隆七段(50)とトップを並走中。同日同所で対局がある杉本とともに勝利すれば、将棋界32年ぶりの「師弟アベック昇級」が実現するところだった。

 

師弟同時昇級がかかる大一番。しかし最終盤、藤井がガクッと首を折った。額が盤に届きそうなほどのオーバーアクション振り。

 

藤井七段は、中原誠16世名人が持つ「デビューからの順位戦18連勝」を上回る新記録がかかっていたが、深夜までに及んだ熱戦で逆転負けを喫し、デビューからの順位戦の連勝記録は「18」でストップ。

 

藤井七段は、近藤とは公式戦で過去2回対戦し、いずれも白星とデータ上は有利だったが、「最後は少し乱れてしまったのが残念です」と順位戦初黒星を悔しそうに振り返った。カレーうどん定食でも力を発揮出来なかった。

 

師弟同時昇進ならず、見送り

 

一方、師匠の杉本は船江恒平六段(31)と対戦。「弟子が同じクラスにいるのは刺激になっている」と、今期順位戦はここまで無傷8連勝と快進撃を続けていた。

 

5日の大一番でも師匠の意地を見せ、藤井とともに最終局を残しての同時昇級を狙っていた。師弟での同時昇級は、第45期順位戦で大内延介・塚田泰明がそろってB級1組に上がって以来の快挙となるはずだった。

 

B級2組への昇級争いは師匠、杉本も同日、同1組で船江に敗れ、注目された師弟そろっての昇級は3月5日に行われる最終局に持ち越された。

 

上位2人が昇格するC級1組は、藤井、杉本ら4人が8勝1敗で並ぶ大混戦となっている。
順位戦での師弟同時昇級が実現していれば1987年以来32年ぶり、2例目の快挙となるはずだった。しかし、弟子の昇級を背負った杉本は強敵の船江に中盤にリードを許し、終盤に力尽きた。

 

杉本は「途中で自信がない手があった。この一局は残念です」と言葉少なに話した。最終局に向け「切り替えていきたい」と話した。

 

Sponsored Link
 

藤井聡太七段の談話

 

師弟同時昇格について藤井は「師匠と昇級争いに絡んでいて、結果として師弟で上がることができたら一番いいなという思いもあった」と本音も漏らした。

 

しかし、この日の対局には「そういうことはいっさい意識しないようにと思っていた」とキッパリ話していた。

 

連勝ストップについては「いつかは止まってしまってしまうことと思っていた。気にはしていない。ただ昇級を目指す上では痛い敗戦になってしまった」と唇をかんだ。

 

3・5の最終戦に向けて「昇級に関しては他力となってしまった。それでも最後の一戦に全力を尽くしたい」と高校生プロはあきらめていない。

 

3月5日の最終戦まで、師弟二人の動向に目が離せない状況となった。師弟共に敗れたのは、本当に残念だが、話題性十分の順位戦だった。

 - 未分類