渋谷ハロウィーン軽トラ横転犯人逮捕!決め手は防犯カメラ行動追跡・一罰百戒!

   

 

10月に東京・渋谷のハロウィーンで若者らが軽トラックを横転させた事件は、警視庁によって関与したとされる男15人が特定され、4人が逮捕されたのは記憶に新しい。当日の人出は約4万人。群衆の中からどのように個人を特定したのか。決め手になったのは、警視庁が「リレー方式」と呼ぶ防犯カメラ捜査だったという。

 

Sponsored Link
 

防犯カメラ:点と点をつなぐリレー方式捜査

 

10月28日午前1時、渋谷センター街は完全に狂乱状態だった。渋谷のセンター街で、十数人の男たちは軽トラックを取り囲むと、手で持ち上げて横転させた。

 

 

2020年に東京五輪・パラリンピックを控える中、多くの人が集まることで発生する混乱や事故を防ぐ雑踏警備を強化している警視庁は事件を重く受け止めた。殺人や強盗事件を担当する捜査1課を中心に43人を投入。防犯カメラを軸にした捜査を始めた。 これは異例中の異例の捜査だ。

当日の渋谷の雑踏状況

                        

警視庁は渋谷地区だけで約20台の街頭防犯カメラを設置している。常時モニターしながら録画もしている。捜査員たちはこれらの映像に加え、近くのビルや商店、駅の改札などにある民間の防犯カメラ映像を収集。事件に関わった男たちの事件後の動きを追った。

 

白メガネ、リュック、帽子、スタジアムジャンパー。捜査員たちは画像を確認する際、男らの特徴的な服飾品を目印にした。

 

防犯カメラ:切符買う手元の映像を拡大

 

ある男については、駅で切符を買う映像が見つかったため、手元を拡大して金額を特定。降車駅の当たりをつけた。

 

こうした捜査では、交通系ICカードを使う場面が見つかれば、鉄道会社に照会し、時間などから使われたカードを特定。利用履歴を調べることもある。車が使われれば、Nシステム(自動車ナンバー自動読み取り装置)を使い、だいたいの行き先を調べる。

 

今回の捜査でも自宅の最寄りとみられる駅などが判明すれば、周辺に捜査員を派遣し、再び防犯カメラ映像を回収し解析する作業を繰り返した。カメラのない場所では聞き込み捜査を組み合わせた。

 

これは地味な捜査だ。何よりも根気と執念が要る。
捜査員の本気度が伝わって来る話だ。
これを逮捕までに1ヶ月余りでやり遂げたのだから凄い。
逮捕は12月5日頃だったかな?

 

Sponsored Link
 

250台のカメラ映像つなぎ合わせ

 

点と点をつなぎ合わせて、事件現場から容疑者の自宅や関係先までを一本の線で結ぶ捜査手法。これが「リレー方式」だという。全国には500万台を超える防犯カメラが設置されているとされ、09年に発足した警視庁の捜査支援分析センター(SSBC)には映像解析の専門チームもあるらしい。

 

警視庁は今月5日、軽トラックの上で跳びはねるなど行為が悪質だと判断した4人を暴力行為等処罰法違反(集団的器物損壊)容疑で逮捕した(2人に罰金10万円の略式命令、2人は起訴猶予)

罰則として軽すぎないかな?

逮捕者の名前

ほかに関与が疑われる11人も書類送検する予定だという。

 

一連の捜査で対象になったカメラは250台に上った。捜査幹部は「防犯カメラ映像を集めるのは地道な捜査だが、目撃情報など人の記憶よりも確かで、証拠としての信頼度も高い。犯人を追うツールとして今後ますます重要になる」と話している。

 

一罰百戒:「のりでやってしまった」 では済まされない

 

警視庁が特定したのは、東京▽神奈川▽山梨▽群馬――の1都3県から来た10~30代の男たちだった。

 

旅行や留学で来日中だった英国やフランス、ベルギーなどの外国人も5人いた。ある外国人は警視庁に「日本のハロウィーンは狂っている。いくら騒いでも捕まらないと聞いた」と話したという。

 

大半が酒に酔っていたとみられ、逮捕された男たちは「のりでやってしまった」などと供述している。

 

他にも27日~31日迄の間には、他に女性が胸を触られたり、スカート内を隠し撮られるなどの被害が相次ぎ、痴漢や盗撮、暴行の疑いで計19人の逮捕者が出ているとか。

 

調子に乗ってバカやると、こういう結果になるという意味では、いい見本になったと思う。
本気をだすと、さすが警視庁の捜査は凄いですなぁ!
あの4万人の雑踏の中から4人を割り出すとは・・・
さすがです。

 

何しろ、衆人環視の「立派な犯罪行為」なのだから、一罰百戒!
捕まってホント良かったと思う。

見せしめのためにも逮捕しなければならなかったケースだ。
でなければ刑事法の抑止力が無くなってしまう。
来年も犯罪行為がまかり通った事だろう。

 

「ご免」で済めば警察は要らない。
まったくどこかの成人式より遥かに酷い。
これらの犯人を逃していたら、来年から渋谷のハロウィーンは中止されるかもね?

 

もう少し、まともにやれないものかな?
何で日本だけ、こんなバカな行事になったのだろう?
理解し難い。
しっかりと反省させ、罪を償い賠償させねばならない。

 

これだけ防犯カメラが常備され、スマホを皆が持っているのだから、悪事を働けば顔も名前もすぐに知られ拡散されるのを充分に認識した方が良い。
いい恥さらしになるだけの話だ。

 - 未分類 , , , ,