米紙「クジラ虐殺」日本批判に物申す!ソーセッジ作る所を公開しろ

   

 

【ニューヨーク時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は12月31日、「日本はクジラの虐殺をやめよ」と題した社説を掲載し、日本政府が国際捕鯨委員会(IWC)脱退を決めたことについて「危険で愚かな動き」と批判、再考を求めた。案の定の動きだ。

 

Sponsored Link
 

日本にクジラの虐殺をやめよ:ニューヨークタイムズ紙の批判に物申す

 

同紙は「多くの点で模範的な世界市民である日本は長年、捕鯨に関しては例外だった」と指摘。IWCが1982年に採択した商業捕鯨のモラトリアム(一時停止)に反し、「『科学的調査』を認める抜け穴を使い、何千頭ものクジラを殺し、その肉を国内市場で販売してきた」と非難した。

 

その上で「(IWCは)西洋文化の押し付けでなく、減少する資源を管理し、地球を保護するという世界共通の義務の表れだ」と強調。地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」などからの離脱を表明したトランプ米大統領の政治手法との類似性に言及し、「それは日本が見習うべき手本ではない」と訴えた。 

 

こういう批判や記事を読むにつけ、そもそも「クジラを絶滅危惧種に追い込んだのはアメリカ自身ではないか!」という怒りに駆られる。日本ではクジラは油どころか、肉から骨まですべて再利用して生きて来た海洋民族だ。

 

鎖国政策を取っていた日本を砲艦外交で無理やり開国させたのはアメリカではないか!クジラを虐殺して油だけを取り出し、全ての肉や骨を海に捨てていたのはアメリカじゃないのか!だから絶滅危惧種になる怖れになったのだ。

 

その虐殺計画遂行のために日本に開国を迫り、水と食料を補給させようと考えて実力行使した。その歴史にすべて蓋をして黄色人種のする政策は皆残虐行為と決めつける欧米こそ野蛮ではないのか!?

 

今はしていないと開きなおるなら、豚を殺してソーセッジを作る所を公開しろ!
youtubeで全世界に見せろ!これは残虐行為ではないのか?
そうして欧米の文化と開きなおれるのか!?

 

牛を殺して解体するところを子供に見せて見ろ!子供は皆牛肉を食えなくなるだろう。
これは虐殺行為ではないのか!?

 

すべての人間が菜食主義者にならねばならないのか?
そういう思考なら一考の余地もあるのだが・・・そうではあるまい。
なぜ、一国の文化や伝統を一顧だにせず、すべて野蛮な行為ときめつけるのか?理解に苦しむ。

 

 

シーシャパードの勝利宣言:訳が分からない声明だ

 

日本政府がIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退を表明したことについて、反捕鯨団体「シー・シェパード」は日本への抗議活動の目的が達成されたとして脱退を歓迎する声明を発表した。訳の分からん声明だ。

 

アメリカの反捕鯨団体「シー・シェパード」は2005年から2014年ごろまで、南極海で日本の調査捕鯨船を攻撃するなど、度々、妨害活動を続けてきた。日本がIWCを脱退すれば、今後、南極海での調査捕鯨ができなくなることから、シー・シェパードは26日に「南極海でのクジラを巡る戦いが終わる」として脱退を歓迎する声明を発表した。

 

また、「我々の抗議活動の目的を達成した」として勝利宣言とも取れるコメントを出した。ただ、今後も捕鯨国である日本、ノルウェー、アイスランドへの抗議活動は続けるとしている。勝手にしろ!

 

外務省は東京五輪への影響、外国人来日減少を恐れてか及び腰の様だが、何のための外務省なのかと言いたい。日本の文化を紹介し、理解を深めさせるのが仕事ではないのか!

 

鯨食は日本の食文化なのだ。
我々、団塊の世代は鯨肉を食して飢えを凌いできたのだ。
牛肉なんて高くて買えず、来客があった時やっとすき焼きで口に出来たぐらいなのだ。

少々の批判などで憶することなどない。

 

クジラを食することで生き延びて来た国は他にもある。日本が捕鯨しているのはツチクジラ、ゴンドウ鯨ではないか!?
絶滅危惧種でも何でもない。シロナガス鯨を絶滅に追い込んだのはアメリカではないか!

 

牛・豚・うさぎを殺して食べ、鹿をハンティングして角を飾るのは残酷ではないのか?欧米人の主張する文化は白人至上主義だ。黄色人種や黒人の行う行為はすべて残酷と決めつける。これは、もう人種差別ではないのか!?今更何を言っているのだと言いたい。

 

 

Sponsored Link
 

国際捕鯨委員会(IWC)など潰れてしまえ!

 

日本が脱退する事でどういう変化が起こるか、良く見ておこう。真っ二つに分裂すれば、これ以上面白いことはない。
日本の捕鯨だけ集中的に非難されるいわれはない。

 

捕鯨国を中心にクジラ資源の持続的利用を目指して発足したのに、70年の歴史の中でクジラ愛護を唱える反捕鯨国の加盟が増加し、1頭たりとも捕獲を許さない完全保護に目的が変質した。異常な事態だ。

 

欧米の批判こそ気違い染みてヒステリックだ!
クジラやイルカだけ善で、牛や豚は殺して食しても管理されているから虐殺でも何でもないと開きなおる。

 

こんなバカな話があってたまるものか!
日本が調査捕鯨だけに限って行って来たからこそ増えすぎて困った事態になったのではないか!?

 

IWCに加盟する89カ国のうち、捕鯨支持国は41、反捕鯨国は48と大差はない。しかし、総会で商業捕鯨再開などの「重要事項」を決めるには4分の3以上の賛成が必要。科学的な見地から商業捕鯨再開は可能と説明した日本の提案は、数の論理で否決された。脱退して正解だ。

 

鯨食文化を持つ日本とクジラを神聖な動物とみなす反捕鯨国の議論はかみ合わず、その後も平行線をたどったまま。日本が商業捕鯨再開に向けて科学的データをいくら提示しても、反対派から別の問題が指摘され、「ゴールに近づくとゴールが動かされる」(水産庁)状況が続いてきた。

 

日本はこれで世界から一層、注目を浴びるだろう。
憶することはない。日本の鯨食文化を守るべきなのだ。
IWCなどオブザーバーするだけで十分だ。
高級食文化になってしまった鯨食を普通に戻すべきなのだ。

 - 事件・事故