菊池雄星!メジャーで通用するか?マリナーズと変則複数年契約締結

   

 

プロ野球・西武からポスティングシステムで米大リーグ・マリナーズに移籍する菊池雄星投手(27)がマ1月3日(日本時間4日)、シアトルにある本拠地「Tモバイル・パーク」で入団記者会見を行った。15歳からの夢をかなえた瞬間に菊池は「メジャーでプレーするのは長年の夢だった。ここにいることが出来て本当にうれしい」と満面の笑みを浮かべながら英語で答えた。

 

Sponsored Link
 

菊池雄星は契約金額に見合う力を発揮して、メジャーで通用するか?

 

記者会見は午前11時から球団公式サイトを通じて全世界に生中継され、背番号は「18」。マリナーズ入りを決めた菊池は「自分のことを最も必要としてくれていると感じた」と明かし、「メジャーに来ることが目標ではなく結果を出すことが目標」と抱負を語った。

 

チームカラーの青いネクタイを締めた菊池は、渡米してきた両親と妻の瑠美さんが見守る中で、米メディアからの質問に笑顔でほとんど英語で答えた。「最高の舞台で超一流の選手とプレーする。せっかくなら自分の英語で話したいと、少しずつ勉強して来た」と菊池は語った。西部時代に時間を見つけては英会話を学び、外国人のチームメートとも磨いて来たコミュニケーション力を存分に披露した。

 

マリナーズは今オフだけで8件のトレードを成立させ、主砲のカノや守護神のディアズら主力選手を次々と放出し、チームの再建に着手。その一方でディポドGMは菊池の才能を高く評価し、熱烈なラブコールを送っていた。

 

雄星の話す英語での会見が早くもマリナーズ・ファンの心をつかんだ様だ。50人を超える米記者団との質疑応答を、ほとんど英語で答えるという異例の対応で関係者を驚かせた。最大1億900万ドル(約116億円)の大型契約を結んだ投手にふさわしい、「つかみはOK」との強烈な印象を与えたようだ。

 

岩手・花巻東高1年の時に野球部の佐々木洋監督との面談で「高卒でメジャー挑戦」を目標設定。「そこから本格的に意識して、あこがれが強くなった」という。3年生の秋には日米両球界を進路を検討し、当初は米挑戦に傾いていった。

 

しかし、周囲からまずは「国内」でのプレーを勧められ、一度はメジャー挑戦の夢を封印した。これは結果的に正しい判断だったと思う。西部に入団してもすぐに怪我や故障に悩まされ、充分は働きは出来なかった。菊池の活躍は、ここ3年間だけだった。早くからメジャーに入団していれば、もう間違いなく怪我で潰れて傷心のまま日本に帰国していたと思う。

 

コミュニケーションという点では、まず及第点を付けられた様だ。

 

後は最速158㎞という左腕の直球とキレのあるスライダーが、メジャリーガー相手にどこまで通用するかの一点にかかっている。怪我や故障さえなければ大リーガーといえども対応できるまでに時間がかかると思われる。しかし、菊池は故障しやすい。自慢の左肩は故障持ち!故障時の変化に対応するのに早くなったとはいえ、やはり一番心配材料な点ではある。

 

 

西部球団側との交渉・譲渡金額の総額は?

 

メジャーへの思いが再燃したのは、西武入団後、6年目のオフ。米国を訪ねて大リーグを見学した。「心から感動した。ここでプレーしたい」。帰国後、球団に希望を伝え、2016年からは3年連続で2桁勝利とエース格に成長した。昨年はチームに10年振りのリーグ優勝をもたらし、オフに球団側からメジャー挑戦の背中を押してもらった。

 

会見終盤に、「まずは持っている力を出し、変えるべき部分には早く適応することが大切。技術的、人間的にも大きくなるところを見せたい」と表情を引き締めた。期待を背負って、日本球界屈指の本格派左腕の挑戦は新たなステージに入ることになる。

 

菊池のマリナーズ移籍は新しいポスティングの適用第1号となった。契約金や年俸などの総額に応じて譲渡金が変動するシステムだ。西部への譲渡金は最低でも11億円になるとみられる。

 

AP通信によると、菊池は初年度に契約金600万ドルと年俸800万ドルを合わせた1400万ドル(約14億9000万円)を手にする。最初の3年と選手側に契約延長のオプションがある4年目を合わせた4年総額5600万ドル(約59億9000万円)は保証されている。

 

この場合、西武が受け取る譲渡金が1027万5000ドル(約11億円)となる。また、3年目終了後に、球団側に4年総額6600万ドル(約70億6000万円)の契約延長のオプションもある。この場合は、最終的には7年総額1億900万ドル(約116億6000万円)の大型契約となる。西部には追加の譲渡金として795万ドル(約8億5000万円)が支払われる。

 

二層構造の変則的な契約内容には、球団側の慎重な姿勢も伺える。これまで日本から大リーグに移籍した投手には故障者が多かった。球団にとっては万が一、菊池に故障が起きた際のリスクを軽減できる。一方で最初の3年間で菊池がスムーズに米大リーグに適応出来れば、その後はエース級の待遇をして名実共にチームの柱を託すことになる。三方両得の契約と言えるのではないか?

 

菊池の年俸推移と西部への譲渡金は、下記の図解の表を参照されたい。

 

Sponsored Link
 

西部時代の菊池投手の年俸・成績

 

最初の数年は酷いものだ。怪我や故障があったとはいえ、大リーグを目指すなどの成績には程遠い。

1軍と2軍を行ったり来たり、ただがむしゃらに投げていただけだ。そして決定的には「左肩故障持ち」という欠点!これが致命的にならねばいが・・・不安は残る。

 

入団1年目に左肩を痛め、2013年にも左肩の炎症で戦線離脱、昨季も左肩の機能低下で登録抹消あり。

この辺が一番の不安材料だ。コントロールも良くない。四球が多過ぎる。これも課題点!

 

ここ3年は安定してきたが、日本では何のタイトルも受賞していない。これも契約金額からして、本当に大丈夫な選手と言えるのか?真の実力が付いたかと問われれば「?」マークが付く。こればかりはやって見ないと何とも言えない。変則複数年契約にしたマリナーズ球団の決断は正しかったと言えよう。

 

マウンドの硬さ、滑りやすいボール・・・対応しなければならない課題は多い。

 

リーグ後半にはスピードボールとスライダーだけでは、相手打者が慣れて来て打ち込まれる様になるのではないか?縦に変化するボールとチェンジアップを習得しないと乗り切れないのではないか?

 

しかし、多用すれば左肩どころか、肘まで故障し兼ねない。大谷、田中、松坂選手らが辿った道にはまらなければいいが・・・と思うが、とにかく不安材料が多過ぎるのだ。

 

 

しかし、上記の年俸を見れば男として、勝負師として、一度は大リーグに挑戦してみたくはなるわ。

 

年俸が違い過ぎるもの!?・・・5倍!?・・・10倍!?・・・当然だよ。ダメ元だもの!

 

ダメだったら、日本に戻って来て松坂の様に投げれば良いのだもの。

 

無理ないよ。若い時は、一度は夢を持ちたいものだ。

 - 未分類