坂本花織はブサイクか!?フィギュア全日本選手権で鮮やか逆転V!

   

 

フィギュアスケート全日本選手権は第3日目の23日、大阪・東和薬品ラクタブドームで女子のフリーが行われ、ショートプログラム(SP)2位の坂本花織(18)=シスメックス=が、152・36点の合計228・01点で、SP首位の宮原知子(20)=関大=を逆転し、初優勝。来年3月の世界選手権の代表に決定した。坂本は昨年の大会ではSP首位から2位に終わったが、雪辱を果たした。

 

Sponsored Link
 

新女王の演技:表現力に磨き~右手をあげガッツポーズ!

 

坂本花織は演じ終えると、高々と右手を突き上げて達成感を一杯に表現した。得点を見るとのけぞり、目を見開いた。本人は「一瞬、計算ミスかなって思った」と語る。

 

自己最高を約10点も上回る会心の演技で激戦のヒロインとなった。徹底的に磨いたこまやかな表現が、優勝への道を切り開いた。

 

女子としては伊藤みどり以来となる5連覇をねらった宮原は、146・58点の合計223・34点で3位に終わった。

 

SP5位から逆転での初制覇を狙った紀平梨花(16)=関大KFSC=は、155・01点の合計223・76点で2位だった。

 

本田真凜(17)=JAL=は合計164・23点。

修正には、まだまだ時間がかかりそうだ。練習の成果が全然表れていない。

 

坂本花織は「実感がわかなくて。初めて228点を取れて満足してます。鼓動が聞こえるくらい緊張した」と語った。

 

 

「坂本花織」と検索すると最初に「ブサイク?」と出た!何でなの?

 

正直言うと、今大会も紀平梨花の優勝だろうと思っていた。今勢いに乗ってるし、SP5位からの逆転も可能だろうと予想していた。

 

靴のアクシダントに耐えて戦い抜いた紀平は、3回転半ジャンプも成功させていたし、演技を終えてトップになったので多分優勝だと思っていた。

 

しかし、最後に滑った坂本のスケートの出来は完璧だった。演技力が増し抜群の出来だった。格段にしなやかになった指先の動きに、強い意識が表れていたと評する人がいたぐらいだった。

 

坂本選手のことは、マークしていなかったので良く知らなかった。ネットで調べてみようと名前を打ち込んだら、最初に「ブサイク?」と表示されたのでビックリした。

 

彼女のどこがブサイクなのだろうか?

 

幾つかブログを見てみたら「目と目が離れている」「阪神の元監督金本に似ている」からブサイクとか、散々の書き様だった。「ひでぇーもんだなぁ」と完全に呆れた。

 

「こけしに似ている」と表現しているものが幾つもあったが、こちらは比較的好意的な書き方をしているものが多かった。どこが、ブサイクだと言うのだろうか?

 

確かに言われて見れば、目と目が少し離れている気はするが、絶対にブサイクではないぞ!

 

こけしに似ていれば充分可愛いし、第一小顔で見栄えがいい。3人並んだ表彰台の写真では一番可愛いと思うが・・・世間の人は遠慮会釈なく女子選手をくさす表現をしてくれるなぁ!

 

下の写真を見てみれば一目瞭然ではないか!

「少しは審美眼を磨けよ」と言いたくなる。

 

 

Sponsored Link
 

坂本 花織(さかもと かおり)のプロフィール

 

国名:日 本

所属:シスメックス

生年月日:2000年4月9日(18歳)

出  身:兵庫県神戸市

身  長:158cm

コーチ:中野園子、グレアム充子

血液型:B型

 

過去の主な成績

●18年四大陸選手権優勝
●17年全日本選手権2位
●17年世界ジュニア選手権3位
●16年ジュニアGPファイナル3位
●16年全日本ジュニア選手権優勝

 

今大会では、表現力が評価される演技構成点で自身初の70点台(80点満点)となる73.25点!

 

以前は下がり気味だった視線も出来る限り審判の方へ向け、「今日は跳ぶから見てろよ、とガッツリ審判を見ました」と語っている。

 

練習の成果が見事に出たみたいだ。ジャンプも着氷で揺らぎかけた場面も耐え、全て完璧にこなした。昨年はSP首位から宮原に逆転されたらしいが、今回は緊張を克服し最終滑走で見事に逆転優勝!

 

素晴らしい出来栄えだった。

 

表彰式後の記者会見では、「ジャンプの質や表現力ではまだまだ2人にかなわない」と謙虚に語っている。

 

伸びしろが、まだまだある証明だ。
世界選手権に向けてさらなる飛躍を期待したい。
将来が楽しみな選手が、また一人出て来た。
自分の認識不足を恥じる。

 - 未分類