藤井聡太七段!最年少・最速・最高勝率で公式戦通算100勝達成!

   

 

将棋の藤井聡太七段(16)は12日に東京・千駄ヶ谷の将棋会館で行われた銀河戦(囲碁・将棋チャンネル主催)で2連勝し、最年少・最速、最高勝率で公式戦通算100勝を達成した。

 

Sponsored Link
 

藤井聡太七段~最年少、最速、最高勝率.847!~異例の記録尽くめ

 

将棋の最年少棋士・藤井聡太七段(16)が12月12日、史上最年少の16歳4カ月で通算100勝を達成した。通算成績を118局で100勝18敗とし、勝率も.847という圧倒的な数字で新たな記録を樹立した。従来の記録は、羽生善治竜王(48)の持つ17歳6カ月で、その記録を1年2ヶ月も上回った。

 

藤井七段は2016年10月1日に史上最年少の14歳2カ月で四段昇段を果たしプロ入り。同年12月24日に加藤一二三九段とのデビュー戦に勝利すると、2017年にはそのまま歴代1位、史上最多となる「29連勝」を達成した。

 

その後も8割を超える高い勝率をキープすると、今年2月1日には五段に昇段。16日後には朝日杯将棋オープン戦で羽生善治竜王、広瀬章人八段らトップ棋士を破り、一般棋戦最年少優勝を果たすと同時に六段昇段も果たした。

 

今年に入っても、最年少棋戦優勝記録(15歳6か月)を更新。5月には「竜王ランキング戦連続昇級」の昇段規定を満たして、これも最年少の15歳9カ月で七段に昇段した。約3か月半で四段から七段に昇段するなどの活躍を続けた。

 

直近では10月に新人王戦で優勝し、タイトルホルダーとも公式戦、非公式戦で互角の勝負を繰り広げていることから、最年少でのタイトル獲得への期待も高まっている。

藤井聡太七段:対局後の談話

 

対局後、藤井七段は「最年少での達成ということで、偉大な先輩方がたくさんおられるわけなので喜ばしく思っています。ただ最終的にどれだけ強くなって実績を残すことができるかというのが一番重要ではないかと思っているので、これからも緩むことなくやっていければと思います」と語った。

 

100勝目は阿部健治郎七段戦。同チャンネルで、5回戦は2019年2月5日6回戦は同3月5日に「囲碁・将棋チャンネル」で放送される。

 

「100勝という一つの区切りに達したことを感慨深く思う。(2連勝で100勝になることは)知っていたが、意識し過ぎても良くないので、普段通りに指せればと思っていた」と語っている。

期待が集まるタイトル挑戦については「プロ棋士として目指さなくてはいけないものだが、まだまだ自分にとって近いものではない。しっかり実力を付けて、近づけるように一日一日頑張っていきたい」と話し、気持ちを新たにしていた。

 

今後の直近の目標、目指しているものは?

 

「今までの将棋を振り返りますと、トップ棋士の方と自分との差といいますか、そういったところを感じる将棋もありましたので、そういった自分の弱点というのを一つずつつぶしていければと思っています」

 

100勝のうち、あえて印象に残った1勝は?

 

「一つに絞るのはなかなか難しいですけど、今年の将棋から一つ挙げますと、船江(恒平)六段との竜王戦の将棋(5月18日)が印象に残っています。結果的に七段に昇段することができたんですが、序盤からあまり経験のない形だったんですが、その中で自分なりにしっかり考えて指すことが出来たかなと。はい、印象に残っています」

 

Sponsored Link
 

藤井七段:新人王戦表彰式に臨む

 

将棋の藤井聡太七段(16)の第49期新人王戦の表彰式は4日、東京都港区の明治記念館で行われた。藤井七段は10月に行われた新人王戦の決勝三番勝負で2連勝し、同棋戦優勝の最年少記録を31年ぶりに塗り替えた。

 

藤井七段は七段に昇段したため、新人王戦は優勝のラストチャンス。「優勝という形で卒業できることを大変うれしく思っています」と謝辞を述べていた。

 

何もかも異例の記録尽くめで、どこまで伸びしろがあるか、誰にも予測が付けられない。
小学生のちびっ子ファンが、また増えることだろう。

 

凄いなぁ・・・この子は!?
いや、もう子供扱いは失礼か?
一体どこまで記録を伸ばすのかな?
底が知れない。

 

藤井七段との一問一答

 

中原誠さんの100勝21敗を上回った。藤井さんにとって中原さんにはどんなイメージがある?

 

「中原先生はタイトル獲得64期という実績を残されていて、その前に大山(康晴)先生が一時代を築かれたと思うのですが…中原先生は大山先生との将棋とも違って駒が軽快に動かれることが多いという印象で、現代将棋のひとつの礎を築かれた先生ではないかと思っています」

 

その中原先生の100勝達成時の勝率も超えての最高勝率だが。

 

「中原先生の記録は知っていたのですが、ここまで高い勝率で達成することができるとは自分自身思ってなかったので、驚いているところです。まだまだ大きな結果といいますか、まだ指せていないので、それに向けてはさらなる努力が必要と思っています」

 

羽生善治竜王の記録も塗り替えた。あらためて羽生竜王の存在については?

羽生竜王は自分が将棋を始めるずっと前から将棋界の第一線で戦われてきた方で、自分が将棋を始めた頃はあこがれの対象でもありましたし、今プロになってからも羽生竜王の将棋に対する姿勢には畏敬の念を抱いています。今回、羽生先生の記録をひとつ超えることが出来て、そのことはうれしく思うのですが、羽生先生の将棋に対する姿勢というのを自分も見習っていければなと思います」

 

その羽生竜王はタイトル100期に挑んでいる。その姿はどう感じている?

「タイトル100期というのは本当に想像のつかないくらい偉大なことで、自分が初勝利を挙げた加藤(一二三・九段)先生との将棋はほぼ2年前だったんですが、そこからきょうの100勝までに自分のなかでもいろいろなことがあったなと思っていて、それに対して羽生先生はタイトル100期にリーチということで、あらためてとんでもないことだなと感じている次第です」

 

今年を振り返ると?

「朝日杯と新人王戦で優勝という結果を残すことができて、自分にとってとても自信になりましたし、大きな出来事と思います。一方で王座戦、竜王戦などでは残念ながら敗れてしまったんですが、そうした将棋を通して自分の現状の課題というのも意識することができました。そういった経験をいかして来年につなげられたらなと思っています」

 

来年の活躍が、ますます期待出来る最年少プロ棋士だ。
来季はどんな記録を打ち立てるのだろうか?
最年少でのタイトル奪取もまったく夢ではないなぁ・・・

 

凄いの一言に尽きる!
若いのに奢っていない所が、また偉い!
どこまで記録を伸ばすのかな?
楽しみだ。

 - 未分類 , ,