レコ大賞2連覇!乃木坂46・シンクロニシティ「黄金時代」の到来?

   

 

「第60回輝く!日本レコード大賞」(日本作曲家協会主催)の最終審査会が30日、東京・新国立劇場で開かれ、乃木坂46が「シンクロニシティ」で2年連続2度目の大賞に輝いた。女性アイドルグループの大賞連覇は、2011、12年のAKB48以来、2組目だという。

 

Sponsored Link
 

レコ大賞2連覇!涙の乃木坂46「シンクロニシティ」~黄金時代の到来ですか?

 

名実ともに、日本一のアイドルグループの座をつかみ取った。AKB48と同じく、結成7年目でのレコード大賞2連覇。
公式ライバルの歴史に肩を並べ『黄金時代』の到来を証明したと言われている。

 

安住紳一郎アナウンサーがその名を告げた瞬間、メンバーたちは抱き合って喜んだ。ステージに上がると白石麻衣は「感謝でいっぱいです」と涙声に。名実ともに日本一のアイドルグループの座をつかみ取った。白石麻衣(26)と西野七瀬(24)のダブルエースは固く抱き合い、涙を流した。

 

白石は「まさか大賞を取れるとは思っていなかったので、本当に皆さまへの感謝の気持ちでいっぱいです」とまた涙。西野七瀬は「今年一番うれしいです」と笑みを浮かべた。その後、メンバーはステージを所狭しと歌い踊った。

 

激動の1年だった。桜井が「入れ替えの激しい時期に入ってきた」と話していたように、1月、デビューから5曲連続でセンターを務め、グループの支柱でもあった生駒里奈(23)が突然、卒業を発表。

 

下半期には卒業ラッシュが続き、11月末に若月佑美(24)、今年末に西野七瀬(24)が卒業と、選抜常連メンバー3人を含む計8人がグループを離れる決断をした。

 

それでも、歩みは止まらなかった。今年発売したシングル3曲は、いずれもミリオンヒット。今月1日には、中国・上海で、念願だった初の単独海外コンサートを実現させた。

 

キャプテンの桜井玲香は「昨年いただいたことを誇りに、それをきっかけに素晴らしい1年が過ごせた。今年もいただけたということで、さらに飛躍できるように頑張っていきたいと思います」と感激の面持ち。アイドルグループの歴史を塗り替えるレコード大賞3連覇を早くも見据え、語った。

     「クロスシティ」で大賞に輝く!昨年に続き2連覇達成。

 

『レコード大賞』:辰巳ゆうとが最優秀新人賞を獲得! 

 

現役大学生のイケメン演歌歌手が涙の受賞。
自分の名前が呼ばれた瞬間、驚きの表情を浮かべた辰巳は、盾を受け取るとこらえきれずに涙。

 

 

「応援してくださる皆さまのおかげで、この最優秀新人賞をいただけることができました。本当に応援してくださる皆さま、支えてくださる皆さまに感謝の気持ちを忘れずに、この賞に恥じない歌い手になれるように、一生懸命がんばってまいります。」と涙をこらえながら感謝の言葉を述べた。

 

大阪出身の辰巳は、祖父の影響で小さい頃から演歌を聴いて育った。デビュー前は演歌歌手としては珍しくストリートライブで修行を行い、実力を磨いてきた。

 

祖父への報告について聞かれると「今も元気なので、帰ったら電話で報告しようと思います」と話し、カメラ越しにも「おじいちゃん、やったよ」と呼びかけ。そして、万感の思いでデビュー曲「下町純情」を熱唱した。

 

今年の優秀新人賞にはそのほか、瀬戸内7県を拠点に活動をするSTU48、沖縄出身の7人組ガールズグループ・Chuning Candy(チューニングキャンディー)、女性6人組グループ・BiSHが選ばれていた。

 

授賞式の模様は、TBS系で生放送され、総合司会は7年連続7度目となる安住紳一郎アナウンサーと、初司会となる女優の土屋太鳳が務めた。

 

過去10年の『最優秀新人賞』受賞者たち

第59回(2017年):つばきファクトリー
第58回(2016年):iKON
第57回(2015年):こぶしファクトリー
第56回(2014年):西内まりや
第55回(2013年):新里宏太
第54回(2012年):家入レオ
第52回(2010年):スマイレージ
第53回(2011年):Fairies
第51回(2009年):BIGBANG
第50回(2008年):ジェロ

 

やはり、年末のレコード大賞受賞式は、歌手登竜門として外せない式典の一つであるようだ。AKB48の姉妹グループで瀬戸内7県を拠点とするSTU48は来年に期待を賭けよう。

 

Sponsored Link
 

STU48の活躍は?

 

STU48の運営会社STUが20日、船上劇場に使用する船舶「STU48号」が来年春に完成することを発表している。

 

4月14日に外観が公開された既存の船舶は、ファン投票によって船名を「STU48号」と改め、船上劇場へと生まれ変わるべく、広島県尾道市因島で改造工事中。11月10日には劇場部分の一部となる上部構造体の搭載が行われ、このあと内装工事、各種検査、承認を経て2019年春の完成にめどが立った。

 

STU48は、瀬戸内7県(広島・山口・岡山・香川・愛媛・徳島・兵庫)の港を巡る船上劇場で公演を行うAKB48グループ初の試みが詰まったグループとして2017年3月に誕生。夏の出航を目指していたが、同年8月19日、「船上劇場を発表できる段階ではない」として延期を発表していた。

 

 

今年4月14日、長い沈黙を破って全長77.8メートル、全幅12.5メートルの船舶「みかさ」の外観を公開し、「2018年夏の就航を目指して準備しております」と報告していたが、7月に活動拠点を襲った西日本豪雨の被害を鑑み、「目標としていた今夏のオープンは見送ることとさせていただきます」と発表していた。

 

メンバーの一人「福田朱里」は一足先に因島の造船所を訪れ、STU48号の改造現場を見学。劇場船に足を踏み入れたことでテンションが上がったのか、1人で「会いたかった」をパフォーマンスし、完成を心待ちにしていた。今年も、また面白いグループが活躍しそうだ。秋元康氏の独壇場になりそうだな。まいった・・・まいった。このご仁は凄い!

 

追 記

売り方は凄いけど、どういう審査基準で選ばれるの?
DA PUMPUSAはどこへいっちゃたのさ?
お金はどれくらい動いて買収されてるのかね。

 

米津玄師Lemon一番売れたんじゃないの?
レコード大賞の存在価値はどこにあるのかな・・・良く分からんなぁ!

 - 未分類